【USA製】チャンピオン リバースウィーブのスウェットを購入してみた

最近、メンズではアメカジの流れがきていますよね。

そんな中、個人的に欲しかったのがチャンピオンのリバースウィーブ。アメカジの王道チャンピオンのアイテムは、パーカーでもスウェットでも取り入れると一気にコーデをカジュアルにしてくれます。

 

さて、今回購入したのは楽天で安く販売されていたUSA製のチャンピオン リバースウィーブのスウェット。

あかパンダ
日本のおよそ半額で購入した、アメリカ製のチャンピオンの実力はいかに??

 

【広告】5ヶ月で動画編集のプロになる

アメカジブームに乗るならチャンピオンのリバースウィーブでしょ


Championより

長く続いたノームコアブーム。ですが、最近そのブームが一気に崩れている感覚が。

モノトーンやアースカラーに支配され“シンプルであればあるほどよし!”とされていたファッション市場が、一気にカジュアルなアイテムに支配されつつあります。

 

とはいえ、一消費者としてはそんなに早くトレンドの移り変わりについていけません。

アメカジが流行りそうだと分かっていても、いきなりチェックシャツとかフレアデニムとかはちょっと。そんな節目の時代にはアメカジの王道、チャンピオンのリバースウィーブがちょうどいいと思うんです。

 

リバースウィーブならパーカーよりスウェットな気分

写真は共にChampionより

それに、「リバースウィーブ」ならパーカーよりもスウェットがイイ。だってチャンピオンは「キング・オブ・スウェット」なブランドだから。

 

チャンピオンがここまで知られるブランドになったのは、スウェットシャツがアメリカのアスリートに愛用されて若者たちのカジュアルウェアとして定着したから。

せっかくアメカジの波に乗りなら、チャンピオンの源流に近い“スウェット”な気分。

 

リバースウィーブに魅力を感じる理由


Championより

この記事を読んでいる方なら「リバースウィーブ」についてはよくご存じだと思います。

縦方向に縮みやすいスウェットの特性を打ち消すために、縮み防止用のリブを取り付けたのが始まり。

この製法を「リバースウィーブ」といいます。

 

このサイドリブのおかげで普通のスウェットより動きやすく、さらに丈夫で長く愛用できます。

古着のチャンピオンのスウェットがすごい数で回っていることからもその頑丈さはわかりますよね。

 

私は服や靴の“経年変化”が大好きで、ひとつのアイテムを長く愛用して自分色に染めたいタイプなんです。

なので、チャンピオンの「リバースウィーブ」の製品はドストライクというわけ。

あかパンダ
とはいっても、現時点ではチャンピオンの「パーカー」しか持ってないんですけどね。

 

USA規格のチャンピオン リバースウィーブ スウェットを購入してみた

そんなわけで、チャンピオン リバースウィーブのスウェットを購入してみました。

 

せっかくなので日本製ではなくUSA製のものを選んで購入しましたが、日本規格のものよりもとても安い。楽天市場で購入しましたが、価格は6,000円と少しでした。

日本規格のものは1万円くらいするので、USA製は半額近い価格で購入できることになります。

 

あかパンダ
こちらのショップで購入。即日発送されてUSA規格のリバースウィーブスウェットが届きました。

 

【USA製】チャンピオン リバースウィーブ スウェットのディティールを見てみる

では、チャンピオン リバースウィーブのスウェットのディティールを見ていきます。

 

ちなみに、

  • 色はオックスフォードグレイ
  • サイズはMサイズ

を購入しました。

 

チャンピオンのロゴは左手にひとつ

購入したスウェットシャツですが、見た目はとってもシンプル。チャンピオンのロゴは、左手の先の方にひとつついているのみ。

 

ものによっては胸の部分にチャンピオンのロゴがあるものもありますが、個人的には好きじゃありません。

このシンプルな仕様は大歓迎です。

 

スウェットの裏地は起毛素材

裏地は起毛素材になっています。これは今所有している日本規格のチャンピオン リバースウィーブのパーカーと同様。

 

色や肌触りも同じに感じますね。

あかパンダ
この裏起毛、肌寒い時期にはこれが結構重宝します。

 

素材とスウェットの触り心地

 基本の素材はコットン82%、ポリエステル18%。ただ、オックスフォードグレーだけは混紡率が異なっていて、コットン77%にポリエステル23%となっています。

 

生地の厚みは12ozで冬場にメインとして着るには寒いですが、秋や春先ならインナーにスウェットのみでも過ごせそう。

触り心地に関しては想像より柔らかいです。後で日本製のチャンピオン リバースウィーブと比較しますが、あっちはもう少し最初固かった記憶がありました。

 

リブとリバースウィーブ部分について

では、肝心のリブの部分について。

まず袖口ですがキュッと締まっていてリブが長く取られています。

 

丈の部分についてもリブでキュッとしまったようなデザインに。

あかパンダ

このおかげでチャンピオンのスウェット系はタボッと着ても動きやすいんですよね。

 

こちらは脇の下からリブにつながる「リバースウェーブ」。

しっかり伸縮性があって動きやすそうです。

 

 

USA企画ということで、いい意味でざっくりした作り方思っていましたがそんなことはなく。

普通にクオリティの高いチャンピオンのリバースウィーブ スウェットでした。

 

日本のチャンピオンとUSA製チャンピオンを比べてみる

ここで気になったので、日本規格のチャンピオン リバースウィーブとUSA企画のものを比較してみようと思います。

 

USA規格と日本規格で触り心地に差はあるか

まず、先程気になった触り心地。

日本規格の方は洗濯してしまっているので単純に比較するのもどうかと思いますが、触り心地は硬いです。

新品のUSA規格の方が柔らかいくらい。

 

これはもしかすると素材に違いがあるのかも。

今回購入したオックスフォードグレーは他の色と素材が異なりますから、その辺りが影響しているのかもしれません(※日本規格のものはライトグレー)。

 

USA規格と日本規格でサイズ感には差はあるか

 

写真を見るとUSA規格のチャンピオンが大きく見えますが、サイズはどちらもMサイズです。

めちゃくちゃUSA規格のチャンピオン リバースウィーブが大きく見える理由は2つあると考えられます。

 

1つ目は日本規格の方が何度も洗っているので少し縮んでいる(いくらリバースウィーブでも多少は縮む)。

2つ目はそもそもUSA規格は日本規格より大きい。

2つ目の理由が特に大きいでしょう。USA規格は日本規格よりも1〜2サイズ大きいようです。

 

私は173センチ体重60キロでこんな感じ。

  • USA Sサイズ→日本のM〜Lサイズ
  • USA Mサイズ→日本のL〜XLサイズ
  • USA Lサイズ→日本のXL〜XXLサイズ
あかパンダ
USA規格のチャンピオンのスウェットはこんな感じでサイズを見ておくといいと思います。

 

【USA規格】チャンピオン リバースウィーブのスウェットを購入してみたのまとめ

今回はUSA規格のチャンピオンリバースウィーブのスウェットを購入しました。

自分でいうのもなんですが、結構いい買い物をしたんじゃないかなと。

 

ものはいいですし、サイズ感に関して日本規格より大きめという情報は知っていたので“多少オーバーサイズ”を狙いましたが見事に的中した形です。

これまでそこまでカジュアルな格好はしてこなかったので、ブーツやジーンズ・コーデュロイのパンツと合わせながら楽しんでみようと思います。

 

あかパンダ
購入リンクをち下にまとめたので、チャンピオン リバースウィーブのスウェットが気になった方はこちらからどうぞ。

 

あかパンダ
筆者が利用したショップへはこちらからどうぞ。
>Dr.Martens 全品対象5%オフ

Dr.Martens 全品対象5%オフ

Dr.Martens公式HPにて全品対象5%オフのクーポン発行中!メンバーシップ会員&LINE友だち限定のプレセールも実施中。

CTR IMG