【FXの超基本】FXって一体何?FXで有り金全部溶かさないために

もしかしてFXを怖いものだと思っていませんか?

そうです、FXはとっても怖いものです。

もしかしたら有り金を全部溶かして「ぬ」と「ね」の区別のつかなそうな顔になるかもしれませんから。

 

でも、ものは使いよう。

生活を豊かにするものは大抵裏の顔を持っています。

 

私は今、FXを始めようと勉強中です。

今回はFXの基本について書いていきます。

私の勉強も兼ねて書いているので、もしこの記事を読んでわからない部分や単語があればぜひTwitter(@akapandablog)まで教えてください。

いただいた点を細くして、さらに充実した記事にさせていただきます。

 

FX(エフエックス)ってそもそも何?

 

あかパンダ
FXって何?F●NAL F●NTASY Xの略じゃあないよね…?
ぴーちゃん
ザ●ルカンドと一緒に滅びればいいのに…

FX=Foreigh eXchangeの略。

日本語にすると、「外国為替」。

 

詳しく言えば、FXとは「外国為替証拠金取引」のことです。

これだと呼び方が長いので、単にFX(エフエックス)と呼ばれます。

間違ってもFFじゃあないので注意しましょう。

もしFFだと思った人はFXをやめておいたほうがいいでしょう。

 

外国為替証拠金取引という名前の通りFXは「外貨預金」と同様、外貨(外国の通貨)に対して投資を行う商品。

日本円ではなく、外国の通貨で預金を行うことです。
なぜ外貨預金を行うのかというと、外国の通貨の方が金利(お金を借りる側(国)が借りたお金に追加して支払う金額の割合のこと)が高い傾向になるから。
金利が多い方が利息(お金を貸した側が元本に追加して受け取るお金のこと)も多くもらえます。
外貨預金もFXも同様に外国の通貨に対して投資を行う商品には違いありませんがしっかりと違いがあります。
ではいったい何がどう違うのでしょうか。
外貨預金とFXの違いを知ることでFXについてもっと知っていきましょう。

似ている「FX」と「外貨預金」その違いはなに?

あかパンダ
フ●イナルファンタジーの新作なのはわかったけれど、僕はやっぱり零式が好きだなぁ。
ぴーちゃん
最近ナツビだから頭がおかしくなっちゃったんだね。

FXだけではなかなかその概要を知ることができません。

しかし、似たものを比べることがFXの概要を掴む近道です。

 

FXは「証拠金」の何倍もの取引ができる

外貨預金は手持ちのお金を預金することで取引を行います。

例えば、10万円でできるのは10万円分の取引です。

これは至極当たり前のことですよね。

 

しかし、FXの場合には同じ金額(証拠金)でも外貨預金よりも、もっと大きな金額で取引ができるのです。

この仕組みを「レバレッジ(Leverage)」といいます。

レバレッジ=「テコの原理」のこと。

 

10万円で100万円分の取引を行うようなこともFXでは可能です。

レバレッジを高くすれば、少ない金額で大きく勝つことができる。

でも、それは逆も意味します。

大きく負けることももちろんあるので、レバレッジをどれくらいにするのかは慎重に決めなければなりません。

契約の成立、履行を確実にするために、当事者の一方が相手方に対して担保として預ける金銭のこと。
※担保=債務の履行を確実化するために、義務者から権利者に提供される事物

外貨預金よりもFXの方が手数料が安い

外貨預金に比べると、FXの手数料は圧倒的に安いです。

というか、FXの場合には手数料がかからないものがほとんどです。

手数料の代わりにスプレッド(=売値と買値の差)が取引業者の利益になります。

 

FXは24時間取引が可能である

FXの取引時間は自由度が高いです。

外貨預金の場合には1日の中で利用できる時間が限られているものがほとんどです。

しかし、FXの場合には24時間取引が可能です。

 

土曜日と日曜。

それから元旦などは取引ができませんが、それ以外のあれば自由に取引が可能です。

あなたの時間に合わせて、比較的自由に取引ができるのです。

 

アプリで簡単に取引ができる

これは株式なども同様ですが、証券会社などからトレード用のアプリケーションが用意されています。

PC用やスマホ用など種類も様々なので、使用している端末に合わせて快適に取引を行うことができます。

ちなみに、デモトレード(実際の通貨は使わずに、FXのシミュレーションを行えるもの)もあります。

これで練習してみるのも勉強になると思います。

 

FXと外貨預金ではこのような違いがあります。

さて、ちょうど”株式”の名前も出てきたので、今度はFXと「株式投資」の違いについても少し触れましょう。

 

「FX」と「株式投資」の違いについて

ぴーちゃん
今度は「FX」と「株式投資」の違いについて解説するよ。”株式”って知ってる?
あかパンダ

「よっ!中村屋!」とかってやつでしょ?

 

ぴーちゃん
それは”株式”じゃなくて”歌舞伎”の大向こう!!

FXは”通貨”に投資する

一番大きな違いは投資の対象です。

FXは外国為替証拠金取引。

つまり、「通貨」に対して行う投資です。

 

それに対して株式投資は”株式”、つまり企業に対して行う投資です。

通貨に対して投資を行うのと、企業に対して投資を行うのでは全く違いますよね。

 

株式取引とも取引時間が違う

FXは平日であれば24時間取引可能です。

しかし、株式取引の場合にも「外貨預金」のように時間の縛りがあるのです。

 

株式取引の時間は9:00〜11:30分の午前の部(前場と呼ばれる)。

それから午後の12:30〜15:00(後場)の計5時間です。

ちなみに、FXと同じく平日(年始などは除く)のみの取引になります。

 

「FX」と「株式取引」では信用取引できる金額が異なる

FXと株式取引では信用取引できる金額が全く異なるのです。

信用取引とは、現金や金融商品を委託保証金と呼ばれる担保として差し入れることで、証券会社より借り入れて株の売買を行う投資手法のこと。
外貨預金での取引は元本での取引(手持ちの金額と同じ)でした。
しかし、株式取引では口座に預けいれている金額の3倍まで取引を行うことができます。
つまり10万円を預け入れている場合には30万円分の取引を行うことができます。
リスクを取ることになりますが、利益も損のそれだけ大きくできるということです。
この金額がFXの場合、最大で25倍までの取引(レバレッジをかけることで)を行うことができます。
10万円の資金があった場合には最大で250万円の取引を行うことができるということ。
それだけ利益も損も大きくなるということです。
もちろんレバレッジを低くして取引を行うこともできます。
最大の場合にはこの倍率で取引が行えるということです。

FXは一体どんなものかザックリとまとめてみる

↑こんな顔にだけはならないように…

あかパンダ
FXで有り金を全部溶かしたくないので、最後に要点だけまとめてください。
ぴーちゃん
あんた絶対FXやめたほうがいいわ…。「ぬ」と「ね」の区別がつかなそうな顔になるわよ。

FXとは外国為替証拠金取引のこと。

外貨預金のように、外貨に対して行う投資のこと。

 

しかし、外貨預金に対して、

  • レバレッジを使ってより大きな金額分の取引が行える
  • 手数料が安い
  • 外貨預金よりも取引時間が自由である
  • アプリで簡単に取引ができる

などの違いがある。

 

さらに、似たようなものに株式投資というものがあるが、

  • 株式投資が「企業」に対して行うのに対し、FXは「通貨」に対する投資である
  • 取引時間が株式投資よりも自由である
  • 株式投資が3倍に対して、FXは25倍の金額を取引できる
    などの違いがある。
    FXは何も知らずに手を出すと本当に危ないです。
    何も知らずに25倍のレバレッジで運用を行えば、何も知らぬ間にとんでもない金額を損してしまうかもしれません。
    そして、FXは少なくとも私が調べる限りでは単なるハイ&ローではありません。
    タイミングを見計らい、戦略を練り、情報収集を行い、何よりも自分でしっかりと考えて投資を行う必要があります。
    絶対に有り金を全部溶かすようなことのないようにしましょう!!
>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG