【4ステップ】コバインキで革靴のコバを驚くほどきれいにする方法

こんにちは、ブロガーのあかパンダ(@akapandablog)です。

今回は革靴のコバのケア方法について解説。

コバインキを実際に使いながら、その使い方について実際に解説します。

 

普段から靴磨きをする方でも、コバまで気にかける方は少ないのではないでしょうか。

コバインキの使い方は大きく分けて4つの工程。

特に難しい工程はありませんが、コバインキの効果は絶大です。

・コバのケア方法について知りたい
・コバインキの使い方を知りたい
あかパンダ
こんな方に見て欲しい記事。革靴の印象が劇的に変わるので試してみる価値ありです!

 

初めてコバインキを革靴に使ってみる

靴磨きを始めたのは大学2年生の頃からなので、もう靴磨き歴は4年になります。

しかし、コバインキは今回が初体験。

なかなかソールのことまで気が回らないといいますか、ないがしろにしやすい部位かと思います。

 

丁度G.H.BASSのLOGANという革靴のコバが汚れてきまして、これはいい機会だということでコバインキを購入しました。

G.H.BASSってこんな靴

G.H.BASSのローファーが気になるけれど、サイズ感が心配。そんな方のために私が持っているG.H.BASSのローファーと色々な靴のサイズ感を比較してみました。 NIKEやドクターマーチンなど様々な靴とG.H.BASSのサイズ[…]

 

“コバインキ”ってどんなもの?

コバインキとは革靴のコバ(ソール側面部分)に塗る塗料のこと

革靴を履くうちにコバは色が抜けたり傷ついたりしてしまいます。

あかパンダ
そんなコバを綺麗に色付けして新品のようにするのがコバインキです。

▲今回購入したのはBoot Blackのコバインキ

 

コバインキは革靴のコバを引き立たせる

コバインキを使うと革靴の印象がだいぶ変わります。

革靴の輪郭がハッキリとするので革靴全体が引き締まりまるで新品のような印象に変わるのです。

あかパンダ
履き込んであまり魅力を感じなくなってしまった革靴でも、もう一度新鮮な気持ちで履きこむことができるでしょう。

 

様々なメーカーからコバインキは発売されている

楽天市場より

今回購入したコバインキはBoot Blackのコバインキです。

あかパンダ
値段は約800円と手頃。ただ、コバインキはマイナーアイテム。専門店でないと売っていない可能性もあるので、ネットでの購入がおすすめです。

Boot Black以外にもコバインキは発売されていて、COLUMBUSンゴ(コロンブス)やREGAL(リーガル)からも発売されています。

ただ、性能的に大きな違いはないようです。好きなデザインのものを購入しましょう。

コバインキは1,000円程度で購入できる。専門店でないと購入できないこともあるので、インターネットでの購入がおすすめ。

 

コバインキには注意点も

革靴を手軽に綺麗に見せてくれるコバインキ。

しかし、コバインキには2つ知っておきたい注意点があります。

 

 ①コバインキは水溶性である

コバインキは水溶性のものがほとんどです。つまり、水で落ちてしまうということ。

雨の日などコバインキを塗ったままで歩いてしまうと色が抜けてしまいます。

この問題を解決するためにワックスを上から重ね塗りしてあげるようにしましょう。こうすることで雨の日に履いたとしても色が長持ちします。

 

②コバインキは薄く塗るのが重要

コバインキを厚く塗ってしまうと、歩く際にソールが屈曲した際にポロポロと落ちることも。

薄く薄く塗り広げてやることが重要です。

 

【実践】コバインキの使い方【簡単4ステップ】

あかパンダ
では、実際にコバインキを使って革靴のコバを綺麗にしていきたいと思います。

 

綺麗にするのはG.H.BASSのローファー。

今回使用するコバインキの説明によると、使い方は以下の通りです。

  1. コバの汚れをローションで落とす(今回は面が荒れていたのでヤスリがけで代用)
  2. コバインキでコバを均一に塗る
  3. 完全に乾いたらシューポリッシュで磨く
あかパンダ
これに沿ってコバインキを使っていきます。

 

ステップ0:必要に応じて革靴にマスキング

コバインキを塗る際、コバの面が乱れている場合には一度コバをヤスリで整えてやる必要があります。

この時、アッパーの部分を傷つけてしまうと大変です。

今回は特に行いませんでしたが、マスキングテープなどでマスキングをしてやることで安心してヤスリがけを行うことが可能です。

 

ステップ1:革靴のコバを紙やすりで整える

まずはヤスリがけでコバの面を整えていきます。

よく見るとコバは傷や凹みだらけ。

あかパンダ
300番→800番と番目を変えてヤスリがけを行いました。

 

コバに凹凸がなくなってきたらヤスリがけは終了です。

ヤスリがけをしすぎてしまうと靴の寿命が縮んでしまうのでやりすぎには注意。

 

ステップ2:ブラッシングでコバの汚れを落とす

続いて、ブラッシングでヤスリがけで出た削りカスを落としていきます。

この後、コバインキを上から塗ります。

綺麗な平面に仕上げるためにも、しっかりとブラッシングで払うようにしましょう。

 

ステップ3:コバインキでコバに色を付ける

あかパンダ
ここでコバインキの登場です。

キャップの裏側に金属の棒が付いていて、先端にフェルトがくくりつけられています。

そのままではインキが垂れてしまうので、キャップの口でインキを落としてから使用します。

 

コバに塗る際はアッパー部分にコバインキが付かないように注意しましょう。

不安な場合はマスキングテープをこの工程まで付けておいても大丈夫です。

それから、フェルト部分を逆さ気味にして塗ることでコバインキが靴へ垂れるのを防ぐことができます。

 

開口部のフチでしっかりとコバインキを落としたつもりでしたが、思っていた以上にインキが残っていました。

多めにインキがついてしまったので、それを薄く塗り広げるようにコバを塗っていきました。

 

結果的に凹凸やホコリがつくようなこともなく、うまくコバインキを塗ることができました。

あかパンダ
しかし、これで安心してはいけません。詳しくは次のステップで。

 

ステップ4:コバをポリッシュで磨き上げる

綺麗にしたコバを長く維持するために、ポリッシュを使って磨く必要があります。

コバインキは水性。油性のポリッシュでコーティングすることで美しさが長続きするようになります。

今回使用したのは鏡面磨き用に普段使っているKIWIのワックスです。

 

指に布を巻き、ポリッシュを取って塗り広げます。

最初は曇っていますが、塗り広げるとどんどんと輝きが増してきます。

 

余ったポリッシュはアッパー部分に付けて輝きを出してやりました。

写真からもアッパーに負けないくらいコバが輝いているのがわかると思います。

 

【Before→After】コバインキを塗った革靴はまるで新品

【コバインキを塗る前の写真】

コバインキを塗る前の状態が上の通りです。コバには傷がついていて、凸凹としています。

 

【コバインキを塗る前の写真】

凸凹しているだけではなくて、一部色がはげているようなところも見て取れます。

 

【コバインキ使用後の写真】

一方、こちらはコバインキを使用した後の写真です。コバの凹凸が消え、綺麗な光沢が見て取れます。

 

【コバインキ使用後の写真】

コバを後ろから見てみると特に印象が変わっていることに気づきます。

あかパンダ
G.H.BASSが若返ったようで嬉しい気持ちになりました。

 

【コバインキ使用後の写真】

G.HwBASS全体を写した写真です。コバが美しく整っているので、一体感のある引き締まった印象になったと感じます。

コバでまさかここまで印象が変わるとは思っていませんでした。

 

コバインキを購入するなら

私が購入したのはBoot Blackのコバインキ。

他にも様々なメーカーからコバインキは発売されています。

▲Boot Black エッヂカラー

▲COLUMBUS 革コバインキ

▲REGAL コバインキ
各種コバインキにいて調べてみましたが、どれも大きな違いはないようです。値段についてもその差は100円程度。私はBoot Blackの商品を選びましたが、購入した理由は“一番見た目が格好いいから”です。
瓶の見た目で選んでも後悔することはないでしょう。
皆さんもぜひ、コバインキを使って革靴のコバをピカピカにしてみてくださいね。

 

関連記事

あかパンダ 革靴が大好きなブロガー、あかパンダ(@akapandablog)です。 このブログでは革靴のメンテナンス方法を多く取り扱っています。 革靴のケアをする際に参考にしてもらいやすいよう、今まで解説してき[…]

あかパンダ
革靴のメンテナンスをまとめた記事もあります。ケアで困ったときにはこちらの記事をどうぞ。
>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG