【ブログでレビュー】​ホワイトハウスコックスのメッシュベルト【写真22枚】

ホワイトハウスコックスのメッシュベルトを購入しました。

社会人2年目が終わろうとしている副業ブロガーの私にとって、ホワイトハウスコックスのベルトは少し勇気のいる値段でした。

買ってどうだったかというと、「この値段なら十分満足できるな!」という印象。

質感もいいですし、所有感も満たしてくれる素晴らしいベルトでした。

今回のブログはホワイトハウスコックスのメッシュベルトについて。他のブログにないくらい深掘りしつつ、素直な感想をお話していきます。

 

今回のブログは『ホワイトハウスコックス』の定番「メッシュベルト」について

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ホワイトハウスコックスはBEAMSをはじめ、百貨店やセレクトショップなどで人気のブランドです。

今回購入したのはそんなホワイトハウスコックスから定番で発売されている、職人が手作業で編み上げたメッシュベルトです。

 

ホワイトハウスコックスとは?

whitehousecox

画像はホワイトハウスコックス公式サイトより

ホワイトハウスコックスは英国三大レザーブランドの一角です。

・ホワイトハウスコックス
・エッティンガー
・グレンロイヤル

ホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏が創設したため、ブランド名をホワイトハウスコックスとしました。

ブライドルレザーという種類の革を使った製品が特に有名で、イギリス王室御用達のブランドにもなっています。

 

メッシュベルトはなぜホワイトハウスコックスの定番なのか

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス) フルグレイン カウハイドレザー メッシュベルト・P2274 #WhitehouseCox

画像はJACQUEMARTより

そんなホワイトハウスコックスですが、今回ブログで紹介するメッシュベルトは定番アイテムになっています。

なぜメッシュベルトが定番かというと、ホワイトハウスコックスが有名になったきっかけのアイテムだからです。

実はこのメッシュベルト、最初は犬用のリードに使われていたのです。

 

ホワイトハウスコックスを有名にしたラルフローレン

画像はホワイトハウスコックス公式サイトより

ポロ・ラルフローレンなどで知られるラルフローレン氏ですが、たまたまホワイトハウスコックスの犬用リードをデパートで見つけたそうです。

そのリードを気に入り、ポロブランドでベルトとして発売したのがこのメッシュベルトの始まりです。

その後ベルトは人気となり、今では英国の高級革ブランドとして知られるホワイトハウスコックスの名前は全世界で知られるようになりました。

▲Whitehouse Cox メッシュベルト
ホワイトハウスコックスで定番と呼ばれているアイテムは2つ。1つはもちろんこのメッシュベルト。

▲Whitehouse Cox 3FOLD WALET
もう1つは3つ折りタイプのコンパクトウォレット。いずれもインパクトはありませんが、丁寧な作りと最高級の素材が使われた長く使える逸品です。

 

なぜ、ホワイトハウスコックスのメッシュベルトが欲しかったのか

ホワイトハウスコックスのベルトの値段は約2万円でした(私が購入したのは32mmモデル、28mmモデルはもう少し安い)

安いベルトはもっとたくさんありますが、なぜこのベルトが欲しかったのか。

魅力を感じた点をお伝えしたいと思います。

 

ホワイトハウスコックスに夢中

実はホワイトハウスコックスの商品を購入するのはこれが初めてではありません。

実はシューホーンキーホルダーも持っています。

このシューホーンの出来が最高で、ツルツルとした革の質感がたまりません。

製品のしっかりとしたクオリティと、英国王室御用達のブランド力。もう、ホワイトハウスコックスに夢中なのです。

 

ホワイトハウスコックスのブランドロゴが目立たない

英国三大レザーブランドの一角なのに、あえてロゴやアイコニックな仕様をとっぱらった姿が最高です。

メッシュベルトの裏地にブランドのロゴが入っているだけ。あえて主張が少ないところにブランドの余裕を感じて惹かれました。

 

ホワイトハウスコックスは仕事用のベルトにちょうどいい

購入したホワイトハウスコックスのメッシュベルトですが、仕事用のベルトとして使う予定です。

他の方のレビューも見る限り、1020年と使えるのは間違いなし!

メッシュベルトは留める位置でサイズを自由に調整できます。太ったり痩せたりしても安心です。

 

ちなみに、「メッシュベルトはカジュアルすぎてスーツに合わせるのはちょっと…」という方はこちらの記事をどうぞ。

Whitehouse Coxのメッシュベルトをビシネス使いする方法について書いてみました。

 

ホワイトハウスコックスのメッシュベルトがどう変化するかブログにしたい!

p2274_navy1

画像はホワイトハウスコックス公式HPより

このブログでは靴の経年変化が人気のトピックだったりします。

話を聞けば、職人が一つひとつ手作業で作るホワイトハウスコックスのメッシュベルトの経年変化はスゴイらしい。

レザー製品好きとしてホワイトハウスコックスのメッシュベルトを育てたくなりました。

 

【レビューの前に】ホワイトハウスコックス メッシュベルトのサイズ選び方

28インチ 30インチ 32インチ 34インチ 36インチ 38インチ 40インチ
32mm 93cm 98cm 103cm 108cm 113cm 118cm 123cm
28mm 93cm 98cm 103cm 108cm 113cm 118cm 123cm

幸いにもホワイトハウスコックスのメッシュベルトのサイズ選びはとても簡単です。

パンツのウエストサイズ+15~20cmの長さのものを選びましょう。

 

メッシュベルトなのでほぼ無段階でのサイズ調整が可能です。

私はウエストサイズが73cm。なので+20cmの28インチを購入しぴったりでした。

ちなみに、ホワイトハウスコックスのベルトには幅が2種類あります。28mmのものと32mmのものです。

幅が変わっても長さは変わらないので、パンツのウエスト+15~20cmを目安に購入してみてください。

 

 

ブログでレビューホワイトハウスコックス メッシュベルト

ホワイトハウスコックスのメッシュベルト、そのファーストインプレッションについてブログにまとめていこうと思います。

 

ホワイトハウスコックス メッシュベルトに使われている素材について

ホワイトハウスコックスのメッシュベルトに使われている素材についてです。

レザー部分はカウハイド。金属部分は真鍮が使われています。

“カウハイド”というレザーを始めて聞いた方もいるかと思います。

カウハイドとは生後2年を経過し、出産を経験したメスの牛の革のこと。子牛の革と比べると丈夫で強く、オスの牛革よりは薄いという両者の中間的な位置付けの牛革。
ベルトに最適な頑丈さと厚さを兼ね備えた素材です。もちろん牛革なので経年変化が楽しめます。
さらに、使われている真鍮も経年変化を足しめる素材です。今は鏡面仕上げにより鏡のような状態ですが、ここから曇った表情にだんだんとエイジングが進むと思います。
p2274_navy2
上記の写真はホワイトハウスコックス公式HPのもの。使い込むほどにこのように味わいのある色へと変化していくはずです。
それから、このメッシュベルトは経年変化が美しいといわれます。その理由はベルトの作り方にあるのです。

ホワイトハウスコックスの職人が1つひとつメッシュを編み込む

このメッシュですが、ホワイトハウスコックスの職人が1つひとつ丁寧に手作業で編み込んでいます。

手作業でメッシュを編むと何がいいか。程よい“ゆとり”が生まれます。このゆとりが良いエイジングを生み出します。

 

程よいゆとりでベルトが締められたり、弛んだりするからなのかホワイトハウスコックスのメッシュベルトは独特なエイジングを生み出します。

これは大量生産されたメッシュベルトでは味わえない経年変化です。

 

画像はユニクロHPより

例えばユニクロのメッシュベルト。ホワイトハウスコックスのものと比べると機械編みで目が詰まっています。

経年変化を楽しみたい場合には物足りないかもしれません。

 

ベルトにあるホワイトハウスコックスのさりげないロゴたち

ベルトの裏側にホワイトハウスコックスのロゴがエンボスで入っています。

表面からは決して見えない部分ですが、所有感につながります。

 

ベルトに光沢があって見えにくいので、ホワイトハウスコックスのシューホーンと一緒に。

 

それから、ベルトの先には「REAL LEATHER HAND MADE IN ENGLAND」という文字が入っています。

 

メッシュベルトはカジュアルにも、ドレスにも

仕事用のベルトとして使おうと購入しましたが、ジーンズに合わせてカジュアルにも使えそう。

購入したのは32mmのモデル。ベルトは一般に太い方がカジュアルな印象を受けます。ジーンズにも合うわけです。

 

しかし、ビジネスにも問題なく使えそうです。光沢があるのでスラックスに合わせても自然です。

もし、もっとビジネスライクに使いたいなら28mmのモデルの方がいいかもしれません。幅が狭いのでもっとスーツに溶け込むはずですよ。

 

ちなみに後ろから見たルックはこんな感じ。黒は特に汎用性が高そうです。

 

ホワイトハウス メッシュベルトを購入するなら

ホワイトハウスコックス メッシュベルトの購入はポイントの付く“楽天市場”や“Yahoo!ショッピング”がおすすめです。

公式サイトなどでは32mmのモデルは19,800円(28mmは18700円)で販売されています。

 

しかし、私は運よく楽天市場のポイント20%還元のタイミングで購入できたので、約16,000円で手に入れることができました。

セールのタイミングなどを狙うと安く購入することができると思います。

32mmと28mmの2種類の幅で展開があるので、好みの方をどうぞ。

▼WhitehouseCox メッシュベルト 32mm

▼WhitehouseCox メッシュベルト 32mm

 

オフラインのためランキングが表示できません