楽天スーパーポイント・楽天キャッシュ・楽天ペイの違いを解説!

「楽天スーパーポイント」に「楽天キャッシュ」。

いったい違いは何!?

 

さらには「楽天ペイ」!?

「通常ポイント」に「期間限定ポイント」!?!?

もう頭が爆発寸前。

 

でももう大丈夫です。

要点をしっかり押さえて、正しく簡潔に理解しておきましょう。

 

楽天のポイントで損をすることだけはないように!

まずは楽天のポイントの基盤である”「楽天ポイント」とはなんなのか”について解説していきます。

 

楽天スーパーポイント

楽天のサービスで貯まる・使える・交換できるのが楽天スーパーポイント。

もっとも身近なのは、楽天市場で商品を購入した際にもらえるポイントでしょう。

今回紹介するポイントの中では一番ベーシックなポイントです。

 

楽天市場での例。この場合484ポイントを獲得できる

そんな楽天スーパーポイントですが、実は2種類あります。

それが

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント

の2つ。

 

この2つの違いはなんでしょうか。

一番の違いは有効期限なんです。

楽天スーパーポイント:通常ポイント

楽天市場で何か使用品を購入した際などに付与されるのがこの通常ポイントです。

通常ポイントの有効期限は1年。

しかし、ポイントを獲得するごとに有効期限が1年間延長されます。

 

楽天市場での定期的な商品購入や、楽天アフィリエイトでの成果報酬などを受け取っていれば有効期限を気にすることなく利用することができます。

これに対して、期間限定ポイントの有効期限は短く設定されています。

 

楽天スーパーポイント:期間限定ポイント

例えば、楽天カードの利用で獲得できる3,000円分の楽天ポイントは期間限ポイントです。。

こういった楽天からなんらかのキャンペーンなどで付与されるポイントは期間限定ポイントであることが多いです。

 

期間限定ポイントの有効期限は1ヶ月など。

”など”というのは、ポイントによってまちまちだからです。

 

楽天市場アプリで期間限定ポイントを確認した画面

 

有効期限の確認などは、”楽天市場”や後述する”楽天ペイ”などのアプリなどから簡単に確認することができます。

それから、通常ポイントと違って、新たにポイントを獲得しても有効期限が伸びることはありません。

無駄なものを購入する必要はありませんが、期限内に使い切るのがベストです。

 

ここまで「楽天スーパーポイント」について解説しましたが、似たものに「楽天キャッシュ」があります。

本当によく似ていて差がわかりづらい両者。

次は「楽天キャッシュ」についてお話ししましょう。

 

楽天キャッシュ

簡単にいえば、楽天スーパーポイントの強化版です!

 

楽天キャッシュは楽天の電子マネー。

楽天スーパーポイントと合わせて支払いで利用することができる他、楽天キャッシュは送金も可能です。

 

楽天スーパーポイントよりも”よりお金に近づいたポイント”が「楽天キャッシュ」です。

有効期限は10年なのであまり有効期限を気にせずに使うことができます。

まら、楽天の運営する「ラクマ」の売り上げや、「楽天アフィリエイト」で一定以上の売り上げを上げた場合にも「楽天キャッシュ」で報酬が支払われます。

Bandessinee

楽天アフィリエイトについて概要から登録の方法、実際に収益化するところまで一挙に解説です!ブログやSNS、メールなど様々な…

 

「楽天キャッシュ」は「楽天スーパーポイント」が現金に近づいたものと覚えればOK!

どちらも1ポイント=1円なので、楽天市場などで使用する際にはほぼ差は感じずに使用できると思います。

 

さて、ここまで「楽天スーパーポイント」と「楽天キャッシュ」について解説してきました。

違いについて押さえられたでしょうか?

この記事の最後にまとめの図を用意しているので最後におさらいをしましょう!

 

 

さて、この2つと混同しやすいのが「楽天ペイ」です。

ただ、「楽天ペイ」はお金として使えるものではありません。

 

楽天ペイ

「楽天ペイ」は、ここまで紹介した「楽天スーパーポイント」と「楽天キャッシュ」を使って買い物ができる”決済手段”です。

アプリの形で提供されており、所有ポイントの閲覧や期間限定ポイントの期限なども確認が可能です。

 

身近な例を出せば、「楽天ペイ」を使用することで、「楽天スーパーポイント」と「楽天キャッシュ」をコンビニやドラッグストアなどで使用することができるようになります。

「ラクマ」や「楽天アフィリエイト」で獲得したポイントを現実での買い物で使う際には必須になります。

また、ポイントはクレジットカードでチャージすることも可能で、その場合には「楽天キャッシュ」で入金されます。

 

「楽天スーパーポイント」「楽天キャッシュ」との違いは、「楽天ペイ」はポイントではないこと。

あくまで楽天ペイは”決済手段”です。

 

コンビニやスーパー、飲食店など楽天ペイが使える店舗は続々と増えています。

楽天ペイ

楽天ペイのスマホ決済が使えるお店をご紹介します。コンビニやドラッグストア、飲食店、家電量販店など様々なお店でお使いいただ…

 

まとめ:楽天スーパーポイント・楽天キャッシュ・楽天ペイの違いを解説!

  • 楽天スーパーポイント
  • 楽天キャッシュ
  • 楽天ペイ

違いは把握できたでしょうか?

 

「楽天スーパーポイント」や「楽天キャッシュ」を貯めて、「楽天ペイ」で使うという流れになっています。

「楽天スーパーポイント」と「楽天キャッシュ」はお金と同じように使える。

「楽天ペイ」がその決済の手段です。

お忘れなきように!

 

また、最後におまけとして「楽天Edy」についても少し触れたいと思います。

名前のせいで少し混同することはあるかもしれません。

”楽天”とはついているものの、今回紹介した「スーパーポイント」「キャッシュ」「ペイ」とは少し外れたものになります。

 

おまけ:楽天Edyとは?

”楽天Edy”と混同する方がいるかもしれないと思い少し解説。

 

「楽天Edy」は楽天の提供するキャッシュレス決済システム。

「楽天ペイと何が違うの?」とお思いかもしれませんが、楽天Edyは前払い式です。

セブンイレブンなどで使えるnanacoなどと同じ使い方になります。

 

 

>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG