ナイキ エアジョーダン2はなぜ生まれたのか?歴史や定番カラーも解説

ナイキの人気スニーカー、「エアジョーダン」シリーズ。1985年に初代「エアジョーダン」が発売となり、その翌年1986年に発売されたのが「AIR JORDAN 2(エアジョーダン2)」です。

 
あかパンダ
今回は「エアジョーダン2」がなぜ誕生したのか、そして歴史や定番カラーなどについても解説します。
 
ぴーちゃん
「エアジョーダン2」に関する基礎知識がわかります!
 

 

クリックしてドクターマーチン公式サイトをCheck!

なぜ、ナイキ エアジョーダン2が誕生したのか

via:SHOE PALACE

まずはナイキ「AIR JORDAN 2」がなぜ誕生したのか解説していきましょう。冒頭にあった通り、「エアジョーダン2」が誕生したのは1986年。前年には「エアジョーダン1」が発売されていますから、少々早すぎるリリースにも思えます。

 
あかパンダ
これにはいろいろな事情がありました。

 

 

エアジョーダン1の脅威的な売上が下がり始める

1985年に発売されたエアジョーダン1

「エアジョーダン1」1985年の4月に発売されました。しかし、その年の秋頃には脅威的な販売数を誇っていた「エアジョーダン1」の販売数が下がり始めます。

 
ぴーちゃん
きっかけはマイケル・ジョーダンの怪我によるものだといわれています。

 

「エアジョーダン1」の売り上げが下がった頃、マイケル・ジョーダンは怪我で試合を欠場していました。さらに悪いことに様々なスニーカーブランドが「エアジョーダン1」に似たデザインのスニーカーを発売。

ナイキは新たな「エアジョーダン」を模索するようになります。

 

 

次世代の「エアジョーダン」を作りたいナイキ

via:SHOE PALACE

ナイキには「エアジョーダン1」の人気の低迷の他にも「エアジョーダン2」の開発を行う理由がありました。それはマイケル・ジョーダンパフォーマンスを最大限に高めることです。

 
あかパンダ
デザイン性や新しいテクノロジーを取り入れたシューズを用意し、マイケル・ジョーダンのサポートを行うのが急務でした。

 

結果、「AIR JORDAN 2」はエアクッションや一体化されたミッドソールとアウトソールなど、「エアジョーダン1」以上の快適性やサポート力を持つシューズとなりました。

 

 

マイケル・ジョーダンとエアジョーダン2

via:SHOE PALACE

こうして誕生した「エアジョーダン2」。名前の元にもなっているマイケル・ジョーダンは「エアジョーダン2」をどう思っていたのでしょうか?

 
あかパンダ
彼の心情を知ることはできませんが、当時の様子から「エアジョーダン2」への思いを推測してみることにします。

 

 

マイケル・ジョーダンはエアジョーダン2を気に入っていなかった?

via:FEATURE

怪我でNBAの試合を欠場していたのはマイケル・ジョーダンですが、1985-1986シーズンで復活を遂げます。しかし、その際に履いていたのは「エアジョーダン2」ではなく「エアジョーダン1(正確には1の改良バージョンも履いていた)」でした。

 
ぴーちゃん
マイケル・ジョーダンは「エアジョーダン2」を気に入っていなかったのかな?
 
via:FEATURE

しかし、その翌シーズンでは「エアジョーダン2」を着用。ただ、傑作と名高い「エアジョーダン3」がシーズン中に完成し、「エアジョーダン2」の存在感は薄くなってしまいます。

 
あかパンダ
マイケル・ジョーダンと「エアジョーダン2」にはこんな逸話もあります。

 

 

マイケル・ジョーダンのお気に入りの履き方

via:BOARDROOM

マイケル・ジョーダンが「エアジョーダン2」を気に入っていなかったのかというと、そうでもなさそうなのです。

『マイケル・ジョーダンは「エアジョーダン2」のシューレースを上から二番目の穴紐まで通すのが気に入っていた』という話も残っていますし、『派手な「エアジョーダン2」をバギーショーツに合わせるのを気に入っていた』という話も。

 

推測するに、足の怪我を負ったマイケル・ジョーダンのパフォーマンススタイルに、「エアジョーダン2」があまり合っていなかったのかもしれませんね。

 
あかパンダ
実際に母校であるノースカロライナ大学のOB試合に現れた彼は「エアジョーダン2」を履いていたそうです。
 
ぴーちゃん
このことからも気に入っていなかったわけではないことがわかるね。
 

 

エアジョーダン2の特徴を解説

via:BOARDROOM

「エアジョーダン2」には「エアジョーダン1」とは異なる特徴がいくつもあります。

 
あかパンダ
その中でも大きな特徴を解説していきましょう!

 

 

エアジョーダン2ではイタリア製プレミアムレザーを採用した

via:NIKE

「エアジョーダン2」では「エアジョーダン1」とは異なり、若干ラグジュアリーな路線へとイメージ変更されました。

 

via:NIKE

その最も顕著な部分がアッパーの素材です。イタリア製の高級レザーを使用し、生産もイタリアで行われました。現在「エアジョーダン」シリーズは専用の靴箱に入っていることがほとんですが、そのイメージ戦略が計られたのもこの「エアジョーダン2」からでした。

 
あかパンダ
今ではイマイチ影の薄い「エアジョーダン2」。でもすごく実験的な試みをしていたモデルなんです!

 

 

エアジョーダンシリーズとして“初採用”が多いエアジョーダン2

via:NIKE

「AIR JORDAN 2」は現代のエアジョーダンにも見られる特徴を数多く初採用しています。例えば、ジョーダンシリーズではフィッティングを向上させるためにプラスチックパーツが使われていることが多いのですが、これを採用したのは「エアジョーダン2」が最初です。

 

via:NIKE

さらに、ミッドソールとアウトソールの一体化を行い、シューズの安定性を向上させたとともに軽量化にも成功しています。

 
ぴーちゃん
ミッドソールにエアクッションを搭載。クッション製も向上させています!
 
あかパンダ
一方、「エアジョーダン1」から無くなったものがあります。それは一体なんでしょう?
 

 

ナイキのトレードマーク、Swooshが無くなった

「エアジョーダン1」ではナイキのロゴであるSwoosh(スウッシュ)が入っていました。しかし、「エアジョーダン2」では大胆にもこのSwooshを廃止してしまったのです。

 

via:NIKE
via:NIKE
 
あかパンダ
実はSwoosh無しのモデルもこの「AIR JORDAN 2」が初だそうです。
 
ぴーちゃん
以降のエアジョーダンのほとんどもSwooshは入っていません。

「エアジョーダン2」こそが、ナイキが“ナイキ”ではなく“エアジョーダン”というブランドを初めてプロモーションし始めたモデルということができるでしょう。このことはロゴマークの有無だけでなく、エアジョーダンに専用の靴箱が用意されている点からもわかります。

 

 

エアジョーダン2の定番カラーについて

via:NIKE

当時、カラーが豊富だった「エアジョーダン1」と比較して、「エアジョーダン2」のカラーは2色のみでした。

 

エアジョーダン2:シカゴ

via:NIKE

白地にブラックのを配した「エアジョーダン2」“シカゴ”。「エアジョーダン1」のシカゴを彷彿とされるカラーリングです。

 
あかパンダ
このカラーは数度にわたって復刻されています!

 

 

エアジョーダン2:シカゴ ホーム

シカゴに比べて赤のアクセントが多くなった“シカゴホーム”。ソールもホワイトとグレーとなりスッキリした印象です。

 
ぴーちゃん
このカラーも数度にわたってリバイバルされています。

 

 

ナイキ エアジョーダン2はなぜ生まれたのか?歴史や定番カラーも解説

今回は「エアジョーダン2」について紹介してきました。名作であるエアジョーダン1とエアジョーダン3に挟まれ、若干影の薄いエアジョーダン2。

しかし、実はその後のエアジョーダンシリーズに大きな影響を与えたモデルであることがわかります。

 
あかパンダ
あえてマイナーなエアジョーダン2を履いてみるのも面白そうですね。
 
ぴーちゃん
エアジョーダン2にしかない魅力があるもんね!
 
エアジョーダン1について

NIKEのスニーカーには存在が伝説となっているモデルが存在します。今回紹介する「エアジョーダン1」もそんなアイテム。   今回はNIKE エアジョーダン1について詳しく解説!   あかパンダ この記事を読[…]

エアジョーダン3について

今回はナイキのAIR JORDAN3(エアジョーダン3)を解説。 この記事を読めばどんなモデルで、どんなふうに誕生したのかがわかります!   あかパンダ エアジョーダン3がなければ、マイケルジョーダンはナイキとの契約を打[…]

 
ぴーちゃん
エアジョーダン1とジョーダン3についての解説記事もこちらからどうぞ!