【いろんな靴と比較】G.H.BASS ローファーのサイズ感について詳しく解説!

G.H.BASSのローファーが気になるけれど、サイズ感が心配。

 

そんな方のために私が持っているG.H.BASSのローファーと色々な靴のサイズ感を比較してみました。

7

NIKEやドクターマーチンなど様々な靴とG.H.BASSのサイズ感を比べたので、きっとピッタリな一足を手にいれることができるはず!

G.H.BASSを購入する際にサイズで失敗しない方法も最後にご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

G.H.BASS ローファーのサイズ感について解説

それでは、G.H.BASSのローファーのサイズ感について解説していきます。

 

まずはG.H.BASSのローファーの種類について少しお話しさせてください。

G.H.BASSからは様々な種類のローファーが発売されています。

私が所有しているのはその中のLOGANというモデル。G.H.BASSのローファーの中でも最もポピュラーなモデルです。

 

G.H.BASSはアメリカの老舗靴メーカー

G.H.BASSはアメリカの老舗の靴メーカー。創業は1876年と100年を超える老舗中の老舗です。私の履いているLOGANはペーニーローファーの原点。アメリカのローファーの定番で、特にアイビールックな着こなしには外せないアイテムになっています。

 

ハーフサドルの両端にモカシン編みを施してあるLARSONなども有名なモデルです。

 

こちらはキング・オブ・ロック マイケルジャクソンダンスなどでよく身につけていたアイテム。

G.H.BASSの履きやすさがよくわかるエピソードです。

 

G.H.BASSのローファーのサイズ感はモデルが違ってもあまり変わらない

G.H.BASSから発売されているローファーの種類は多いですが、モデルによるサイズ感の違いは少ないようです。

 

私が所有しているのでLOGANのみですが、他のモデルも購入しようかと何度か試し履きをしたことがあります。

LOGANのサイズと同じものを試し履きしてみましたが、サイズ感に違いはありませんでした。

 

G.H.BASS日本公式オンラインショップより

例えば、先ほどマイケルジャクソンの愛用したモデルとして紹介した”LARSON”ですが、これは”LOGAN”から派生したモデル。

これに限らずG.H.BASSは木型が統一されているのか、モデルによるサイズ感の違いがあまりないローファーです。

 

G.H.BASSのローファーはサイズ選びが非常に重要

さて、G.H.BASSのローファーを購入する際にはサイズ選びが非常に重要。

 

なぜなら、靴紐やゴムなどがないからです。

ローファーを履いたことがある方ならご存知かもしれませんが、サイズ選びを間違えるとかかとの部分が歩くたびに浮いてしまいます。

これは、歩きにくいのはもちろん、靴擦れなどの原因にも。

 

こうしたトラブルを避けるためにも、しっかりとサイズが合うモデルを購入することが大切です。

ピッタリとサイズ感のあったものを購入すれば、歩きやすく脱ぎ履きも楽々!最高の相棒になってくれるはずです!

 

G.H.BASSのローファーにインソールを入れて履くのは難しい

「サイズ感を間違えたらインソールで調整すればいいのではないか?」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、このG.H.BASSのローファーに関しては難しいことかもしれません。

 

G.H.BASSのローファーは、甲の部分もかかとの部分も厚みがあまりありません。

そのため、インソールを入れてから履こうとすると逆に甲が窮屈に感じたり、かかとがしっかりと収まらずにカポカポと脱げやすくなってしまうこともあるのです。

 

このような理由から、ジャストサイズでG.H.BASS ローファーを購入することが何よりも大切になるのです。

 

G.H.BASSは”cm”ではなく”US”サイズ表記

ここから”サイズの表記”に関する話に移ります。

G.H.BASSはアメリカの老舗靴メーカー。

 

日本では靴のサイズ表記は”cm”が一般的ですが、アメリカでは”USサイズ”が使われます。

G.H.BASSの正規取扱店や、セレクトショップなどではcm表記に直して販売されることも多いです。

しかし、アメリカ本国などから買い付けてきた並行輸入品を販売するショップではUSサイズのまま販売されていることも。

サイズ表記で間違えることがないよう、日本の”cm”とアメリカの”USサイズ”の互換表を作成しました。購入の際には参考にしてください。

 

cm USサイズ
22 4
22.5 4.5
23 5
23.5 5.5
24 6
24.5 6.5
25 7
25.5 7.5
26 8
26.5 8.5
27 9
27.5 9.5
28 10
28.5 10.5
29 11
29.5 11.5
30 12

もし、普段履く靴のサイズが26cmなら、USサイズでは8サイズが対応します。

しかし、ご存知の通り靴のサイズはメーカーなどによって微妙に異なるもの。

そこでG.H.BASSと様々な靴を履き比べてみました。

 

G.H.BASSのローファーを色々な靴とサイズ比較

靴の名称 メーカー 大きさについて サイズ感のコメント
G.H.BASS LOGAN G.H.BASS US8=26cm ピッタリ
Dr.Martens 3ホール Dr.Martens UK7=26cm 若干の余裕あり(長く履いているからかも)
Dr.Martens mono 3ホール Dr.Martens UK7=26cm ピッタリ
Dr.Martens 8ホール Dr.Martens UK8=27cm 大きい。紐でキツく絞めるか、純正のインソールを入れてピッタリ。
Dr.Martens チェルシーブーツ Dr.Martens UK6=25cm ピッタリ。でもワンサイズ上でもいいかも
NIKE AIR MAX 90 NIKE

 

27cm 甲の部分が少し窮屈
NIKE AIR FORCE 1 NIKE 27cm ピッタリ
NIKE AIR HUARCHE NIKE 28cm 若干大きい
Reebok Pump Fury Reebok 29cm 若干大きい
Converse ALL STAR Converse 27cm 若干ゆとりあり
VANS OLD SCHOOL VANS 27.5cm 若干ゆとりあり
Timberland 6inch Boots Timberland 27cm 若干ゆとりあり
REDWING BECKMAN REDWING 25.5cm ピッタリ
Teva HURRICANE Teva 26cm ピッタリ

結果はこのような感じ。

G.H.BASSのサイズ感と近いのはドクターマーチン。

 

おおよそのサイズ感は、ドクターマーチンを所有しているのなら参考にしてもいいかも。

 

G.H.BASSのローファーとドクターマーチンで異なるのは甲の高さ。

3ホールや8ホールは甲に少しゆとりがあります。

G.H.BASSはほんのわずかにですが、これらのモデルよりも甲の高さが低い。

ドクターマーチンの中ではチェルシーブーツや、monoシリーズがさらにサイズ感が近いです。

 

これでより具体的にサイズ感についてイメージがついたのではないででしょうか。

さらに、G.H.BASSのローファーを取り扱うサイトから参考になるレビューを探してきました。

さらにサイズ感を掴みやすくなるはず!

 

G.H.BASS ローファーのサイズ感に関するレビューまとめ

今回26.0、U.S8.0を購入しました。
20代男性

評価: 5初ローファー日曜日に注文したのですが、月曜には発送、火曜に手元に届きました。
初ローファーなのですが、まず光沢がかっこいい。
ローファーが欲しくて色々調べた結果、伝統があって品質も良く、尚且つ手頃な値段ということで、購入に至りました。私は、足のサイズ実寸が25.5でありサッカーのスパイクが25.5~26.0、バンズのスニーカーやドクターマーチンのブーツは26.0を履いているのですが、今回26.0、U.S8.0を購入しました。
ショートソックスを着用して履いたのですが、履く瞬間はキツさを感じましたが、かかとに指一本分も隙間はできず、横幅もちょうどでした。分厚い靴下を履いた時にはより履きにくさを感じますが気にはなりません。
これからのシーズン服装がどうしてもカジュアルよりになってしまいますので、こちらのローファーで足下にフォーマルをプラスし、バランスを取りたいと思います。(クラウド・シューカンパニー HPより)

VANSやドクターマーチンでサイズ感を確認するのはいい方法ですね。

インソールは厳しいですが、靴下でサイズ感を調整することも可能です。厚手のソックスと薄手のソックスでは、G.H.BASSを履いた際にサイズ感異なります。とても参考なるレビューでした。

 

甲高幅広で、26cmの革靴を履いています。
50代男性

評価: 5

甲高幅広で、26cmの革靴を履いています。26.5のちょい大きめを頼みましたが特段問題なくてよかったです。大変重宝しそうです。(クラウド・シューカンパニー HPより)

甲高幅広の場合にはハーフサイズアップしてもよさそうですね。日本人には幅広の方も多いので、幅(ワイズ)の狭いことで有名なNIKEのスニーカーなどがきつく感じる場合にはハーフサイズアップでの購入がオススメです。

 

普段25.5で25.5を購入しました。
50代女性

評価: 4

バーガンディ購入。普段25.5で25.5を購入しました。
履いている様子をみるとかなりきつそうで、かかとの皮がむけていたので私はもう1サイズ上げたほうが良いのではないかと思うのですが、夫は昔からバスのローファーを履いていて、かなり伸びるということだったのでこれでいいらしいです。
履き比べることができないのでネット購入は難しいですが、なかなか売っていないし安く購入できたので良かったです。(クラウド・シューカンパニー HPより)

革靴はサイズが足の形に合わせて多少サイズ感が変化します。

なのでジャストサイズでも購入が一番。

しかし、それにも限界はあります。

 

あまりにもサイズが小さい場合にはサイズ交換がオススメです。

足が痛くなってしまう対策としては、靴用クリームやお持ちのハンドクリームを使ってかかとの部分を柔らかくする方法があります。

やり方は簡単で、クリームをかかとの部分に塗りモミモミと柔らかくなるまで揉み込むだけ。最初は硬いですが次第に柔らかくなり、靴擦れの心配がなくなります。

 

絶対に間違えない!G.H.BASS ローファーのサイズ選びの方法

ここで紹介するのは、G.H.BASSのローファーを購入する際に絶対にサイズ感を間違えない方法。

 

とはいっても本当に当たり前の方法です。

その方法とは、サイズ交換が可能なショップでG.H.BASSを購入すること。

そこで、ネットでG.H.BASSのローファーを購入する際に知っておいて欲しいことがいくつかあります。

 

正規輸入品と並行輸入品のG.H.BASS

例えば、G.H.BASSのLOGANは正規代理店で25,000円ほどで販売されています。

 

しかし、G.H.BASSが安く販売されているアメリカ本土などから輸入してきたもの(並行輸入品)を取り扱っているショップでは安く購入することが可能です。

並行輸入品のG.H.BASS LOGANの場合には12,000円と約半額程度で購入することが可能です。

 

正規輸入品はサイズの欠品が少なく、日本限定モデルなどの展開があることも。

並行輸入品はサイズの欠品が多いのがデメリットですが、定番のモデルであれば在庫も多いので上手に使い分けるのがオススメです。

 

並行輸入のG.H.BASSの購入はサイズ交換可能か要確認!

楽天市場より

G.H.BASS公式サイトではSALE商品などを除き、サイズ交換が無料です。

しかし、並行輸入品を扱うショップではサイズ交換に対応していないことも。安心してサイズ交換ができるように購入の前にサイズ交換が可能か調べておくようにしましょう。

 

G.H.BASSのローファーに関するレビューが楽天市場で一番多いのは、クラウド・シューカンパニーというショップでした。

G.H.BASS LOGANだけで350件以上のレビューがあり、非常に安価に購入することができます。サイズ交換可能ですが、送料負担となっているので注意が必要です。

 

商品価格の安いショップではサイズ交換の送料がかかってしまう場合が多々あります。逆に、サイズ交換に無料で対応してくれるショップの場合にはG.H.BASSの価格が少し高いことも。

ここまで読んでいただいたサイズ感に関する記事とレビューを参考にすればサイズで間違えることは少ないはずです。それでも、いざという時サイズ交換ができるようにサイズ交換対応のショップでの購入が安心です。

 

まとめ:G.H.BASS ローファーのサイズ感について

G.H.BASSはぜひ、ぴったりサイズで履いて欲しい靴。購入の際には幅(ワイズ)が狭いので注意。サイズ感を考えて購入しましょう。

 

公式サイトで購入すれば、値段は高いですがサイズの欠品が少なくサイズ交換も無料です。

逆に、Amazonや楽天などの並行輸入品を扱うショップを利用すると安く購入することが可能。

しかしサイズ交換の際には送料がかかってしまうことも。

 

履けば履くほど味が出て、一度購入すれば長く何年も履き込める名品です。あなたがピッタリサイズのG.H.BASSのローファーを買えますように!祈っております!

▼購入はこちらから

>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG