ユニクロのセルビッジデニムは”ホワイト”が狙い目かもしれませんよ

ユニクロでストレッチセルビッジスリムフィットジーンズを購入しました。

運よく、通常3,990円(税込み)が2,990円(税込み)に値下げされていたんです!

これは絶対に買わなければ!

だって、前に一度購入したユニクロのセルビッジジーンズはとっても満足できる品だったから!

迷った挙句購入したのはホワイトとブラックのセルビッジデニム。

今回はホワイトのレビューです。

 

以前購入したユニクロの”セルビッジデニム”は驚きの連続だった

これが以前購入したユニクロのセルビッジジーンズです。

普通に私服で着るのはもちろん、バイクに乗るときにも履いていました。

素材は綿99%、ポリウレタンが1%となっています。

ポリウレタンのおかげで伸縮性があり、バイクに乗っていても快適!

歩くのも綿100%のジーンズと比べると格段に快適です。

 

ポリウレタンが入っているパンツで気になるのが膝抜けだと思います。

バイクに乗っていると、常に膝を曲げているような格好になるのでひなの部分に常にテンションがかかっているような形になります。

しかし、このジーンズは膝抜けするような様子は皆無で非常に丈夫。

さすがカイハラ社の生地を使っているだけのことはあります。

そして、何よりも気に入っているのがセルビッジ。

贅沢な素材で高級なジーンズのアイコンですが、ユニクロのセルビッジジーンズはアンダー5,000円でこのセルビッジを使用しています。

ロールアップで折り返して履く際にはいいアクセントになってくれるんです。

 

コスパもいいので、この機会に白と黒のセルビッジジーンズを購入することに決めました。

きっと大活躍してくれるはず!

一度に2つのジーンズを紹介するのはブログが長くなってしまうので、今回はホワイトのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズについて詳しく解説していきます。

 

ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズのホワイトについて

ユニクロHPより

これがユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ。

実は私、白のパンツを購入するのは初めてです。

汚れるのが怖かったのと、膨張色なので足が太く見えたら嫌だなぁって。

でも、このジーンズなら先に行くに従って細くなるテーパードスタイルのようなシルエットなので無理なく履けるような気がしました。

それから、大人なので汚さないように努力すれば大丈夫でしょう…笑

 

モデルの方ですが、よく見るとロールアップをして履いています。

あとで画像で解説していますが、ロールアップしてセルビッジをチラ見せするととっても可愛い!

 

生地はふんわり、ユニクロの他のセルビッジデニムより柔らかい

ここからは細かいディテールについて写真と一緒に見ていきます。

まずは生地について。

一般にジーンズと聞いて想像するような固めの生地ではありません。

しっかりとウォッシュをかけた柔らかな生地です。

もちろん生地にはポリウレタンが入っています。

なので履き心地抜群!

 

ポケット裏の表示。

スリムフィットのストレート。

でも実際には足の先の方に向かって細くなるテーパードスタイルになっているように感じます。

なので着ても野暮ったくならない。

 

先ほどお話しした以前購入したセルビッジジーンズのようにポリウレタンが使われています。

綿が99%でポリウレタンが1%使用されていて、ここも同じですね。

ウエストは73cm。

ちょっと余裕があります。

ただ、洗うとサイズが縮むことを考えるとこれくらいがベストかと考えました。

縮んだ際、足の形がわかるくらいピタピタになったら嫌ですしそうなるとヤンキー感が出そうな気もして…

 

リベットとトップボタンの色は落ち着いた銀色

リベットの部分です。

素材は銅ではないと思うので、おそらくニッケル?

光沢の少ない銀のものが使われています。

 

UNIQLOの文字が入っています。

 

ちなみに、ポケットは5ボタン仕様になっていますよ。

ジーンズによっては、ポケットの部分のステッチにもセルビッジが使われているものもあります。

さすがにこの部分には使われていないようでした。

 

トップボタンにもUNIQLOの文字が入っています。

ちなみにユニクロのジーンズは全てジッパーフライです。

ボタンフライのジーンズはない…はず!

 

セルビッジは健在!赤のステッチがよく似合う

さてさて、肝心のセルビッジの部分です。

セルビッジってなに?という方もいるかもしれないので簡単に説明を。

旧式の織機で織られた生地の両端にだけ見られる耳端のこと。

生地の両端にしか見られないので、当然ですが通常のデニム生地よりも希少です。

 

このセルビッジがあると何がいいのかというと、独特の色落ちが見られるのと折り返した時のアクセントになることです。

このデニムはホワイトなので経年変化を楽しむことはできないと思います。

しかし、例えばリジットのデニムの場合は着込むとセルビッジに沿った特有の色落ちが楽しめます。

これがセルビッジジーンズの楽しみです。

 

アクセントについては、ロールアップをした際にこの赤いステッチがいい味を出してくれるんです。

 

ね?可愛いでしょ!!

ロールアップをしないで履いてももちろんいいんですが、コーディネートがさみしい時なんかは重宝するギミックです。

白なのであまり目立たないかとも思いましたが、赤のステッチがとってもいい!

そういえば、セルビッジの別名は”赤耳”ともいうんですよ。

 

ジーンズを買ったら裾上げを!おすすめはくるぶしの少し下かな

余談なんですが、ジーンズを購入する際裾上げをしていただきました。

ロールアップをしても、下ろしても履けるようにくるぶしの少し下くらいを目安に裾上げを行いました。

 

シングルステッチでの裾上げなら(1,990円以上の商品なら)無料です!

綺麗に仕上げていただきました。

 

ストレッチセルビッジスリムフィットジーンズのホワイトはどんな人におすすめか

以前購入したセルビッジジーンズ同様に、このジーンズも素晴らしいジーンズでした!

わたし的には、このジーンズをお勧めしたいのは白のパンツに初めて挑戦したい方です。

なぜかというと、このデニムのシルエットがとっても綺麗だから。

 

白のパンツに挑戦しにくい理由って、やっぱり足が太く見えるからだと思うんです。

実際に私もそうでした。

このジーンズを履いて思いましたが、それは本当に勿体無いこと!

白シャツと同じくらい汎用性の高いアイテムだと感じました。

 

このストレッチセルビッジスリムフィットジーンズは足首に向かってだんだんと細くなるシルエット。

そしてその加減が絶妙です!

太ももの太さが気になる方でもコンプレックスを意識することなく履けるシルエットだと思いました。

それから、デニムの硬さや厚さも絶妙。

ヒップの大きさが気になるという方でも、柔らかいとはいえデニム生地なので体型をカバーしてくれます。

 

私はこのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズを、ドクターマーチンのエイドリアンローファーと合わせてコーディネートを組もうと思っています。

白のパンツに黒の靴って、足が短く見えてしまう可能性のあるコーデです。

でもドクターマーチンならソールが厚いので足が長く見えます。

それから白パン+足首を出したスタイルで涼しげなスタイルにしたいと思っています。

 

コーディネートの幅が広がるアイテム!

ぜひ皆さんも手に入れてみてくださいね!

ドクターマーチンADRIANのレビュー【お手本コーデも紹介!】

 

そうそう、黒のセルビッジデニムの記事も読んでくださいね!

【ユニクロ】セルビッジデニムのブラックはロールアップNGかも!?

全く違った表情でこっちもおすすめ!