ROTHCO(ロスコ)ってどんなブランド?歴史や定番商品について紹介

今回はこのブログでもいくつかアイテムを紹介している「ROTHCO(ロスコ)」について深掘り。

日本ではまだマイナーなミリタリーブランドですが、実はなかなかの実力者。

それでいて価格はグッと抑えられています。

 

まだみんなが気づいていない今がチャンス!

あかパンダ
「ロスコ」について知って、プチプラで本格ミリタリーアイテムを楽しみましょう。

 

ROTHCO(ロスコ)についてもっと深く知りたい!

ROTHCOより

今回紹介していくのはROTHCO(ロスコ)について。

 

一昔前は知る人ぞ知る玄人向けのミリタリーブランドでした。

しかし、最近はビームスを始めとした有名セレクトショップやZOZOTOWNでの取り扱いも開始され、多くの人の目に移るブランドになりました。

 

今回はそんなロスコについて歴史や定番アイテムなどの面から深掘り。

あかパンダ
この記事を読むだけでロスコについて詳しくなれちゃいます。

 

アメリカを代表するミリタリーブランドROTHCOの歴史

さて、先にも触れた通りTOTHCO(ロスコ)はアメリカのミリタリーブランド。

 

アメリカを代表するミリタリーブランドといっても言い過ぎではないはずです。

まずはその歴史についてみていきましょう。

 

1953年ROTHCO(ロスコ)の誕生


ROTHCOより

ロスコが誕生したのは1953年のこと。

Milton Somberg (ミルトン・ソンバーグ)によって創業されました。

 

始まりはマンハッタン、ローワーイーストサイドにある小さな倉庫の二階でしたが次第に事業は大きくなり、ブルックリンのアトランティックアヴェニューへ移しました。

ロスコのアイテムは全て“ミリタリー”がルーツ。

あかパンダ
ロスコとミリタリーは切っても切り離せない関係なのです。

 

ROTHCO(ロスコ)とミリタリーの切っても切り返せない縁

ROTHCOより

ロスコは創業当初から軍にアパレルを提供していました。

主にアメリカ陸軍・海軍に向けにアパレルを配給していたようです。

 

なのでロスコは紛れもなく本物のミリタリーブランド。

ミリタリー風ブランドとは一線を画す存在です。

 

あかパンダ
また、警察やセキュリティー向けのアパレルを作っていた時期もあるようですよ。

 

ROTHCO(ロスコ)のアパレルの特徴とは

ROTHCOより

ロスコのアイテムですが、私が思うにいくつかの他のミリタリーブランドにない特徴があります。

  • シンプルなデザインのものばかりである
  • コラボ商品が少ない
  • 値段が安価である

 

まず、ロスコのアパレルはシンプルで無骨なザ・ミリタリーといった見た目のものが多いです。

さらに他のミリタリーブランド(例えばAVIREXやALPHA)と比べるとコラボ商品が少なめ。

 

こういった影響もあってか、ロスコのアパレルアイテムの値段はその他の有名ミリタリーブランドと比べて非常に安価です。

 

例えばROTHCOのMA-1

ロスコのMA-1フライトジャケットを例にしてみましょう。

 

ロスコのMA-1は素材や仕様など見てみても、間違いなく本物のMA-1です。

あかパンダ
このMA-1がなんと6,000円で販売されています。

 

この値段は破格で、AVIREXやALPHAのものはおよそ2万円というプライスからのスタート。

ロスコのミリタリーアイテムの中には他のブランドの三分の一値段で購入できるアイテムがあるということです。

 

MA-1の詳細を確認する

 

ROTHCO(ロスコ)の定番アイテムについて

次に、ロスコの定番アイテムについてです。

 

どれも無骨でシンプルなアイテムばかり。

パンチはあるものの無駄な装飾のないものばかりなので、意外にもコーデには取り入れやすかったりします。

あかパンダ
3つの定番商品について順番にお話ししていきましょう。

 

ROTHCOの定番①:カーゴパンツ

まず、1つ目のアイテムはカーゴパンツ。

BDU(Battle・Dress・Uniform)カーゴパンツと呼ばれるタイプのものになります。

 

  • 6つのポケット
  • ヒザ部分に当て布がある
  • ヒップ部分に当て布がある
  • ボタンフライになっている
  • サイドアジャスターがある
  • 裾の部分のドローコード
あかパンダ
などなどディティールがこれでもかというくらい詰め込まれています。
元ネタはアメリカ軍のAdsenseをパンツなんですが、これを忠実に再現しているんです。
合わせて読みたい

今回はROTHCO(ロスコ)のBDUカーゴパンツは“本物のミリタリーパンツ”だといえるのか検証を行っていきます。   この記事を書くにあたって、BDUカーゴパンツについてリサーチをしました。 その結果、ロスコのB[…]

この投稿をInstagramで見る

Rothco(@rothco_brand)がシェアした投稿

結構なオーバーサイズですが、丈の部分を捲って履くとストンと落ちて綺麗めに履きこなせます。
さらに、裾にはドローコードがあるので、これを引き締めると無骨な着こなしもOK。
意外にも万能なパンツです。

 

ROTHCOの定番②:MA-1フライトジャケット

ロスコの定番2つ目はMA-1フライトジャケット。

あかパンダ
これはロスコの中でもコスパが最強のアイテムです。

 

値段は安いですが、そこはさすがロスコ。

本物嗜好が止まりません。

 

  • 襟はなく、首元はリブのみのデザイン
  • 袖口・腰回りのリブ
  • ナイロン素材に中綿入り
  • 左腕のポケット
  • 両腹部分にあるフラップ付きのポケット
  • ウエストラインに合わせた腰丈

これは初期のMA-1に見られる特徴なのですが、驚くことに全て満たしています。

合わせて読みたい

今回の記事ではロスコのMA-1フライトジャケットは“本物”といえるのかどうか、決着をつけたいと思います。   結論からいうと、“ロスコのMA-1は間違いなく本物だといえる”と思います。 この結論に至った理[…]

 

あかパンダ
もはや採算が取れているのか不安なレベルです。

 

MA-1の詳細を確認する

 

ROTHCOの定番③:ジャングルブーツ

この投稿をInstagramで見る

Rothco(@rothco_brand)がシェアした投稿

最後はジャングルブーツ。

このブーツはカニ・エウエストが愛用していることでも有名なモデル。

 

デザインはレザーとナイロンのコンビで、ソリッドで硬派なイメージに仕上がっています。

 

この投稿をInstagramで見る

Rothco(@rothco_brand)がシェアした投稿

使われているのは耐摩耗性に優れたコーデュラナイロンと本革のレザー。

長く愛用できる仕様となっています。

 

驚くのは値段で、楽天市場などを覗いてみると1万円を下回る価格で販売されています。

あかパンダ
ファッションで使うにもよし、サバゲーやバイク用のブーツにも良さそうですね。

 

マイナーだけどおすすめしたいロスコのアイテム

ここでちょっとマイナーですがおすすめしたいロスコのアイテムを紹介させてください。

 

それがM-65フィールドジャケット。

合わせて読みたい

今回紹介したいのはアメリカのミリタリーブランド「ロスコ」の「M65 フィールドジャケット」。 MA-1やモッズコートなどと比べるとマイナーな部類のミリタリージャケットですが、独自のギミックなど魅力が多いアイテムです。 &[…]

 

このM-65のスゴイところは約1万円という価格でライナーがついていること。

夏以外の3シーズン着ることができます。

 

仕様も当然本格的です。

収納可能なフードや三角フラップ等M-65特有のディティール全部入り。

オーソドックスな見た目で合わせやすい。

完璧なM-65ジャケットに仕上がっています。

 

M-65の詳細を見る

 

まとめ:ROTHCO(ロスコ)ってどんなブランド?

この投稿をInstagramで見る

Rothco(@rothco_brand)がシェアした投稿

あかパンダ
さて、今回のまとめです。

ロスコはアメリカのマンハッタンで誕生したミリタリーブランド。

 

アメリカ軍のサプライメーカーであり、誰もが認める本物のミリタリーブランドです。

 

アイテムの特徴は本格的・シンプル・安価であること。

手頃な価格でミリタリーアイテムを楽しみたいならこれ以上素晴らしいブランドもないでしょう。

 

\\カーゴパンツ//

 

\\MA-1//

\\ジャングルブーツ//

 

>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG