ブログのテーマを決めよう|ずっと書き続けられるカテゴリーの考え方

ブログを始める際に非常に重要なのが「テーマ」です。

 

テーマを決めずに適当に記事を書いていると、バラバラな内容の記事が乱立することになります。

こうなってしまうと読者は混乱してしまいます。

 

また、テーマ選びを誤ると記事の執筆に行き詰まってしまうことも。

これでは当然PV数も伸びませんし、収益だって上がりません。

 

今回はそうならないためにテーマの決め方をバッチリ解説していきます。

あかパンダ
また、ずっとブログを書き続けられるカテゴリーの選び方にも触れていきます。

 

ブログのテーマを考えよう

今回の記事ではブログのテーマの重要性を知ってもらった後に、ブログのテーマの決め方を解説していきます。

 

あかパンダ
まずはブログのテーマの重要性についてお話ししていきましょう。

 

ブログのテーマを“適当に決めると”どうなるか

ブログのテーマを適当に決めるとどうなるか考えてみましょう。

 

まず、色々なカテゴリー(ジャンル)の記事が乱立することになります。

ファッションの記事やガジェットの記事。

食事の記事もあったり、オーディオの記事もあるかもしれません。

 

一つひとつは面白い記事だったとしても、まとまりがないと読者はその記事だけを読んで帰ってしまいます

あかパンダ
せっかく記事を書いてもみてもらえないのはとても辛いです。

 

ブログのテーマを“しっかりと決めると”どうなるか

一方で、ブログのテーマが固まっているとどうなるでしょうか。

ブログの記事に関連性があり、一つの記事を読んだ読者が他の記事にも目を向けてくれるようになります。

 

1人の読者が2つ、3つと記事を読んでくれればそれだけPV数は増加します。

また、商品を購入するチャンスだって大きくなります。

あかパンダ
テーマを決めてブログ運営することであなたのブログをしっかり読んでもらえるようになります。
では、ブログのテーマをどうやって決めれば良いでしょう?
鍵は“ジャンル”にあるんです。

 

ブログの“テーマ”は“ジャンル”を決めた後で

よくブログのテーマとジャンル(カテゴリー)を同じものだと考えている人がいます。

しかし、これは全く異なるものです。

 

ブログ全体に関するテーマがあって、そのテーマに対してジャンルがあるイメージです。

あかパンダ
例を挙げるとこんな感じです。

例えば・・・・

テーマ:美しくなる

ジャンル:化粧品、ダイエット、サプリメント…etc


 

ただし、テーマを決めた後にジャンルを決めるよりも、ジャンルを決めてからテーマを決めるのがおすすめです。

理由は、得意なジャンルありきの方がブログの記事が書きやすいから。

 

ブログを辞める原因で多い「記事のネタが無くなった」を避けることができます。

あかパンダ
「ジャンルとタイトルの決め方」については後ほどお話ししていきます。

 

目指すべきは雑誌ブログである

テーマがあって、その下に色々なジャンルの記事がある。

この構造、何かに似ていませんか?

 

そう、雑誌です。

雑誌には大抵明確なテーマ(狙うターゲットと言い換えてもいいです)があります。

そしてそれにレギュラーページがあったり、特集があったりします(これがジャンルやカテゴリーにあたる)。

 

例えば、この記事を執筆しているのは12月なので、「ファッションが好きな若者に向けた雑誌(テーマ)」と仮定して今月号のジャンルを考えてみます。

 

  • ヘビーアウター特集
  • おすすめのクリスマスの過ごし方
  • 冬のファッションスナップ

それぞれジャンルは異なりますが、“ファッションが好きな若者”というテーマには則していると思います。

 

あかパンダ
目指すべきはこんな雑誌のような構造のブログ(=雑誌ブログ)です。

 

「特化ブログ」と「雑記ブログ」

ブログは昔から大きく2種類に分けられてきました。

  • 特化ブログ
  • 雑記ブログ
あかパンダ
この2種類です。

特化ブログとは

「特化ブログ」とは“ジャンル”を絞ったブログです。

 

メリットは「音楽」なら「音楽」、「温泉」なら「温泉」のように的を絞ることで読者に刺さる記事を書けます。

あかパンダ
一般に収益も上げやすいと言われるのもこのタイプです。

 

しかし、デメリットもあります。

それは記事のネタ切れが早く、知識を多く持っていなければ挫折してしまうこと。

 

特化ブログの特徴

  • 記事が読者に刺さりやすい
  • 収益を上げやすい
  • ネタ切れが早い

 

雑記ブログとは

一方で、特化ブログの対局にあるのが「雑記ブログ」です。

「雑記ブログ」は“テーマがないブログ”のこと。

 

思ったこと、感じたこと、起こったことを好きに書くブログです。

これならネタ切れの心配はあまりありません。

あかパンダ
しかし、ジャンルもバラバラでタイトルもないので収益化やPV数を集めるのは難しいです。

特化ブログの特徴

  • ネタ切れの心配が少ない
  • 収益化やPV数を集めるのが難しい

 

特化と雑記の間にあるのが「雑誌ブログ」

そして、特化ブログと雑記ブログの間にあるのが「雑誌ブログ」です。

あかパンダ
この概念が出てきたのは結構最近。

 

雑誌ブログでは特化ブログよりも大雑把にテーマを決めます。

  • 人生を豊かにする情報を発信する
  • ミニマルに生きるための情報を発信する

 

このような感じで大きなテーマを決めて、それにそったジャンルを展開していきます。

 

ジャンルに幅があるので特化ブログのようにネタ切れを起こす心配も少ないです。

さらに、テーマのおかげで記事にまとまりが生まれるのでPVや収益も伸びやすいといいことづくめ。

 

あかパンダ
私はこの「雑誌ブログ」をあなたにおすすめしたいです。実はこのブログも雑誌ブログなのです。

 

最強のジャンルはあなたの好きなこと

私がこれからブログを始めるあなたにおすすめしたいのは「雑誌ブログ」です。

 

さて、ここからは具体的な話に入っていきます。

「ジャンル(カテゴリー)の決め方」と「テーマの決め方」についてです。

 

あかパンダ
先に話した通り、ジャンルを決めてからジャンルを決めるのがおすすめです。

 

先にテーマを決めてしまうと、無理にテーマにジャンルを合わせようとして失敗することがあります。

 

結局、ブログはたくさん記事を履けるかが重要です。

“最強のブログのジャンルはあなたの好きなこと”なのです。

 

あかパンダ
最初に書くジャンルをいくつか決めて、ジャンルを包括するテーマを決めるのがおすすめ。

 

あなたの“好き”はあなたが思っているよりもスゴい

「あなたの好きなことについてブログを書きましょう」というと、大抵の人はこんな反応をします。

 

ぴーちゃん
でも私、好きなだけでそんなに知識もないし・・・
ぴーちゃん
でも私、好きなだけでそんなに上手くもないし・・・
自分の好きなことを発信することに自信を持てないのです。

 

しかし、あなたの“好き”はあなたの思っている以上のパワーになります。

 

 

  • 美味しいお店を教えたら友達が気になって食べに行った
  • 便利なものを教えたら友達も買った
  • おすすめのYoutuberを教えたら友達もハマった
あかパンダ
こんな経験は皆さんありませんか?
小さなことかもしれませんが、これはあなたの“好き”が人を動かした瞬間です。
実はあなたの好きはとっても大きな力で、人を動かす力を持っています。
例えば、私はブログで好きな靴を紹介していますが、靴職人さんの知識量にはかないません。
今もこうやってブログのことを解説していますが、上には上がいます。
でも、それでも情報を必要としてくれる人はいるのです。
人は感情で動くもの。
“好き”が伝わると読者を突き動かすことができます。
あかパンダ
なので、恐れずにあなたの好きなものをブログで発信してみてください。きっと楽しいです!

 

基準はそのジャンルで50記事書けるかどうか

すみません、少し脱線しました。

 

ジャンル選びの話に少し戻ります。

ブログのジャンルですが、あまりにもジャンルが多岐にわたるとそれはもはや雑記ブログと変わらなくなってしまいます。

 

ジャンルを決める際には一つの基準として、「そのジャンルで50記事書けるか」を考えてみてください。

 

例えば、カメラというジャンルを考えます。

  • 愛用のカメラ紹介
  • 各カメラメーカーの特徴
  • 初心者におすすめのカメラ
  • 一眼レフとミラーレスの違い・・・etc

のようにたくさん思いつくならOK。

 

50記事というのはあくまで参考値ですが、これであまりに記事が思い付かないようであれば一考の余地ありです。

あかパンダ
基本的には好きなことであれば50記事くらいは書けるようになると思います。

 

ブログは継続することでPV数も収益が上がる

なぜ、こんなに記事数にこだわるかというとブログは継続するとPV数も収益も上がるような仕組みになっているから。

 

ブログの記事を更新すると、消えることなくどんどんと積み重なっていきます。

記事が増えるとその分広い範囲をカバーできるので読者も増えます。

あかパンダ
読者が増えPV数が増えると収益も増えるというわけです。

 

1日100PVを獲得できる記事が1本あるのも、20PV獲得できる記事が5本あるのもPV数の上では同じです。

高いPV数を獲得できる記事をたくさん書けるのが理想ですが、最初は難しいです。

 

まずはたくさん記事を書ける環境を整え、ブログの基礎をしっかり学ぶのが重要です。

 

どうしてもブログのテーマが決まらなかった時には

まずジャンルを決める、そしてジャンル(カテゴリー)を包括できるテーマを決める。

これが私のおすすめするブログのテーマの決め方です。

 

しかし、どうしてもブログのテーマが決まらないという場合もあるかと思います。

あかパンダ
そんな時にはこんな方法があります。

 

好きな雑誌を買ってみる

まず、本屋さんへ行きましょう。

 

そして雑誌コーナーを物色してみてください。

気になった雑誌を手によって読んでみてください。

 

すると、なんとなく「これくらいの年代の人を狙っているんだな」とか、「こんな趣味の人がターゲットなんだな」というのがわかってきます。

その上で自分の感性に近い雑誌があれば購入して研究してみましょう。

あかパンダ
ジャンルとテーマを決めるのに大いに役立ってくれるはずです。

 

好きなYoutuberチャンネルを見てみる

雑誌とほぼ同様の方法ですが、好きなYoutubeチャンネルを観察してみるのも良いでしょう。

普段ファッションについて紹介しているYoutuberでも、ライフスタイルについての動画をあげていたり、食事の動画をあげていたりします。

 

あかパンダ
あなたに感性の近いYoutuberからブログのジャンルとテーマについて刺激を受けるのもおすすめです。

 

好きなことを100個書き出してみる

最後に、「紙」と「ペン」を用意して“好きなこと”を100個書き出してみてください。

 

好きなモノではありませんよ、コトです。

音楽とか、歴史とか、チェ・ゲバラとかなんでもOK。

 

書き出したら、似ているジャンルをまとめてグループにしていきます。

ジャンルを包括するテーマを決めるように、好きなことのグループを包括するジャンルを決めるのです。

 

あかパンダ
古典的な方法ですがとっても効果のある方法です。

 

まとめ:ブログのテーマを決めよう|ずっと書き続けられるジャンルの考え方

今回はブログのテーマとジャンル(カテゴリー)についてお話ししてきました。

記事の内容を簡単にまとめましょう。

 

ブログのテーマ選びを適当にすると、PV数でも収益でも伸び悩むことになってしまうかも。

まずはジャンルを決めて、その後にそれを包括するタイトルを決めましょう。

 

そして、特化ブログと雑記ブログのいいとこ取りの「雑誌ブログ」を目指してブログにするのがおすすめ。

あかパンダ
ネタ切れの心配もなく、読者にしっかりと読んでもらえるブログが完成するはずです。

 

ブログをやってみたいと思ったら

私の記事ですと、この辺りが参考になるはず。

ブログの定番「WordPress」を使った始め方について詳しく説明しています。

こちらもぜひご覧になってみてください。

 

>Dr.Martens 全品対象5%オフ

Dr.Martens 全品対象5%オフ

Dr.Martens公式HPにて全品対象5%オフのクーポン発行中!メンバーシップ会員&LINE友だち限定のプレセールも実施中。

CTR IMG