【無印良品】生地からつくる 手打ちパスタを作って食べてみた

以前、無印良品の「フライパンでつくるナン」をブログで紹介しました。

手作りナン

ナンと!無印良品でカレーとナンを購入! 無印のカレーは有名ですが、ナンも売っているのはご存知ですか? ご飯で食べるのもいいですが、ナンで食べると雰囲気が出てよりおいしくカレーがいただけるかも。   […]

 

誰でも簡単にナンが作れる商品で大興奮しながら作りました。

めちゃくちゃ美味しかったです。

 

そしてですね、今回無印を物色していて見つけてしまったのが「生地からつくる 手打ちパスタ」。

あかパンダ
そう、これも自分で気軽にパスタを作れてしまう商品なのです!
ぴーちゃん
作ってみた〜い!!

 

無印で面白いものを発見!“生地からつくる 手打ちパスタ”

購入したのがこちら「生地からつくる 手打ちパスタ」。

そのままですね。

 

パッケージによると…

デュラム小麦を使った手打ちパスタ用の粉です。卵やオリーブオイルなどを加えて生地を作り、お好みのサイズにカットするだけで、コシがありもちもちとした食感の手打ちパスタが手軽に作れます。(商品パッケージより)

とのこと。

 

商品写真を見る限り、フィットチーネのような平麺をつくるイメージでしょうか。

あかパンダ
一般的なパスタみたいに細く切るのは難しそう。

 

ちなみに、パスタソースも無印で揃えました。

  • ドライトマトとアンチョビのペペロンチーノ
  • 紅ずわい蟹のトマトクリーム

無印のパスタソースってハズレがないんですよね。

 

今回は、この「生地からつくる 手打ちパスタ」と「パスタソース」を使ってパスタを作っていきます。

ぴーちゃん
ソースは食べたことがないものを揃えました!楽しみ!

 

生地からつくる 手打ちパスタは190円で50

「生地からつくる 手打ちパスタ」ですが、MUJI 無印商品にて190円で販売されています。

調理時間は50分。

 

つ・ま・り。

ぴーちゃん
50分190円で遊べます!
あかパンダ
遊ぶといういい方はどうかと思うが・・・。

 

生地からつくる 手打ちパスタの作り方

MUJI 無印商品より

では、早速「生地からつくる 手打ちパスタ」を作っていきます。

理想とする姿は以下の通り。

 

MUJI 無印商品より

ぴーちゃん
ただ・・・こんなに上手くできる気がしない・・・。
あかパンダ
精一杯頑張らせてもらいますので・・・

 

用意が必要なもの

最初に必要な材料をまとめます。

  • デュラム小麦(生地からつくる 手打ちパスタ本体)
  • 水(卵+水で110gになるように)
  • オリーブオイル
  • 小麦粉(打ち粉用)
  • 食塩(生地用)
  • 食塩(茹でる用)
  • お湯(2L)

 

ぴーちゃん
次に、使用する道具は以下の通りです。
  • ボウル
  • はかり
  • 調理ベラ
  • ラップ
  • まな板
  • めん棒
  • 包丁

 

材料を混ぜて生地をつくる

「生地からつくる 手打ちパスタ」の生地を準備していきます。

 

まず、ボウルをはかりにのせ、卵と合わせて110gになるように水を注ぎ入れます。

そこに食塩を入れて箸で混ぜていきましょう。

 

十分混ぜたら、デュラム小麦とオリーブオイルを入れて調理ベラで十分混ぜていきます。

 

調理ベラで生地がまとまるまで混ぜたら、今度は手で混ぜていきます。

ぴーちゃん
これが結構力が必要です!筋トレになるかも!

5分を目安に手でこねたら、生地を2等分にしてラップで包みます。

ぴーちゃん
この状態で室温で15分寝かせます。
麺をねかせている間に麺を茹でるお湯(2L・塩小さじ1)を沸かし、パスタソースも温めておきましょう。

生地を伸ばして包丁で切る

次のステップ。生地をめん棒で伸ばして、包丁で切っていきます。

 

2等分した生地の1つに打ち粉を振って、めん棒で伸ばします。

あかパンダ
目標は30×30cm、厚さ1mm!!

ただ、我が家にはそんなに大きなまな板はなく・・・

 

できる限り長く伸ばして包丁で切っていくことにします。

ぴーちゃん
大丈夫、味は変わらないんだ…と自分に言い聞かせます。

最終的にこんなふうになりました。

ぴーちゃん
フィットチーネフィットチーネ♪
切り終わった生地には打ち粉をして、麺同士がくっつかないようにします。
あかパンダ
いよいよ麺をゆで上げていきます!

 

生地をゆで上げる

最後の工程は麺のゆで上げ。

パスタソースと絡めて仕上げていきます。

 

水2Lに塩小さじ1を入れて沸騰させます。

そこに麺を入れて、3分間茹でていきます。

ぴーちゃん
茹ですぎないように注意!
茹で終わったら、パスタソースとあえて完成!
あかパンダ
お疲れ様です!美味しいパスタができた…はず!
すぐに麺を茹でない場合には、ラップで包んで冷蔵庫で保管しましょう。

 

生地からつくる 手打ちパスタを食べてみた感想

パスタソースとあえて完成です!

右が「紅ずわい蟹のトマトクリーム」で、左が「ドライトマトとアンチョビのペペロンチーノ」。

ぴーちゃん
さて、味はどうでしょうか?
パスタソースが美味しいのは当たり前ですが、パスタ自体も美味しかったです!
太めの平打ち麺(フィットチーネってことで)はコシが強くて食べ応え抜群。味もきちんとパスタです!
太さが違うのはご愛嬌ってことで。
あかパンダ
自分で作ると美味しさもひとしおです!

 

【まとめ】生地からつくる 手打ちパスタを作って食べてみた

まとめです!

今回は無印良品の「生地からつくる 手打ちパスタ」を作ってみました。

値段は190円と手頃で、所要時間は50分ほど。

あかパンダ
時間を忘れて楽しくパスタが作れました。
正直、上手く作れたとはいえないかもしれませんが、この値段だったらリベンジしてみてもいいかも。
ぴーちゃん
おうち時間を楽しく過ごすために、とてもオススメなアイテムです。
>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG