【Magic Keyboardまでの繋ぎ】2020年新型iPad Proのアクセサリーを買いました

発売されますね!2020年iPad Proが!

でも目玉は間違いなくiPad Pro本体よりもMagic Keyboard。

フローティングデザインにトラックパッドまで採用されてiPadがコンピューターになります。

 

iPadOSのアップデートもトラックパッドありきのアップデート。

これはやっぱり主役はMagic Keyboard!

 

なのに5月発売!?価格は3万超え!?

それまでの繋ぎはどうしたらいいのさ!

 

新型iPad Proの目玉はMagic Keyboard

iPad Proのアップデートはいわばマイナーアップデートでした。

二眼カメラとLiDAR、強化されたマイクと追加された項目もありましたが、肝心のベンチマークスコアについてはほぼ横ばい。

進化した部分も確かにありましたが、Magic Keyboardと比べればマイナーアップデートと言わざるをえません。

 

これまでのSmart Keyboard FolioはiPadで文字入力を行うただの追加アクセサリーでした。

しかし、Magic Keyboardはアクセサリーの域を超えて、iPadをコンピューターに昇華させるものです。

 

Magic KeyboardでiPadはコンピューターに

2020年版iPad Proの発売に合わせ、AppleはiPadOS 13.4をリリースします。

このiPadOSのアップデートによって、これまでアクセシビリティの域を出なかったマウスでの操作にiPadが対応します。

 

iPadOSからしてMagic Keyboardのトラックパッドをフルに生かす構造になっています。

今回のiPadはMagic Keyboardと合わせることで完成する一台のコンピューターなのです。

 

さらに、iPadを立てて置く構造も変化しています。

Smart Keyboard Folioの場合には2段階の角度調整しかできませんでしたが、Magic Keyboardの場合には異なります。

 

フローティングデザインを採用し、無段階で角度の調整が可能!

Smart Keyboard Folioの場合には膝の上などでは使用が難しいものでした。

しかし、このMagic Keyboardであれば場所を選ばずにノートPCのように使用することができるでしょう。

 

ああ、早く欲しいぞMagic Keyboard!

 

Magic Keyboardの発売は5月!?

しかしさすがAppleさん、焦らしてきます。

なんとMagic Keyboardの発売は5月なのです。

 

2020年iPad Proの発売が3月25日。

Magic Keyboardはそこから一ヶ月以上遅れての登場となるのです。

この世に神はいないのか。

 

それじゃあそれまでの間、iPadをどうやって綺麗な状態で運用していくか。

裸の状態で使うのは避けたいです。

Apple製品は綺麗に使えばリセールバリューが高いので・・・。

 

さらに言えば、5月の何日に発売されるのかも未だ分からない状態なのです。

Appleからのアナウンスが待ち遠しい!

しかし、何かしらのアクセサリーは必要です。

 

Magic Keyboardは3万超え、Smart Keyboard Folioも・・・

Magic Keyboardの値段ですが、私が購入した11インチモデルで税込み約3万5,000円。

12インチではなんと4万を超えます。

あれ、無印iPad買えない?これ。

 

Magic Keyboardを買う前提ならば、繋ぎで使うアクセサリーにはあまり金額をかけたくないのが正直なところ。

いっそのことSmart Keyboard Folioとも思いましたが、Smart Keyboard Folioもなかなか高い。

11インチのモデルで約2万円です。

 

Magic Keyboardと合わせて買ったとすると・・・

ムリムリムリムリ!!5万円を軽く超えるではないですか!

 

ここは耐えしのぎましょう。

サードパーティー製のアクセサリーで5月まで耐えしのぐことにします。

 

発売までは繋ぎのアクセサリーで耐え凌ごう

この商品を詳しく見る

iPad Proのケースはこのケースにしました。

Apple(日本)

軽くて耐久性のあるSmart Folioは、12.9インチと11インチのiPad Proの前面と背面を守ります。…

Apple純正のSmart Folioに近い形のものです。

異なる部分は、充電状態にしたApple Pencilをカバーが覆って落としにくくなっていること。

これならバッグの中でApple Pencilが行方不明になることはないでしょう。

それに値段は1,699円と安い!決めてはコレ!

 

それから、保護フィルムも購入しました。

購入した保護フィルムはペーパーライクフィルム。

この商品を詳しく見る

Amazon choiceだったこの商品。

購入にあたって、ぺーパーライクフィルムのおすすめはないかとググりまくりました。

しかし、ペーパーライクフィルムの商品は数あれど、あまり違いはないという意見が大多数でした。

 

ならば価格とサービス・・・というわけでたどり着いたのがこの商品。

価格は1,398円。すやい。

さらに、フィルムの貼り付けに失敗した場合には無料でフィルムを送ってもらえます。

貼付け失敗によるズレや気泡の混入など購入から18ヶ月の間は、フィルム1枚につき1回無料でフィルムを送ってもらえるのです。

この価格なのにこのサービスは素晴らしい。

 

とりあえずは、この紹介したアクセサリーたちで5月まで乗り切ろうと考えています。

 

まとめ:【Magic Keyboardまでの繋ぎ】2020年新型iPad Proのアクセサリーを買いました

Magic Keyboardの発売が待たれます!

 

しかし、いくら待っても早くMagic Keyboardが手元に早く届くわけでもないですからね。

とりあえずは首を長くしながら待つことにします。

 

iPad Proが手元に届き次第レビューをしようと思います。

今回紹介したアイテムも合わせてレビューできたらいいなと思います!