Panasonic SR-MP300電気圧力鍋を使って角煮を作ってみた【レビュー】

様々な雑誌やまとめブログでおすすめされている、「Panasonic」の電気圧力鍋『SR-MP300』

 

手間をかけずに美味しい料理を作りたいと考え、思い切って購入してみました。

『SR-MP300』を使って、今回は「角煮」を作ってみましたのでレビューしていこうと思います。

あかパンダ
電気圧力鍋を使うこと自体初めて!使ってみた感想を皆さんにお伝えします。
ぴーちゃん
角煮は美味しく作れるかな!?

Panasonicの電気圧力鍋SR-MP300

Panasonicより

まずは『SR-MP300』について。

 

SR-MP300は雑誌やレビュー系ブログでも高い評価を得ている電気圧力鍋です。

電気圧力鍋というと、少しハードルが高いような気もしますが簡単に美味しい料理が作れると評判。

 

モードもたくさんあって、煮る・茹でる・炊くなどがこれ一台で済んでしまいます。

さらには無水料理だってできてしまします。

 

しかし、電気圧力鍋の一番の魅力は短時間で手の込んだ料理が作れるところ。

あかパンダ
仕事で帰るのが遅くても、美味しい料理が食べたくて購入しました。

 

コンパクト設計でキッチンの邪魔にならない


Panasonicより

SR-MP300の大きさは29.2×27.8×27.0cm。

だいたい炊飯器と同じくらいの大きさです。

 

金属感があって重そうですが、重量は3.6kgと女性でも簡単に移動ができるサイズ感です。

ぴーちゃん
すごく重宝するので、定位置を決めて置いておくのがベストですけどね!

 

材料をセットしたらSR-MP300にお任せ


Panasonicより

SR-MP300の評価が高い理由の一つが自動調理機能です。

これが非常に便利。

 

食材と調味料を入れたら、圧力と時間をセットして待つだけ。

これだけで美味しい料理ができてしまいます。

ぴーちゃん
今回は角煮を作りましたが、驚くくらい簡単に完成しました。

フッ素加工でお手入れも簡単


Panasonicより

料理が簡単に作れてしまうだけではなく、料理の後の面倒な片付けもSR-MP300は考えられています。

 

鍋部分は取り外しができ、丸洗いOK。

さらにフッ素加工されているので汚れも簡単に落ちます。

あかパンダ
気軽に付き合えるので毎日活躍してくれます。

 

Panasonic SR-MP300の付属品

それではSR-MP300付属品の紹介です。

  • SR-MP300本体
  • お玉
  • 計量カップ
  • つゆ受け
  • 説明書類
  • レシピブック
ぴーちゃん
付属品はこんな感じ!
SR-MP300の中には落とし蓋も入っていました。
何気に嬉しかったのがPanasonic SR-MP300公式のレシピ本。
中にはSR-MP300を使ったレシピがなんと80種類も。
肉・魚・野菜・スープなど種類も分かれていて、わかりやすく調理方法が書いてあります。
電気圧力鍋を使うのは初めてだったので、すごく参考になりました。

SR-MP300で豚の角煮を作ってみる

SR-MP300のレシピ本を参考に、「豚の角煮」を作ってみることにします。

あかパンダ
角煮といえば私の大好物!
しかし、調理に時間がかかるのでまず家では作らない料理です。
レシピ本によると総料理時間60分で完成するそう。
果たして美味しく出来上がるでしょうか。
ぴーちゃん
ちなみに、SR-MP300公式レシピ本は公式サイトで無料配布されているので誰でも見ることができます。

角煮の材料

角煮の材料は以下の通り。

  • 豚バラ肉(かたまり):400g
    +卵4つ・大根3分の1
  • しょうが(薄切り):15g
  • 酒 :50ml
  • 砂糖:大さじ3
  • みりん:大さじ1
  • 濃口しょうゆ:大さじ3
  • キッチンペーパー
あかパンダ
卵と大根についてはオリジナルです!

 

材料を切ってSR-MP300に入れる

調味料を混ぜ、材料を切っていきます。

豚バラブロックは50gくらいずつ角切りにしましょう。

 

豚バラ肉→大根→卵の順に下から敷き詰めていきます。

 

混ぜた調味料を注ぎ入れたら、キッチンペーパーを強いて落とし蓋をして準備完了です。

 

SR-MP300に自動調理してもらう

これで人間の出る幕は終了。

あとはモード「3」に設定してSR-MP300の自動調理にお任せです。

 

20分の加圧調理が始まり、その後は放置。

すると自然に「圧力表示ピン」が下がります。

あかパンダ
そうしたら角煮の完成です!
ここまでにかかった時間は想定通り約60分でした。
レシピサイトで調べてみると、圧力鍋を使わない場合、角煮を煮るだけで時間は2時間半から4時間ほどかかるようです。
ぴーちゃん
三分の一以下の時間で角煮が完成するなんてすごい・・・

SR-MP300で作る「角煮」完成!

蓋を開けて落とし蓋を取ると、味の染みた大根・卵・そして豚バラ肉がお出迎え。
味が染みて美味しそうなんですが、一つ失敗したのは小さく切りすぎた・・・。
というより、最初は大きかったんですが、煮込んでいるうちに小さくなってしました。
あかパンダ
お肉は大きめで煮込んだほうが良さそうですね。
大根の水分が出たこともあって、トロトロの角煮という感じにはなりませんでした。
しかし、とてもたった60分で出来上がった角煮とは思えません!
お肉はほろほろでしっかり味が染みているし、大根も箸で簡単に割れるくらい柔らかい。
卵もしっかりと味がついています。
ぴーちゃん
美味しい角煮ができました!大成功!

実際にSR-MP300を使ってわかったメリット・デメリット

実際にSR-MP300を使てみて、メリット・デメリットがわかったのでまとめたいと思います。

あかパンダ
まずはSR-MP300のメリットから!

 

Panasonic SR-MP300のメリット

時短になる・簡単に料理ができる・手間がかからないと色々メリットがありますが、まとめると「SR-MP300に料理を任せている間に他のことができる」だと思います。

 

例えば、今回作った角煮にしても、本来は火を使うので目を離さずにいなければなりません。

しかし、SR-MP300であれば材料を入れたらボタンを押すだけ。

 

その間に他の料理を作ってもいいし、何か作業を進めたりテレビを見たりできます。

ぴーちゃん
SR-MP300をうまく使いこなせばQOLが爆上がりしそうです。

 

Panasonic SR-MP300のデメリット

一方、デメリットというか、少し気になった点があります。

それがパッキンの匂い移り問題。

 

SR-MP300だけでなく、電気圧力鍋は圧力を逃がさないように蓋と鍋の間にゴムのパッキンがあります。

このパッキンですが、実は匂いが移りやすいのです。

 

販売サイトのレビューなどをみる限り、SR-MP300もパッキン部分の匂い移りを気にされている方が多い印象。

今のところは大丈夫ですが、長い目で見ると気になるかな・・・。

 


Panasonic Store Plusより

しかし、対策案もあります。

このゴムパッキン部分だけの販売もされているので、交換することが可能なのです。

あかパンダ
パッキン単体はPanasonic Store Plusにて1,650円で販売されています。

まとめ:Panasonic SR-MP300を使って角煮を作ってみた【レビュー】

さて、今回はPanasonicの電気圧力鍋SR-MP300で角煮を作ってみました。

使い勝手は上々で、これがあればながら調理でQOLがだいぶ上がりそうです!

ぴーちゃん
使い勝手も良くて、角煮も美味しくできた!
今回は角煮を作りましたが、付属のレシピだけでもあと79種類の料理を作ることができます。
レシピ以外にもおうち料理の幅が広がること間違いなし!
あかパンダ
みさなんも初めての電気圧力鍋に『SR-MP300』はいかがでしょう?

 

\\SR-MP300の購入はこちら!//

>Dr.Martens 全品対象5%オフ

Dr.Martens 全品対象5%オフ

Dr.Martens公式HPにて全品対象5%オフのクーポン発行中!メンバーシップ会員&LINE友だち限定のプレセールも実施中。

CTR IMG