Areti Precisionはメンズのショートヘアでも使えるヘアアイロン【レビュー】

最近どうも使っていたヘアアイロンの調子が悪いんです。

持ち手の部分が異常に熱くなって…

これは買い替え時?

男性用のヘアアイロンで何かいいものはないかなぁとネットで物色していた時、発見したのがAreti Precision(アレティ プレシジョン)。

男性用だという風に歌っているわけではないんですが、その機能や形は男性にぴったり。

今回はそんなアレティのヘアアイロンを購入して使ってみたのでレビューです。

 

Areti Precision(アレティ プレシジョン)ってどんなヘアアイロン?

Areti Precision(アレティ プレシジョン )は日本のベンチャー美容ブランドAretiから発売されているヘアアイロンです。

デザインや品質の高さはもちろん、安全性や使い心地もしっかりと考えられた製品がたくさんラインナップしています。

今回購入したヘアアイロンですが、男性に使いやすいヘアアイロンとして非常に高い人気を持つモデルです。

その理由は、髪が短い男性もで使いやすい面積の小さなプレートです。

 

一般にヘアアイロンというと女性が使うものだと思われるかもしれませんが、男性が使ってもいろんな効果があります。

髪は熱を加えることで形を固定することができるため、ヘアスタイルの維持にも役立ってくれます。

私の場合には髪の毛が直毛で困っています。

アイロンをかけずにそのままだと、ワックスをつけても髪の毛がすぐにヘタってしまうのです。

そんな時にもアイロンの出番!

癖をつけてやることでヘアスタイルをキープできます。

 

ただ、男性の場合には髪が短いのでなかなか合うヘアアイロンがないのが現状なのです。

女性用のものをそのまま使ってしまうと、プレートが広く男性の短い髪をうまくセットできないんです。

だからと言って、美容室で使っているようなプロ用のヘアアイロンはなかなかのお値段です。

そんな中、Areti Precision(アレティ プレシジョン )は手頃な値段で男性のヘアスタイルをキメてくれる髪(神)アイテムなのです!

アレティ公式HPを見る

 

Areti Precision(アレティ プレシジョン)を早速開封してみる

Areti Precision(以下アレティ )はパッケージの作りからしておしゃれです。

ブルーの箱を開けると、内側は真っ赤。

床屋さんの回るやつ(赤と青がグルグルしてるやつ)をイメージしたのかな?なんて思いました。

 

一番上に説明書類があって、その下の部分にアイロンの本体が入っていました。

先端にはシリコン製のキャップがついていました。

 

早速説明書を読んでアレティを使ってみようと思います。

使い方はとってもシンプル。

 

Areti Precision(アレティ プレシジョン)の使い方はとってもシンプル

こちらが説明書。

デジタルメーターがついていて現在の温度を教えてくれます。

操作方法は簡単で、ボタンは2つだけ。

 

起動はプラスのボタンを長押しするだけ。

電源をオフにする際には逆にマイナスのボタンを長押しするだけです。

プラスとマイナスのボタンで温度の調節が行えます。

温度の調節幅は5度のようです。

温度設定は200度〜80度まで。

これくらいの温度があれば男性の髪でも素早くセットができますね。

以前使っていたヘアアイロンと比べてみて思いましたが、このヘアアイロンには男性に嬉しい部分がそれはもうたくさんです。

 

プレートの面積が小さいから髪が短くても大丈夫

左側が私が以前使っていたヘアアイロンです。

こうやってみてみるとそんなに違いがわからないかもしれませんが、上からみてみると髪を挟むプレートの部分の厚さが全く異なります。

 

Areti Precisionの方が圧倒的に髪を挟む面積が小さいことがわかると思います。

男性の場合、髪が短いのでアイロンがけには苦労します。

慣れればマシですが、アイロンをかけている際に謝って火傷をすることも。

アイロンの幅が狭いということは、その分だけ髪が短くても操作がしやすくなるということ。

特に散髪後は髪が短くてアイロンがかけにくくなります。

アレティのヘアアイロンなら相当なショートヘアでない限りは問題なくアイロンがけができるはずです。

 

忙しい朝にもおすすめ!一度でヘアスタイルをカッチリキメてくれる

プレートは200度まで38秒で到達します。

170度までなら立ったの30秒です。

忙しい朝でもすぐに使えるのは便利。

それに温度が高いから、一度かけた部分を何度もやり直す必要がありません。

一度で思い通りの形に整えられるのもポイントが高い。

 

コード部分が360度回転するから絡まない

地味に面倒くさいのが、ヘアアイロンのコードが使っている間にねじれて絡まることです。

ヘアアイロンは頭の回るをぐるぐる回しながら使うので、コードの部分が可動式になっていないとすぐに絡んでぐるぐるになってしまいます。

コードリールの部分が360度回転するので、ストレスなく使用することができます。

 

温度が見えるからわかりやすい!いざという時の安全装置も

オフの状態の場合には画面に「OFF」の文字が表示されます。

ここから赤の「+」ボタンを長押しすることで起動します。

 

初期温度は170度。

ここからボタンを押すことで温度を調整します。

設定したい温度に調整してそのままにしておくと、現在の温度がリアルタイムで表示されるようになります。

 

今のプレートの温度が何度かわかるので待っているのも苦じゃありません。

それにものすごいスピードで温度が上昇していくので見ているのも楽しいです。

 

最高温度は200度。

ちなみに材質ですが、ポリエチレンテレフタレート樹脂を使っています。

この樹脂が耐えられるのは240度まで。

しっかりと耐熱性についても考えられているので安心して使うことができます。

ちなみに、持ち手の部分が使っているうちに熱くなるなんてことは一切ありません。

快適にヘアセットができるよう、きちんと考えられています。

 

最低温度は80度です。

80~200度まで幅広く対応します。

また、このヘアアイロンには安全装置が組み込まれていて付けっ放しで15分間放置すると勝手に電源が切れる自動オフ機能がついています。

そんなことあってはいけませんが、もしもの時のこともしっかりと配慮した設計です。

 

実際にAreti Precision(アレティ プレシジョン)を使ってみた

アレティ公式HPより

実際に自分の髪をセットしてみました。

ここまで書いた通り、セットのしやすさなんかはピカイチ。

前に使っていたアイロンとは比べものになりません。

女性用のヘアアイロンよりも小回りが利くので、ハネや流しもより細かく調整できます。

これは慣れたらさらにヘアスタイルが楽しくなりそう!

それから使っていて思ったのが、このヘアアイロンとっても軽いんです。

ヘアアイロンの重さは僅か170g。

最近のiPhoneなんかと比べても断然軽い値です。

長い時間をかけて難しいヘアスタイルに挑戦したいという場合でも手が疲れるようなことはないでしょう。

 

ヘアアイロンを閉じた状態にできないのが唯一の欠点

唯一の弱点が、アイロンのプレート部分を閉じた状態にできないということ。

このシリコンのキャップを付けることで閉じた状態にすることができますが、アイロンそのものにプレートを閉じる機能はありません。

旅行などで持ち運ぶ際には閉じた状態を維持できると地味に便利です。

その機能がないのは少しだけ残念!

逆に言えばその点以外に悪い点が見つからないんですけれどね。

 

Areti Precision(アレティ プレシジョン)は買いなのか?

買いなのか買いでないのかで考えれば、間違いなく買いです。

特におすすめしたいのは女性用のヘアアイロンを使っている男性。

 

やっぱり髪の長さにあったヘアアイロンだとできることの幅が増えます。

私もまだこのヘアアイロンを使い始めてそんなに日が経っていないので十分には使いこなせていませんが、それでも前のヘアアイロンよりも髪の毛で遊べるようになりました。

以前使っていたヘアアイロンは約3,000円程度で購入した商品でした。

対してこのAreti Precisionは約5,500円と二倍とはいきませんがそれでも高価です。

 

しかしその価値は十分にあったなと考えています。

メーカーの保証などもあるので、安心して使うこともできますし公式ページを見ればわかりますがケーブル断線などのテストもしっかりと行われています。

チープに見える部分も一切なくて、私にはこの価格でこのクオリティなら十分すぎるほど満足な買い物でした。