男のファッションはシンプルがいい。時間もお金も節約できる「普通服」のメリット

「普通服」ってご存知ですか?

最近知った言葉なんですが、私は大学生くらいの頃からこの「普通服」というものを着続けてきました。

普通服のメリットはたくさんありますが、服やファッション好きでも満足できて、ファッションが苦手な人でもおしゃれに見える魔法の服です。

さらに、時間もお金も節約できるので、他のことにリソースを割くこともできます。

今回はそんな「普通服」のメリットについて解説していきます。

 

「普通服」って一体どんな服?

シンプルで本質的なデザインを持っている服やファッションアイテムのこと。
いわゆる「定番もの」や「普遍的なもの」のことです。
この普通服の存在を知ったのは、山田耕史さんの著書「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使える オシャレの方程式。」という本の中でです。
私は自分が服を好きな人間だと思ってきました。
バッグならコレ、靴はコレと好きなアイテムもありますし、自分の普段する格好についてもこだわりがあります。
しかし、他人にそのこだわりは気づかれないのです。
なぜなら、着ているアイテムは普通だから。
私はただ、「自分はベーシックなアイテムが好きなんだな」と思っていましたが、知らず知らずのうちに「普通服」を着ていたのだと気付きました。

普通服ってこんな服たち

靴はドクターマーチンの3ホール。
パンツはリーバイスの501。
白シャツは無印の洗いざらしオックスフォードシャツ。
時計はApple Watchで、バッグはポーターかマキャべリック。
これが私の定番服と定番アイテム。
でもこのアイテムって、全て「普通服」です。
ドクターマーチンは1960年から続くワークブーツブランドですし、リーバイスは言うまでもないでしょう。
無印良品は日本人に似合うように作られたシンプルな服が多いです。
Apple Watchは利便性のためですが、たくさん付けている人がいますから個性はありません。
ポーターマキャべリックもアイテムによっては尖っていますが、私が持っているのはベーシックなバッグです。
オックスフォードシャツ、デニムジャケット、チノパン、ジーンズ、キャンバススニーカー、ポストマンシューズetc…
では「普通服」にはどんなメリットがあるんでしょうか。

「普通服」を着るメリットは大きい

普通服を着るメリットは大きいです。


  • お金も時間もかからない点
  • コーディネートで困らない点
  • いつまででも着れる点
  • 服を買うのが楽しくなる点

私が思うにこんなメリットがあります。

順番に解説します。

 

私服を制服化すれば時間もお金もかからない

私は「普通服」でいくつかのコーディネートを制服のようにしてしまっています。
晩春〜初秋にかけては「ポロシャツ」と「アンクルパンツ」。
秋〜春にかけては「シャツ」と「ジーンズ」です。
「ポロシャツ」ならポロシャツでそれぞれ何着か服を用意し、着まわして遊んでいます。
時間の節約になるのはもちろん、こういったベーシックなアイテムの良いところはあまりお金がかからないこと。
ポロシャツなどはユニクロでも十分高品質なものが手に入ります。
関連記事

ユニクロから毎年定番で発売されている商品の1つが「ポロシャツ」です。 これまで夏はビッグTをよく着ていたんですが、社会人になったことでリニューアルしようかと。 そこで目をつけたのがポロシャツなんですが、定番の「フレッドペ[…]

フランスの著名な雑誌に『Capital』というものがありますが、その雑誌の中で行われたポロシャツの評価でユニクロのポロシャツはラコステやフレッドペリーを抑えて一位になっています。
「普通服」を選ぶ上でユニクロや無印など、高品質の洋服をリーズナブルに販売しているショップは大きな味方です。

コーディネートで悩む心配がない

朝起きてコーディネートで悩む心配がありません。
先ほど服を制服化しているという話をしました。
しかし、いいところはこれだけではありません。
定番服のいいところは、「定番服」の上に重ね着をしても違和感がないということ。
例えば、冬場に出かける際トップスが「シャツ」だけでは寒すぎます。
しかしその上にパーカーを着て、コートを羽織ればどうでしょう。
違和感もありませんし、防寒対策もバッチリ!
定番服+αが簡単にできるのもメリットです。
コーディネートで悩む時間が大きく減ります。

いつまででも服を着れる

定番服には流行り廃りがありません。
例えば、アディダスの「スタンスミス」というスニーカーがあります。
このスニーカーはギネスブックに「世界で一番売れたスニーカー」として登録されています。
発売されたのは1971年のこと。
今でもアディダスから定番として販売されています。
それだけ普遍的で、時代を超えて履くことができるアイテムだということです。
ラコステのポロシャツや、リーバイスの501、バーバリーのステンカラーコートなども同様です。
これらのアイテムは「ポロシャツ」「ジーンズ」「ステンカラーコート」の元祖といえるアイテムです。
そういったアイテムは丈夫で長く着ることもできますし、死ぬまで着れる服たちです。
体系が変わってはきれなくなってしまいますから、トレーニングの理由にもなるかもしれませんね。
関連記事

ドクターマーチンが大好きなブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。 4足のドクターマーチンを履いていて、ブログを通して約半年間で300足売ってきました。   「ドクターマーチンの素晴らしさをみんな[…]

私が愛してやまないドクターマーチンもそんな元祖アイテムの1つです。

服を買うのが楽しくなる

ちょっと意外なことかもしれませんが、普通服を着ることで服を買うのが楽しくなります。

なぜなら、普通服を着ることはファッションを楽しむ基礎体力をつけるのと同じだから。

 

スポーツを楽しもうと思っても、最低限の心肺機能や筋力など(=基礎体力)が足りなくてはなかなか思うように楽しむことができません。

普通服を着るのは基礎体力をつけるのと同じ!

格好いいと思った服や、奇抜な服を普通服にプラスで合わせるとすんなりと着こなせたりします。

 

「この服、格好いいけれどどう合わせたらいいのかわからない」の悩みを普通服が解決してくれます。

ちょっと意外でしょう?

 

”普通服”=”無難なファッション”ではない

これは「結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使える オシャレの方程式。」の中で山田耕史さんがいっていることです。

普通服は「無難なファッション」ではなく「普遍的な価値を持つシンプルで本質的なデザインである」と。

 

私も普通服こそが、「ライフスタイルに合わせて無限に着こなしを変えられる魔法に服である」と。

また、「自分が何歳になっても着ることができる相棒」「時間とお金を節約して極限までファッションを楽しむことができる方法」であると思っています。

 

普通服のいいところは「普通」であること。

コレクションで発表される奇抜なファッションアイテムも「元ネタ」があることが多いです。

その元ネタの多くは「普通服」や「ミリタリーアイテム」なのです。

そして、デザイナーなどクリエイティブな仕事をしている人物の私服を見てみると、意外にも普通服に身を包んでいることも多いのです。

 

おしゃれって何?”おしゃれな人”をどう定義するのが正解なのか

でもお話ししていますが、おしゃれとは洗練されていること。

洗練された雰囲気をかもし出すには、服に力を入れなければいけないわけではないのです。

先鋭的な服を生み出す有名デザイナーがシンプルな格好をするのは、スティーブ・ジョブズがそうであったように自分の服以外のことにリソースを割くためなのかもしれませんね。

 

普通服をさらにおしゃれに見せる方法

人におしゃれだなと感じさせるのは簡単です。

普通服に身を包み、しっかりと身だしなみと所作を整えること。

これだけでおしゃれは完成します。

ここではさらにおしゃれに見せる方法についてアドバイスです。

どれも簡単な方法なのでお試しあれ。

 

身だしなみについては、こちらの記事で解説しています。

おしゃれって何?”おしゃれな人”をどう定義するのが正解なのか

 

服のサイズ感について考えよう

普通服を着こなすなら、おすすめはジャストサイズです。

最近はビッグサイズのトレンドがありますから、トップスなどは少し大きめのものを選んでもいいかもしれません。

ですが、もともと洋服は一人ひとりの体を採寸して作られるもの。

あなたの魅力を最大限に引き出してくれるのは本来ジャストサイズの服であるはず!

 

もし、体型でコンプレックスがあるなら、その部分をうまくカバーしてくれる服を探すこと。

例えばスポーツをしていて太ももが太いならテーパードパンツというように。

 

服や靴の手入れはしっかりとしよう

服のシワは伸ばしておくこと。

コートはたまにブラッシングをすること。

革靴も履いた後にはブラッシングをして、たまに靴磨きをすること。

スニーカーも汚れたらケアをすること。

 

しく着ることができるのはもちろん、ケアをすることで長くアイテムと付き合っていけますよ。

靴のケアについてはこのブログにたくさん記事があるので参考にしてみてください。

【手軽に始める】ドクターマーチン初心者のための基本の靴磨き

 

匂いにも気をつけること

1つ例を出しましょう。

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)というブランドがあります。

ジーンズが有名なブランドですが、このブランドのジーンズには香水の香りがついているのです。

このデニムが有名になったのは、シルエットの綺麗さや品質はもちろんですが、この匂いの戦略の力も大きいと考えています。

 

匂いは清潔感などおしゃれにも大きく関わってくる要素です。

洋服はしっかりと洗うこと。

お気に入りの香水なんかも見つけておくといいと思います。

香水は高いですが、最近では定額で香水が楽しめる定期便のサービスもあります。

お気に入りのものを見つけて、フルボトルを購入するのもおすすめです。

初めての香水はどう買ったら良い?香水を買うならこんなふうに!

 

普通服こそが男のファッションの到達点

「普通服は時間もお金も節約できる合理的で理想的な服です。

服が好きであっても、服にそれほど興味がなかったとしてもおすすめできるファッションアイテムです。

普通服で浮いた時間とお金で、もっとおしゃれを楽しむのもいいでしょう。

他の趣味に時間とお金を割くのもいいと思います。

普通服こそが男性のファッションの行き着く場所だと信じています。

 

私の普通服のおすすめはなんといっても「ドクターマーチン」

【安い・無料サイズ交換】ドクターマーチンは並行輸入品を安く購入しよう

もともとは労働者が履くワークブーツだったので、丈夫で長くいつまでも履ける一足です。

黄色のステッチが合わせにくいという方にはモノトーンのmonoもあるのでみてみてください。

ドクターマーチンmono(モノ)はビジネスでも履ける万能シューズ

こちらは仕事にまで履いていけるような万能シューズです。