ボロボロなGUCCI(グッチ)の財布を新品同様にリペアしてみた

今回はGUCCI(グッチ)の財布にメンテナンスを行なって、まるで新品のようにリペアしていきたいと思います。

 

購入したのはメルカリ。3,000円で投げ売りされていたグッチの長財布です。財布にはところどころスレがありますし、角の部分も色が剥げていたりと、そのままで使うのは厳しいかなという状況。

 

しかし、メンテナンスをしてやればこれがまるで新品のように綺麗になるのです。

 

 

クリックしてドクターマーチン公式サイトをCheck!

ボロボロのGUCCIの財布を新品同様にリペアしてみる

今回はボロボロのGUCCIの財布をリペアしていきます。

購入先はメルカリ。値段はなんと3,000円でした。

 

しかし、GUCCIの中でも最上級のレザーを使ったラインである“Guccissima”のアイテム。元値はおそらく10万円程度はしたはずです。綺麗に直せれば儲け物。

 

 

3,000円で買ったGUCCIの財布の状態を確認

では、まずは3,000円で購入したGUCCIの長財布の状態を確認していきます。リペアをするにしても、一体どこが悪いのかきちんと把握しなくてはなりませんからね。

 

 

GUCCIの財布の状態1:全体的に財布のツヤがない

まず、財布全体にツヤがありません。Guccissimaラインの商品はGGのエンボス加工と美しい光沢が特徴。さすがに3,000円で投げ売りされていただけあって、ツヤがなくなんだか高級感に欠ける感じがします。

 

しかし、ツヤだけであれば栄養を補給して磨いてやるだけである程度は戻るはず。

 

 

GUCCIの財布の状態2:ところどころに色落ちがある

光沢感以上に深刻なのが色落ちです。何かでスレたのか原因はわかりませんが、財布のところどころに色が落ちている部分があります。

 

財布に光沢を戻しても色落ちがあると見窄らしいままです。ここはきちんと補色を行って元の見た目に戻していきたいと思います。

 

 

GUCCIの財布の状態3:角に色剥げ&破れがある

最後に財布の角の部分の色剥げと破れ。角の部分はよくぶつかるので特に損傷が大きな部分です。

この部分も色剥げをリタッチし、破れを目立たなくしてやれば見違えるように綺麗になるはずです。

 

また、幸い財布の札入れ部分や小銭入れ部分は汚れもほとんどありませんでした。

 

 

ボロボロなGUCCIの長財布をリペアしてみる

では、早速GUCCIの長財布をリペアしていきましょう。手順ごとに5つに分けて財布のリペアの様子をお伝えしていきましょう。

 

 

GUCCIの財布・リペア1:ブラッシングでホコリを取る

レザーのメンテナンスの第一歩はブラッシング。靴も財布も同様です。

毛足が長くてコシのある馬毛のブラシで財布に溜まったホコリを落としていきます。

 

歯ブラシくらいの大きさのブラシも用意すると財布のカードポケットなどの中からホコリを掻き出すのに便利です。

 

1,000円以下だけどおすすめのブラシ

 

 

GUCCIの財布・リペア2:クリーナーで頑固な汚れを取る

次に、GUCCIの財布の表面に付いたブラシングでは落ちなかった汚れを落としていきます。使うのはレザーシューズ用のクリーナーです。

 

クリーナーを布に染み込ませ、汚れを中心に財布の表面を拭いていきます。この後補色・光沢出しと進みますが、きちんと汚れを落としておかないと次の工程で汚れを巻き込んでしまうので注意が必要です。

 

これ一つで当分使える!革のクリーナー

 

GUCCIの財布・リペア3:アクリル絵の具で色剥げ箇所をリタッチ

色剥げのある部分をリタッチして目立たなくしていきます。使うのはアクリル絵の具。

私の場合には黒・白・赤・青・黄色を準備しています。これを混ぜて財布のカラーに近い色味のものを作っていきます。

 

ポイントは財布の色よりも少し薄めの色にすること。それから、筆で絵の具を塗っていきますが、つけ過ぎを防ぐためにティッシュなどである程度絵の具を落としてから薄く塗るようにします。

 

筆者の使っているアクリル絵の具

 

 

GUCCIの財布・リペア4:革に栄養補給して柔らかくする

次に、革に栄養を与えていきます。私は革に栄養(水分と油分)を与えるプロ用の薬品を愛用しています。

要は革に栄養を補給して柔らかく肌触りを戻せばいいので、レザーシューズ用のデリケートクリーム(水分を補給する)と無色(ニュートラル)の靴クリーム(油分を補給する)を使うと良いでしょう。

 

私が補色の後にこの工程を行うのは、この作業が補色でできたムラを少し目立たなくしてくれるからです。この後の光沢を与える作業でほとんどムラは目立たなくなるのでご安心を。

 

おすすめのデリケートクリーム

 

おすすめのシュークリーム


 

GUCCIの財布・リペア5:革に光沢を与える

最後に、革に光沢を与えていきます。美しいGuccissimaの光沢を取り戻していきます。ここで使うのもプロ用の光沢を出すための溶薬品。

 

一般に売られているものを使う場合には、革用のポリッシュなどを使うと良いのではないかと思います。

 

時間はかかりますが、これを何度も重ねて徐々に光沢を出していきます。

 

おすすめシューポリッシュ

 

 

ボロボロのGUCCIの長財布、リペア完了

こちらがリペアが完了したGUCCIの長財布。まずは光沢を見ていきましょう。元々は曇っていてなんだか華がない印象でしたが、光沢が元って高級感が戻ってきたのではないかと思います。

 

次に、擦れて色が抜けていた部分です。こちらも補色でほとんど差がわからなくなりました。

 

角のスレの部分も目立たなくなったと思います。

最初のボロボロな状態と比べると、天と地ほどの差があるのではないでしょうか。リペア成功だと思います!

 

 

まとめ:ボロボロなGUCCI(グッチ)の財布を新品同様にリペアしてみた

それでははまとめです。

今回はボロボロな状態のGUCCIの長財布をリペアしてみました。

 

流石に3,000円なので最初の状態は良くありませんでしたが、リペアの結果新品同様といってもいいくらいの状態になりました。

安い財布を購入して、自分でリペアしてみる。結構おすすめかもしれません。

 

Cartierのリペアはこちらから

今回直していくのはCartier(カルティエ)の財布。   前回のGUCCIの財布のリペアに引き続き、ほぼ捨て値で売られていた財布ですが、かなり綺麗になりました。 [sitecard subtitle= url=http[…]