【意外と簡単】完全素人が木製スプーンを手作りしてみた【手順や材料も】

今回は、ヒノキを切り出して木のスプーンを作ってみました。

木工細工に関しては完全に素人ですが、それでも満足のいくスプーンが完成!

あかパンダ
必要な道具や手順・費用などなど、全てをこの記事にまとめます。
この記事をマネすればあなたもスプーンが作れてしまいます。

 

自分で作る木製スプーン

自分で木製スプーンを作ってみようと思い立ちました。

なぜかというと、今古い家をセルフリノベーションしておりまして。

どうせなら、生活の中で使う道具も自分で作ってみようかと。

あかパンダ
そんな時に出会ったのが下の本でした。

色々な木工作家さんの作品が載っていて、作り方についても説明が書いてあります。

この本を参考に、今回は木のスプーン作りを行いました。

 

木製スプーン作りには何が必要?

スプーンを作るための材料と、材料を加工するための道具が必要。

素材と道具について、それぞれ解説していきます。

 

木製スプーンの材料について

スプーンの材料ですが、木製なのでもちろん木が必要です。

ただし、どんな木でもいいわけではありません。

 

ナイフで削り出したりするので、適度に柔らかく加工しやすいものがベスト。

ただし、柔らかすぎると強度の問題もあります。

先ほど紹介した本を参考に、今回は「ひのき」を使うことにしました。

あかパンダ
適度に削りやすく丈夫です。香りも好きなので、スプーン作りにピッタリだと考えました。

購入したのはコレ↑↑

 

スプーンを作るのに必要な道具は?

道具ですが、元々家にあったものは利用してないものは買い足しました。

購入したのが以下のもの。

  • 彫刻刀
  • 糸のこ
  • クラフトナイフ
  • ヤスリ(200番、320番、800番)
  • えごま油

 

家にあったものを活用したのは以下の通り。

  • ペン
  • ハサミ
  • ジグソー

 

材料費はどれくらいかかった?

今回ははじめてのスプーン作りなので、木材も道具もろもろを含めて材料費とします。

家にあったものの中で、一般家庭になさそうなものはジグソーでしょう。

これはノコギリで代用するとして、全て揃えても5000円でお釣りが来るくらいです。

あかパンダ
趣味として楽しむならコスパがいいかも。

 

木製スプーンの作り方

では、木製スプーンの作り方です。

工程は大きく分けて7つ。

あかパンダ
ここから順番に写真と共に解説していきます。

紙にスプーンの型を描く

・紙(厚紙だとやりやすい)
・ペン
・ハサミ
まず、紙にペンで作りたいスプーンの形を写しましょう。
この時、厚紙にスプーンの形を描くと作業が楽になります。
あかパンダ
家にあった木のスプーンをトレースしました。

木にスプーンの形を転写する

・ペンはさみ

次に、木にスプーンの形を転写していきましょう。

紙に書いたスプーンをハサミで切り取り、木に貼り付けて輪郭をペンでなぞります。

この時に厚い紙を使うとなぞるのが楽になります。

 

あかパンダ
次の工程では、スプーンの“食べ物をすくう部分”を作っていきます。どこまで削るのか描いておくと良いでしょう。

 

彫刻刀でスプーンの“すくう部分”を掘る

・彫刻刀
彫刻刀を使って、スプーンのすくう部分を削っていきます。
スプーンの形に木を削りだしてからでもいいですが、板の状態のままの方が削りやすいだろうということで先に彫刻刀で削ることにしました。

購入したのはコレ↑↑

最初は面積の大きいもので削っていくのがポイント。
先にある程度深く掘って、その後で細かい微調整を行います。
あかパンダ
彫刻刀なんて使うのは小学生以来。無心で掘ることができました!

スプーンの形に沿って切り出す

・ノコギリ
※ジグソーがあるとめちゃくちゃ楽
彫刻刀の役割が終わったら、今度はスプーンの形に削りだしていきます。
普通のノコギリで直線的に削りだして、局面は糸ノコを使うつもりでした。
しかし、ここでピンチヒッター登場!家にちょうどあった“ジグソー”です!
電気の力でどんどん木を切り出すことができます。
あかパンダ
ノコギリでも時間はかかりますが、問題なく切り出せるはずです。

スプーンになるまでナイフでひたすらに削る

・クラフトナイフ

ノコギリでスプーンの形に削り出せたら、あとはナイフを使ってひたすら削りだしていきます。

この工程が一番時間のかかる工程でした。

 

というのも、私が購入したヒノキが厚すぎて、必要以上にクラフトナイフでの削り出しが必要でした。

おそらく、厚さは2センチもあれば普通のスプーンを作るには十分だと思います。

 

削って削って、ひたすら削って。無心で削れて結構楽しかったです。

やっとスプーンっぽくなってきました。

およそ1時間、指が痛くなってきたくらいで何とかナイフでの削り出しは終了。

あかパンダ
クラフトナイフはプラスチック製の持ち手のものがおすすめ。金属のものは丈夫だけど手が痛くなってしまいそうです。

同じオルファ製なので切れ味は変わりませんが、こっちの持ち手が金属のモデル(約500円)より・・・

 

購入したのはコレ↑↑

プラスチックのこっちの方がおすすめ。約300円と安いですし。

 

滑らかなスプーンになるようにやすりがけ

・ヤスリ
※今回は200番、320番、800番を用意

もうスプーンの形にはなっているので、やすりがけで口当たりを優しくします。

口に触れるものなので、あまりにもゴツゴツなのはちょっと。

 

かといって、綺麗すぎるのも面白くないので、ちょうどいいところを目指します。

ヤスリは数字の小さいほど目が荒くなります。なので、200→320→800番の順にやすりがけを行います。

あかパンダ
木の繊維方向に沿ってやすりがけは行いましょう。美しく仕上がります。

 

800番までやすりがけを行ったら、一度水でスプーンを濡らします。

すると、毛羽立ちが浮き上がってくるので、再度800番のヤスリでやすりがけを行います。

 

オイルフィニッシュでスプーンを美しく仕上げる

・えごま油
・布(ハギレでOK)

やすりがけが終わったスプーンは、最後はオイルフィニッシュで仕上げます。

オイルフィニッシュは木材の素材を引き出すフィニッシュ方法。

オイルが木の内部で固体化して、強度もあげてくれます。

あかパンダ
油の種類には注意が必要です。
オイルフィニッシュに使う油は、乾性油(えごま油、くるみ油など)を使うこと。不乾性油(オリーブオイル、サラダ油など)を使ってしまうとベタつきの原因になってしまう。

今回使ったのは「えごま油」。

布に含ませてスプーンの表面に塗りました。

油を塗ったあとは、乾くまで置いておきましょう。

 

自作木製スプーン完成しました

ついに、自作のスプーンが完成しました。

処女作のスプーンなので、形は少し歪。

あかパンダ
しかし、自分で作り上げたと思うと可愛く思えてきます。
このスプーンで手始めにゼリーを食べてみましたが、もちろん問題なく食べることができました。
ヒノキの香りがして、すごく良い出来です。
えごま油を塗ったので匂いが心配でしたが、ノープロブレムでした。

 

【まとめ】完全素人が木製スプーンを手作りしてみた

今回は木でスプーンを作ってみました。

かかった時間はおよそ3時間ほど。

時間はかかりましたが、意外と簡単に作ることはできました。

あかパンダ
これはいい趣味になるかも!今度はフォークやお皿も作ってみたいですね!
何より、実用的なものを作れるのがいいです。
例えば、プラモデルや絵は完成した後に使うことはできません。
でも、カトラリー作りなら、完成した後にも使えるのがいいポイントです。

最後に、私が参考にした本を再度載せておきます。
みなさんもぜひ、木でカトラリーを作ってみてくださいね。
入門作品はスプーンがおすすめです。
>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG