ナイキ エアジョーダン4とは?この記事を読めば全部わかります

ナイキ 「AIR JORDAN 4(エアジョーダン4)」といえば1989年に登場したバスケットボールシューズ。

しかし、驚くべきことに誕生から長い時間が経っているのにも関わらず、その人気は全く衰えていません。

 
あかパンダ
今回はジョーダン4について徹底的に解説!
 
ぴーちゃん
どのように生まれたのか、そして人気の秘密にも迫ります!

 

 

クリックしてドクターマーチン公式サイトをCheck!

ナイキ エアジョーダン4とは?

「AIR JORDAN 4(エアジョーダン4)」とは1985年に誕生したエアジョーダン1から続くエアジョーダンシリーズのひとつ。発売は1989年で、マイケルジョーダンのシグネチャーモデルとして誕生しました。

実は、ジョーダン1の人気があったのにも関わらず続くジョーダン2・ジョーダン3の人気はよくなかったと言います。

 
あかパンダ
しかし、そんな逆境をものともせず、大人気となったのが「エアジョーダン4」なのです。
 
ぴーちゃん
一体どんな経緯で誕生したのか。まずはジョーダン4誕生の秘密に迫ります!

 

 

エアジョーダン4がなぜ生まれたのか?

実は、エアジョーダン4が発売する前年の1988年、マイケルジョーダンはナイキからの移籍を考えていました。これを思いとどまらせたのがナイキのエアジョーダン3のプロトタイプでした。

 
ぴーちゃん
これを元にエアジョーダン4が開発されます!

 

エアジョーダン3の正統進化系が「エアジョーダン4」

エアジョーダン3 via:NIKE

ナイキからの移籍を考えていたマイケルジョーダンですが、エアジョーダン3の優れたデザイン性や機能性がショーダンの移籍を止めたといわれています。

 

そして1989年、ジョーダン3をよりスポーティーに進化させたAIR JORDAN 4が発売となります。

ジョーダン3ではナイキ エアマックス1譲りのビジブルエアが搭載されました。これも4へと継承され、当時流行していたストリート色の強いデザインに近未来感を取り入れたエアジョーダン4のルックスが完成します。

 
あかパンダ
デザインを行ったのはティンカー・ハットフィールド。ナイキの天才デザイナーです。

 

 

伝説となった「エアジョーダン4」

via:NIKE

エアジョーダン4が優れていたのはデザイン性だけではありませんでした。ジョーダン4を履いたマイケルジョーダンはNBAで大活躍し、そのプロモーション効果もありエアジョーダン4は爆発的なヒットをおさめます。

 

エアジョーダン4を履いたマイケルジョーダンは「THE SHOT(ザ・ショット)」と呼ばれる伝説的なプレイを見せました。これもエアジョーダン4の人気を決定づける一つの原因となりました。

 
ぴーちゃん
このThe Shotについては後で詳しく解説するよ!

 

何度も復刻される「エアジョーダン4」

via:NIKE

エアジョーダン4が復刻される回数はもはや数えることができません。これが何を意味するかといえば、それだけ市場がジョーダン4を欲しているということです。

私たち一般のスニーカヘッズにはマイケルジョーダンのような得意な身体能力はありません。なのでエアジョーダン4の性能は過剰かもしれません。

 
あかパンダ
しかし、エアジョーダン4の持つ伝説や特徴的なフォルム・デザインは私たちスニーカー好きの本能に「買え!」と訴えかけてくるのです!

 

 

エアジョーダン4の特徴について

via:NIKE

ここではAIR JORDAN 4の特徴について解説。

 
あかパンダ
まずはジョーダン4の最高のデザインについて見ていこうではありませんか!

 

 

ジョーダンシリーズで初めての魅せるプラスチック素材

via:NIKE

ジョーダン2では外側から見えないように配置されていたプラスチックパーツ。これは足をしっかりとホールドするために採用されていましたが、ジョーダン4では初めてはっきりとソニーカーの外側に見えるようプラスチック素材が配置されました。

 

via:NIKE

スニーカーの強度を向上させるのはもちろん、デザイン的なアクセントにもなりました。

 
ぴーちゃん
以降、ジョーダンブランドではプラスチックパーツを魅せるデザインが多く使われるようになります。

 

 

メッシュ素材を採用したのもエアジョーダン4が初めて

via:NIKE

意外かもしれませんが、それまでのエアジョーダンでは主にアッパーにレザーを使っており、メッシュ素材を採用してきませんでした。メッシュ素材を初めて取り入れたのがこのジョーダン4であり、通気性の向上とシューズ全体の軽量化にも繋がりました。

 
あかパンダ
機能性とデザイン性を両記させたエアジョーダン4の設計には惚れ惚れしちゃいます!

 

 

ナイキのエアシステムを靴の前後に配置

via:NIKE

AIR JORDAN 4ではナイキ エアマックスに搭載された“ビジブルエア”システムをかかとの部分に搭載しました。

これに加えて、前面部分にもエアシステムを搭載し、ジョーダンシリーズとしては初めて前後にエアシステムを配置したシューズとなりました。

 
ぴーちゃん
これを履いたバスケットボールの神様、マイケルジョーダンは大いにNBAで暴れ回りましたよっ!

 

 

エアジョーダン4のオリジナルカラーについて

 
あかパンダ
1989年のAIR JORDAN 4発売時、発表されたカラーは全部で4色でした。

今でも根強い人気を誇るカラーリングです。復刻の際にも意識されることが多く、多くはプレミア価格で流通されています。

 

 AIR JORDAN 4:White Cement(ホワイトセメント)

via:NIKE

ホワイトレザーのアッパーにグレーのアクセントと、特徴的なセメントプリントが施された“ホワイトセメント”。シュータンのレッドのアクセントカラーも特徴的です。エアジョーダン4の初回リリース時にマイケル・ジョーダンが着用したこともり、高い人気を誇っています。

 

 

 AIR JORDAN 4:Black Cement(ブラックセメント)

Via:Hyper Crew

起毛させた黒いレザーアッパーにグレーのアクセントとブラックのセメントプリントが施された“ブラックセメント”。レッドのアクセントカラーも特徴的でこのモデルも非常に高い人気を誇ります。ファンからは“ブルズカラー”とも呼ばれています。

 

 

 AIR JORDAN 4:Military Blue(ミリタリーブルー)

via:OPINION COSMETIC

“ミリタリーブルー”は全体的な印象は“ホワイトセメント”に近いですが、プラスチックパーツやシュータンのジャンプマンロゴには鮮やかなブルーが使われています。

 

 

 AIR JORDAN 4:Fire Red(ファイヤーレッド)

via:NIKE

ホワイトレザーにブラックメッシュ、各部のパーツは赤色となっておりジョーダン1に見られた“シカゴカラー”を彷彿とさせる“ファイヤーレッド”。その色味からファン人気の高い一足です。

 

 

エアジョーダン4の人気を決定付けた“THE SHOT”

via:THE ANSWER

最後に、AIR JORDAN 4の人気を決定づけた伝説の「The Shot」についてお話ししましょう。

 
あかパンダ
簡単に言ってしまえば、究極に格好いい“ブザービート”です!

 

時は1989年の5月7日。NBAのマイケルジョーダンの所属するブルズとキャバリアーズの試合です。

2勝2敗で迎えた第5戦、99-100という超僅差の試合終了間際。ボールを受けたマイケルジョーダンは、ドリブルでフリースローラインからシュート。相手選手を空中で交わしての美しいシュートはまっすぐゴールへと落ちていきました。しかも、“鳴り響く試合終了のブザーの中で”です。

 
ぴーちゃん
出来過ぎだと思いませんか?マイケルジョーダンは絶対神様に愛されてます!

 

Via:Hyper Crew

これがThe Shotの全様です。この時に着用していたのがAIR JORDAN 4のブラックセメント(通常ブルズカラー)であり、エアジョーダン 4はThe Shotという奇跡のプレイとともに伝説になったのです。

 

 

ナイキ エアジョーダン4とは?この記事を読めば全部わかります

今回はナイキのエアジョーダン4について解説してきました。

エアジョーダン4って本当に格好いいですよね。見た目もいいのに性能も高くて、さらにThe Shotなんていう伝説まで備えていて。エアジョーダンシリーズの英雄です。

 
あかパンダ
復刻されることも多いジョーダン4。気になっている方は狙ってみては?
 
ぴーちゃん
ファンも多いモデルなので、争奪戦になるのは必至です!
エアジョーダン3について

今回はナイキのAIR JORDAN3(エアジョーダン3)を解説。 この記事を読めばどんなモデルで、どんなふうに誕生したのかがわかります!   あかパンダ エアジョーダン3がなければ、マイケルジョーダンはナイキとの契約を打[…]