【ポロシャツの定番】ラコステとフレッドペリーを比べて違いを探してみる

ポロシャツの定番といえば「ラコステ」と「フレッドペリー」。

ポロシャツを購入しようというときに、この2つのブランドで悩む方も多いのではないでしょうか?

 

あかパンダ
 そんなあなたのために、今回は両ブランドのポロシャツを比較してみようと思います。

比較してみることで一層それぞれのキャラクターについて知ることができると思うからです。

 

【広告】5ヶ月で動画編集のプロになる

ポロシャツの王道「ラコステ」と「フレッドペリー」

ポロシャツの王道といえばやっぱり「ラコステ」と「フレッドペリー」。

そんな2ブランドにはそれぞれ定番のポロシャツがあることをご存知ですか?

 

ラコステの名作ポロシャツ「L.12.12」

ラコステの名作ポロシャツは「L.12.12」。

現代的なポロシャツの原点といっていいアイテムです。

 

鹿の子素材をポロシャツに使ったのはラコステの「ルネ・ラコステ」が初めて。

グッと絞られた袖口やサイドスリットがスポーティでありながら上品です。

 

さらに、ボタンにも“黒蝶貝(白のものは“本貝”)”が使われていて、大人のラグジュアリーな一着に仕上がっています。

 

合わせて読みたい

今回、記事で紹介していくのはフランスのブランド『LACOSTE(ラコステ)』のポロシャツ。 その中でも現代のポロシャツの原型となった「L.12.12」に焦点を当ててみたいと思います。   実際に“フレラコ[…]

あかパンダ
「L.12.12」のレビュー記事はこちらをどうぞ。

 

フレッドペリーの名作ポロシャツ「M12」

フレッドペリーの名作ポロシャツは「M12」。

ラコステとはうってかわって、二重のラインが入ったカジュアルで若々しいデザインが特徴です。

 

「M12」という名前は、ブランドの創設者でありデザイナーのフレデリック(フレッド)・ジョン・ペリーが12番目にデザインしたことを受けてのもの。

「M12」が名作として名高いワケはいくつかありますが、私は“カジュアルとフォーマルの絶妙なバランス感覚”が最大の理由だと思います。

 

カジュアルに見えますが、実はシルエットはフォーマル寄り。

そして使われているボタンや材料も良いものですし、縫製も丁寧です。

オシャレのポイントは“カジュアルとフォーマルの塩梅”だと思いますが、そのいい塩梅を一着で表現しているのがフレッドペリーの「M12」なのです。

 

合わせて読みたい

『FRED PERRY(フレッドペリー)』の名作ポロシャツといえば「M12」。 “ラコステのL.12.12”と並び飛び抜けて評価の高いポロシャツです。   今回は実際に「M12」を購入してみたのでそのレビ[…]

あかパンダ
「M12」の詳しいレビュー記事もあります。

 

今回はラコステから「L.12.12」、フレッドペリーから「M12」を例にしてサイズやでティールを見比べていきます。

 

「ラコステ」と「フレッドペリー」、2つのポロシャツの共通点

この投稿をInstagramで見る

Anuk Neteru(@alkebulanqueen)がシェアした投稿

「ラコステ」の創設者「ルネ・ラコステ」は多くの功績を持つフランスのプロテニスプレイヤーでした。

 

一方、「フレッドペリー」の創設者「フレデリック(フレッド)・ジョン・ペリー」もイギリスの偉大なプロテニスプレイヤーです。

 

この2人には“プロのテニスプレイヤー”という共通点があります。

ポロシャツの特徴はドレッシーで優雅なデザインでありながらも清涼感のある優れた素材を使い快適に着ることができること。

この特徴は「テニス」という競技を快適かつ美しくプレイしようとした2人のポロテニス選手の功績によって生まれたのです。

 

あかパンダ
フランスとイギリス、国は違えど“快適で美しい服”を求めた結果が今回紹介するポロシャツなのです。

 

「ラコステ」と「フレッドペリー」のポロシャツを比較してみる

では、実際に「ラコステ」の「L.12.12」と「フレッドペリー」の「M12」を見比べて見ましょう。

あかパンダ
見比べたり触ってみて気づいたポイントを3つに分けてお伝えしていきます。

 

「ラコステ」と「フレッドペリー」のポロシャツの違い:素材感

どちらのポロシャツも素材には「鹿の子」が使われています。

ニット生地の一種。表面に凹凸があるため、肌に触れる面積が小さく清涼感がある。また、通気性にも優れているためスポーツウェアにも使用される。

 

あかパンダ
使われている素材は同じ「鹿の子」ですが、実際に生地を触ってみるとそれぞれ違いがあります。

 

「ラコステ」のものは「フレッドペリー」よりも生地が厚め。

 

「フレッドペリー」は凹凸が少ないですが、それに比べて「ラコステ」は少し凹凸が大きいように思います。

あかパンダ
触り心地は柔らかいですが、「ラコステ」の方が番手の太い糸が使われていそうです。

ただ、着心地はほとんど変わりませんでした。

「ラコステ」も「フレッドペリー」もどちらも快適な気心地です。

 

「ラコステ」と「フレッドペリー」のポロシャツの違い:デザイン

同じポロシャツですが、デザインには結構差があります。

まず気がつくのはラインです。

「フレッドペリー」の「M12」には二重のラインが入っています。

 

それから袖口の部分。

「ラコステ」の「L.12.12」は袖口にリブがあり、腕に吸い付くような感じ。

一方、「フレッドペリー」の「M12」は袖口が絞り込まれていません。

 

最後にサイドスリットです。

「ラコステ」にはサイドスリットがある一方、「フレッドペリー」にはサイドスリットがありません。

 

ライン 袖口 サイドスリット
ラコステ:L.12:12 あり リブで絞り込まれている あり
フレッドペリー:M12 なし ゆるいリブ なし
あかパンダ
「ラコステ」は“洗練された”“スポーティー”という感じ、「フレッドペリー」は“カジュアル”なデザイン。

「ラコステ」と「フレッドペリー」のポロシャツの違い:サイズ感

「ラコステ」の「L.12.12」と「フレッドペリー」の「M12」はサイズ感もちょっと違います。

 

ラコステ L.12.12のサイズ感

2サイズ 3サイズ 4サイズ 5サイズ 6サイズ
身丈 69 69.5 71 72.5 74
肩幅 42 44 46 48 50
身幅 48 51 54 57 60
“袖丈” 20 21 22 23 24

 

 

フレッドペリー M12のサイズ感

36サイズ 38サイズ 40サイズ 42サイズ 46サイズ
身丈 66 68 70 72 72
肩幅 40 41 43 45 48
身幅 47 49 52 55 59
“袖丈” 22 23 24 25 26

 

  • ラコステ 3サイズ → フレッドペリー 38サイズ
  • ラコステ 4サイズ → フレッドペリー 40サイズ
  • ラコステ 5サイズ → フレッドペリー 42サイズ

こんな感じでサイズが対応しそう。

 

「ラコステ」と「フレッドペリー」で各部のサイズを比べてみると、「肩幅」「身幅」はラコステが広め。

一方、身丈は「フレッドペリー」が短めです。

あかパンダ
サイズ感だけみるとフレッドペリーの方がシャープですね。

 

「ラコステ」と「フレッドペリー」のポロシャツ、どっちがおすすめ?

これまで「ラコステ」の「L.12.12」と「フレッドペリー」の「M12」を比較してきました。

 

あかパンダ
「どちらのポロシャツがおすすめか?」はとても難しい質問です。

人によってどちらがおすすめなのかは変わってくるので、それぞれどんな人におすすめできるのかお話ししていきます。

 

「ラコステ」のポロシャツがおすすめな人はこんな人

「ラコステ」の「L.12.12」はシンプルですが細部に細かなこだわりが見られるモデル。

フレッドペリーのポロシャツよりも“大人”で“知的”な印象を受けます。

 

黒蝶貝を使ったボタンやサイドスリットなど細かな部分でも一才妥協のない作りも妥協を許さない大人にこそ相応しいポロシャツだと思います。

あかパンダ
また、シンプルなので重ね着で使いたい人にも「L.12.12」はおすすめできるでしょう。

 

こんな人に「L.12.12」がおすすめ

  • 上品なポロシャツが欲しい
  • シンプルなポロシャツが欲しい
  • ポロシャツを重ね着で使いたい

 

「フレッドペリー」のポロシャツがおすすめな人はこんな人

「フレッドペリー」の「M12」はラコステに見られないラインが入ったりと、カジュアルなポロシャツです。

インパクトがあるアイテムなので、一枚で着たい方におすすめ。

 

また、ラコステよりもサイズ感がコンパクトで締まった印象です。

あかパンダ
スタイルを良く見せたい方にもおすすめできるでしょう。

こんな人に「M12」がおすすめ

  • ポロシャツで様になるポロシャツが欲しい
  • スタイルをよく見せたい

 

「ラコステ」「フレッドペリー」のポロシャツの買い方


LACOSTEより

「ラコステ」の「L.12.12」ですが、“日本モデル”と“フランスモデル”が販売されています。

 

“日本モデル”は“フランスモデル”と比べると日本人の体型に合わせて若干サイズがタイトな作りになっています。

あかパンダ
しかし、おすすめしたいのは“フランスモデル(通称フレラコ)”です。

 

MODERN BLUEより

なぜかというと、フランスモデルは日本モデルに比べて半額以下の価格で購入できるから。

 

“日本モデル”が15,400円のところ、“フランスモデル”は7,000円程度で購入できます。

あかパンダ
“フレラコ”は日本人にも高い評価を得ています。私が購入したのも“フレラコ”ですが、サイズ感に違和感はありません。
JACKPOTより
続いて、フレッドペリーですが、フレッドペリーの場合には基本的にどこでも定価での販売です。
そこでおすすめしたいのが、楽天市場やYahoo!ショッピングのようなポイントを得られるサイトで購入すること。

私は楽天市場のJACKPOTさんで購入し14,300円と値段はほぼ変わりませんでした。

しかし、ポイントが3,217ポイント付きましたので、実質11,083円で購入できたことになります。

 

あかパンダ
「ラコステ」も「フレッドペリー」も、うまく安く手に入れてくださいね。欠品が多くなる夏前の購入が特におすすめです!
ラコステ L.12.12

フレッドペリー M12

>Dr.Martens 全品対象5%オフ

Dr.Martens 全品対象5%オフ

Dr.Martens公式HPにて全品対象5%オフのクーポン発行中!メンバーシップ会員&LINE友だち限定のプレセールも実施中。

CTR IMG