【マイナーブランド】GUNGHOのミリタリーシャツを購入したのでレビューしてみる

アメリカンのミリタリーブランドというと想像するのは「ALPHA INDUSTRIES」とか「AVIREX」あたりではないでしょうか。

今回紹介したいのは、まだ知名度のあまりないGUNGHO(ガンホー)というブランド。

もちろん、パズドラとは無関係。

 

日本での知名度はまだ小さいですが、30年以上にわたってアメリカで愛されています。

頑丈なものづくりで、実際に軍への商品提供も行っているとか。

 

今回はそんな、GUNGHOのミリタリーシャツのシャツの紹介をしていきたいと思います。

 

GUNGHO(ガンホー)のミリタリーシャツをGET

こちらが購入したGUNGHOのミリタリーシャツ。

商品名はSPECIAL FATIGUE SHIRT(スペシャルファティーグシャツ)。

 

購入したのはFREAK`S  STORE(フリークスストア)。

今回紹介するミリタリーシャツの他にもファティーグパンツなど色々とGUNGHOの商品を購入することができます。

フリークスストア公式サイト FREAK'S STORE WEBSITE

FREAK’S STORE[フリークスストア]公式通販サイト | カナダグース、パタゴニア、ノースフェイスなど人気ブラン…

 

GUNGHO(ガンホー)はどんなブランドなのか

GUNG HO garments are made in the tradition of those worn in the 19th century . Nearly indestructible 100 % cotton twill , woven on the diagonal , makes these garments the ones for years of wear ” . Whether you’rse weaning them for active or casual wear , the GUNG HO garments will always look great and feel good .

GUNG HOの衣類は、19世紀に着用されていたものの伝統で作られています。 綿100%のツイルが斜めに織り込まれているため頑丈で、衣服は長い間着用できます。アクティブな着方でもカジュアルな着方でも、GUNG HOの衣服は常に見栄えが良く、心地よい着心地です。

(GUNG HO商品タグより引用)

 

GUNGHOの良品タグから文章を引用しました。

GUNGHOの商品はどれも厚手のコットンで作られているのが特徴。

 

質実剛健で、30年以上にわたりアメリカで間れているブランドです。

 

アメリカ・テキサス生まれのGUNGHO

GUNGHOの生まれ故郷はアメリカのテキサス州。

”Earl’s Apparel”のワーク系レーベルとして誕生しました。

 

誕生から30年以上の時を重ねる同ブランド。

長い間愛され続ける理由は、伝統的なワークウェアのディティールにこだわった質実剛健な商品作り。

厚手のコットン100%生地は長い間、経年変化を楽しみながら着用することができます。

 

GUNGHOの定番アイテムたち

アメリカ製 送料無料 GUNG HO【ガンホー】1802 PANTS コットン ヘビーキャンバス ファティーグパンツ ベーカーパンツ

GUNGHOの定番アイテムは「ファティーグパンツ」。

元々は軍で着用されていたミリタリーパンツでした。

 

このファティーグパンツも厚手のコットン100%の記事が使われているので、長い間愛用することができます。

フリークスストアの他にも、楽天市場やYahoo!ショッピングなどでアメリカから輸入されたものを購入することも。

「ファティーグパンツ」とよく比べられるのが「カーゴパンツ」。違いは“サイドポケットの有無”。「ファティーグパンツ」はサイドポケットがなく、少しスリムな印象に。

 

GUNG HO(ガンホー)サファリジャケット メンズ

また、GUNGHOは軍に衣類の提供を行っていたこともあるブランド。

サファリジャケットのような本格的なミリタリーアイテムもおすすめ。

 

こういったアイテムは日本ではレアなので、見つけたら早めの購入をおすすめします。

古着でGUNGHOのアイテムが販売されていることもあるので、抵抗がない方はオークション等覗いてみるのもいいでしょう。

 

GUNGHOのミリタリーシャツのレビュー

さて、ここからは購入したGUNGHOのSPECIAL FATIGUE SHIRTのレビューをしていきたいと思います。

購入したのはオリーブのSPECIAL FATIGUE SHIRT。

 

フリークスストアでは「ブラック」「ネイビー」「カモフラ」など計6色の展開でした。

 

Mサイズをチョイス、少し大きめ

今回はサイズMを選択。

 

下に厚手のインナーなどを着ることを見越してのサイズ選択です。

企画がアメリカ企画なのか、ワンサイズ上くらいの雰囲気。

 

私は身長173cmで体重が60kg。

日本でいうLサイズくらいの感覚でした。

腕を少しロールアップさせるとちょうどいい着用感です。

 

腕のロールアップを止めると手の甲に少し当たるくらいの袖丈に。

日本のサイズよりもワンサイズ大きいと考えて購入するとちょうどいいサイズを選ぶことができそうです。

 

肉厚なコットン100%の生地で長く愛用できそう

素材はもちろんGUNGHO得意の厚手のコットン100%生地。

手でつまむとその厚さを感じることができます。

 

がっしり・しっかりとした印象なので、ミリタリーやカジュアルなファッションが好きな方には刺さるアイテムだと思います。

 

胸元のフラップポケットは大きめで、iPhoneくらいなら軽々入ってしまうサイズ感。

また、写真の通り、至る所に二重ステッチが使われています。

 

ミリタリーアイテムらしい雰囲気がしますし、質実剛健なものづくりをするGUNGHOらしさも感じられます。

 

カーキってコーディネイトしやすい

GUNGHOのSPECIAL FATIGUE SHIRTでコーディネートを組んでみて思ったことがあります。

それはどんな服にでも合わせやすいということ。

 

フランネルシャツなどカジュアルなアイテムの上に羽織っても様になります。

逆に、上のコーデのようにモノトーンに1枚カーキを取り入れてもピタリとハマります。

 

春・秋はシャツの上に重ねて、冬も厚手のインナーの上に羽織ればライトアウターとして使えそう。

夏以外の3シーズン活躍してくれるアイテムです。

 

GUNGHOのアイテムを購入するなら

さて、GUNGHOのSPECIAL FATIGUE SHIRTですが、購入しての満足度は非常に高いです。

値段は約7,500円と安くはありませんが、なかなか珍しいMADE IN USAアイテムをこの価格で購入できるのならなかなかアリなのではないかと。

 

これ以外もGUNGHOが展開しているのは流行に流されないベーシックかつディティールに凝ったアイテムばかり。

なかなかいいブランドに出会えたかもしれません。

 

購入はFREAK’S STOREやAmazon、楽天市場などからいただけます。

下にリンクを貼っておくので、ぜひみてみてくださいね。

 

FREAK’S STORE公式HP

>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG