服の数を減らすために、まずは服の数を全て数えることにしました

 

ミニマリストという言葉が一人歩きしているように感じられます。

持っているものの数を減らせば幸せになれるのか?

それはNOだと思います。

 

”もの”は全て意味があって生まれてきている。そのはずです。

生活を豊かにするために生まれてきた”もの”を極端に減らすのは、人生を豊かなものにする意味でいい選択肢にはどうしても思えないのです。

 

しかし、”ミニマリスト”という言葉の他に、”シンプリスト”という言葉もあります。

ものを減らすことを良しするミニマリストと何が異なるのかきになるかと思いますが、シンプリストはものの数を気にしません。

彼らが気にするのは、どれだけシンプルか。

どれだけ大切な時間を有意義に使えるかが大切なのです。

 

人生を豊かにするために、シンプルに

服をたくさん持つことは人生にとってプラスでしょうか?

確かに、いい服を手に入れるのは気分がいいです。

買ったばかりの服を見て、コーディネートを考えるのは最高の気分!

でも服が溜まって部屋が圧迫されると最悪の気分。

 

まぁ、まさしく今の自分のことなんですがね。

なので、部屋の服を少なくすることにしました。

 

部屋の服を少なくするにはどうしたらいいか、考える

たくさんの服をどうやって選別したらいいか考えました。

でも、考えれば考えるほどどうやって選別していいか迷います。

安い服を捨てる?古い服を捨てる?

 

面倒なので、持っている服を全部全部確認してワクワクしないものを捨てることにしました。

これが大正解。

私は着ない服を持ちすぎていることに気づきました。

 

服を全部確認してみる。私は服を持ちすぎてる

ここ最近ですが、私は私服の制服化に力を入れています。

秋・冬・春はジーンズにシャツ。

夏はポロシャツにジーンズか、リネンシャツにジーンズです。

私服をミニマルにしたいなら、ポイントは私服の制服化だよという話

この”制服”に気温などに合わせてアイテムを組み合わせて過ごしています。

なので、アイテムは必要最低限でいい。

会社にはスーツスタイルで出かけるので、私服を着るのは週に2日くらいですしね。

 

この後服の数を全部数えましたが、着ない服が盛りだくさんでした。

 

アウターが計12着:デニムジャケットが多すぎかも?

レザージャケットが2着

レザージャケットが計2着。

シングルのライダースと、ダブルのライダースがそれぞれ一着ずつ。

バイクに乗るのが趣味ですが、そのお供でもあります。

 

ジャケットは2着

それから、ブレザーが一着とテーラードジャケットが2着。

この3着はほぼ着用することはなし。

貰い物もあるのと結構値段がしたものもあったりで、なかなか捨てることができずにいました。

着ていてワクワクしなくなってきてしまったアイテムでもあります。

 

マウンテンパーカーが1着

お気に入りのチャオパニックとシエラデザインコラボのマウンテンパーカーです。

ロクヨンクロスが使われているけど、中綿がなくて軽くて使いやすい。

そして何よりも着ていてテンションが上がる1着!

 

ユニクロのアウターアイテムが2着

ユニクロのコーデュロイジャケットと、カーディガン。

「買うときには掘り出し物を見つけた!」と思ったのに、一年もするとなかなか袖を通さなくなりました。

ワクワクはできなくなってしまったアイテム。

 

デニムジャケットが4着

私はデニムジャケットが大好きで、これもバイクのお供になっています。

着ていてワクワクするアイテムですが、4着は持ちすぎかも。

 

リジットとケミカルウォッシュのリーバイスのデニムジャケットが1着ずつと、Leeのライダースが1着。

それから、中学生時代から着ているデニムジャケットが1着の計4着。

考えた末、中学時代から連れ添ったデニムジャケットとお別れすることにしました。

Leeのジャケットもワンウォッシュの仕様ですしね。

 

シャツ系のアイテムが13着

これも持ちすぎかも。

着ないアイテムがたくさんです。

頻繁に着るのは無印のシャツ系4着。

今洗濯中ですが白が2着、ネイビーが1着、サックスブルーが1着。

これは着心地もいいし、着ていて気持ちも上がるアイテム。

 

それから、トミーヒルフィガーのシャツ2着も厚手なので夏は着れませんがお気に入りのアイテム。

これを着て出かける日はワクワクします!

ユニクロのリネンシャツも夏に欠かせないワードロープです。

でも、それ以外のアイテムは正直着ていてワクワクできなくなってしまっています。

 

スウェット・セーターが4着

スウェットとニットですが、汚れるのが怖くて高くないアイテムで揃えています。

ワクワクするとかしない以前に、よく確認してみると、シミがついていたりほつれがあったり。

右上のユニクロのニットを除いてお別れすることにしました。

 

シャツが10着

私服で来ているシャツたち。

仕事で着るのは、ユニクロの3枚入りの綿のTシャツなんですがそれを除くとこの10枚で着まわしています。

Tシャツは汚れたら靴磨きなどに使うようにしているので、サイクルがしっかりとしています。

確認してみるとヘインズの白Tに汚れが…

買い替えのタイミングなので、靴磨きに使うことにします。

 

タートルネックが3着・ポロシャツが3着

タートルネックとポロシャツ。

このアイテムたちは全てユニクロのアイテムです。

ユニクロのアウターですが、なかなかしっくりくるものがありません。

しかし、タートルネックやポロシャツはは大活躍。

 

私の考えとしては、アウターはそれなりのものを長く着る。

インナーは汚れたらすぐに買い替えていく。

安くて着心地のいいユニクロのアイテムは私の考えに相性抜群なのです!

 

パンツが9着

パンツはたくさん持っていた気がしていたんですが、意外にも9本しか持っていませんでした。

内訳は、ジーンズが4着。

チノパンが2着にジョガーパンツ、トラウザー。

半パンは1着しか持っていなくて、ミリタリーアイテムで有名なロスコのフリークスストアコラボモデルのみでした。

半パンって合わせるのが苦手なのであまり着ませんが、たまに着たくなります。

どれもワクワクするアイテムたちです。

 

持っているアイテムをまとめてみると

持っているアイテムをまとめてみるとこの通り。


  • シングルライダース
  • ダブルライダース
  • ブレザー
  • テーラードジャケット 2着
  • マウンテンパーカー
  • コーデュロイジャケット
  • カーディガン
  • デニムジャケット 4着
  • シャツ(秋・冬用の厚めのもの) 2着
  • シャツ 11着
  • スウェット 3着
  • セーター 2着
  • Tシャツ 10着
  • タートルネックシャツ 3着
  • ポロシャツ 3着
  • パンツ 9着

今回ですが、季節に合わずしまい込んでいるコート系のアイテムはそのままにしています。

冬になって、実際に着ることができる季節になったら判断しましょう。

ただ、コート系のアイテムは、

  • ステンカラーコート
  • ダッフルコート
  • モッズコート
  • モンスターパーカー

の4着しかありません。

そしてどれも着るのが楽しみなワクワクアイテム。

このアイテムたちは捨てなくてもいい気がしています。

つまり、私が持っている私服は、55着。

アウター系のアイテムも加えると、59着のアイテムがあることになります。

 

ワクワクしないアイテムはおさらばしました

着ていてワクワクしないアイテム、そして古くなってしまったアイテムはここでおさらばしました。

内訳は以下の通り。

  • ブレザーとジャケット全て(3着)
  • コーデュロイジャケット
  • カーディガン
  • デニムジャケット 1着
  • シャツ 5着
  • スウェット 3着
  • Tシャツ 1着

つまり、15着のアイテムを処分しました。

 

持っている服を全て数えてみてわかったこと

一番感じたのは、何年も着ていない服が多くて、頻繁に着るアイテムは限られているということ。

もともと持っているアイテムの数は多くない自信がありましたが、それでも着るアイテムには大きな偏りがありました。

着ていてワクワクしない、テンションの上がらない服たちはきっと処分するべきです。

 

そういう服を無理に来てもあなたは不幸になりますし、さらにその服が嫌いになります。

それならきっぱりとその服たちとはお別れするべきです。

処分やお別れという言葉を使っていますが、捨てるだけではなくてまだ着れる服ならリサイクルショップに持って行ったりフリマアプリで売るという選択肢もあります。

あなたにとって不要なアイテムが、誰かのワードロープに加わる可能性もあるのです。

 

服を減らしたいなら持っている服を全部数えるべき!

私が取った、服を減らすために服を全部数えるというのは最良の方法だったように思います。

理由は3つあって、無理なく自分に必要のない服に気づくことができました。

1.着ていない服がわかる

来ていない服に気付けるのは当たり前ですね。

来ていない服はクローゼットやタンスの奥に奥に追いやられてしまいますから、なかなか陽の光を浴びることもないです。

なので、知らず知らずのうちにたまってしまう。

その結果、似たような服を購入してしまうこともあるでしょう。

 

2.似ている服がないか見比べることができる

クローゼットの奥に奥に服が追いやられた結果、来ていない服に似た服を買ってしまう現象などが起きます。

これはTシャツなどでよくみられる現象。

少ないお気に入りの服に囲まれて生活した方が服のためってもの!

着るために生まれた服に申し訳なくなってしまいます。

 

3.古くなっている服に気づくことができる

こうやってまじまじと必要か必要でないか見比べながら服を取捨選択しなければ、古くなっている服に気づくことはなかったでしょう。

定期的に自分の持っている服を振り返る時間が必要だと思いました。

最近の服は縫製もしっかりしていますから、古くなってもなかなか気づくことはないです。

しかし、ポケットに穴が空いていたり、シミがついていたりすることも。

直して使えるのならいいですが、テンションが上がらなかったり着る頻度が少なくなっているならさようならするのも1つの手です。

 

来なくなった服はどう処分したか

最後に、来なくなッタ服をどう処分したのかお話ししましょう。

大部分は家族やいとこに欲しいものがないか聞いて、欲しいという人にあげました。

そして、Tシャツはいつものように靴磨き用の布に!

【ドクターマーチン】靴磨き初心者が革靴をフルメンテナンスしてみた

残りはまだ段ボールに入って手元にありますが、フリマアプリでさばいたりするのも手がかかりますし、リサイクルショップに持っていくつもりでいます。

もちろん形がしっかりしているものだけ。

そうでないものは残念ですが、捨ててしまおうと思います。

 

服を買うときには、