気になるトリッカーズ バートンのエイジングをまとめてみた

今回はトリッカーズ バートンのエイジングについて。少し前に購入したブラックカーフのバートンですが、エイジングによる変化が気になります。

 

BOURTONについて

初めてのTricker's(トリッカーズ)はカントリーブーツだった筆者。約1年ぶりにもう一足トリッカーズを買い足すことにしまして、選んだのは短靴タイプのBURTON(バートン)でした。 今回はそんなトリッカーズ、バートンについて詳しく[…]

そこで、今回はSNSを中心にトリッカーズ バートンの経年変化の情報を集めたので記事にまとめたいと思います。

愛用中のブラックカーフだけでなくバートン全色のエイジングについて紹介していきます。

 

 

クリックしてドクターマーチン公式サイトをCheck!

トリッカーズ バートンのエイジングが気になる

購入したトリッカーズの定番シューズ「バートン」がこちら。色はブラックカーフを選びました。

“ブラックカーフ”に“エイコンアンティーク”なdp、トリッカーズの靴のカラーはおしゃれな名前が多いですよね。

 

そして買って終わりではないのが革靴。革靴は履きこむことでの経年変化も楽しみの一つです。

 

 

 

トリッカーズ バートン、購入後1ヶ月でのエイジング

買ってまだひと月くらいしか経っていないトリッカーズのバートン。しかし、エイジングの片鱗は見て取れます。

 

一番エイジングが出やすいのはなんといっても履きジワ。週末しか履く機会がないので、まだ5回も履いていない気がしますが、シワが入って自分のものになった感があります。

 

あとはここからどんなふうに色味が変わっていくのか。ブラック系なので大きな変化はないかも知れませんが、それでも気になります。

そして他のカラーがどんなエイジングを見せるのかも気になります。

 

 

トリッカーズ バートンのカラーは5色

トリッカーズ バートンのカラーは全部で5食。

 

  • ブラックカーフ(左上)
  • エイコンアンティーク(右上)
  • マロンアンティーク(左下)
  • エスプレッソバニッシュド(下中央)
  • シーシェイドタン(右下)

基本的には黒(ブラックカーフ)と茶色ですが、茶色の濃さによって名前が変わります。

 

これだけ色の種類のあるトリッカーズのバートン。それぞれ一体どんなエイジングが楽しめるのか。SNSで検索をかけて経年変化をまとめてみます。

 

 

トリッカーズ バートン 全色のエイジング

では、ここからはトリッカーズ バートンの経年変化の様子についてです。

主にTwitterとInstagramから情報を収集しました。

 

写真を投稿していた方はどなたも革靴好きなようで、さまざまな革靴の投稿をされていました。ぜひ、アカウントを覗いてみてほしいと思います。

 

 

トリッカーズ バートン:ブラックカーフのエイジング

まずはブラックカーフのエイジングからです。革靴は基本的に色が濃いほど経年変化を感じにくいもの。オーナーの方を見るとトゥの部分にワックスを塗って変化を出している印象。

エイジングが少ないということは、購入時に近い雰囲気をより長く楽しめるということ。自分で手を加えて変化を楽しみたいですね。

 

では、エイジングをどうぞ。

 

 

 

 

トリッカーズ バートン:エイコンアンティークのエイジング

エイコンアンティークはバートンの中で最も色味の薄いモデル。なのでバートン兄弟の中では最もエイジングが楽しめるでしょう。

 

では、エイコンアンティークのエイジングをどうぞ。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まこ(@ma.ko3899)がシェアした投稿

 

 

トリッカーズ バートン:マロンアンティークのエイジング

マロンアンティークは赤っぽい茶色。名前にマロンとある通り栗色という表現がしっくりくるカラーです。

 

では、マロンアンティークの経年変化をどうぞ!

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KINchan’s shoes diary(@para_kin_boot)がシェアした投稿

 

 

トリッカーズ バートン:シーシェイドタンのエイジング

シーシェイドタンはトリッカーズ バートンのラインアップの中でちょうど中間の濃さにあたるモデル。エイコンアンティークほど薄くもなく、マロンアンティークほど濃くもない絶妙な立ち位置です。

 

では、シーシェイドタンのエイジングをどうぞ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

12(@tony_the_shoes)がシェアした投稿

 

 

 

トリッカーズ バートン:エスプレッソバニッシュドのエイジング

エスプレッソバニッシュドは黒に近いくらい濃いめの茶色。「もしかしたら黒と勘違いして買ってしまう人もいるのではないか!?」と不安になります。

 

それでは、エスプレッソバニッシュドのエイジングをどうぞ!

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Motoki(@motoki_1988)がシェアした投稿

 

 

トリッカーズ バートンの美しいエイジングを楽しむために

ここまでトリッカーズ バートンのエイジングを見てきました。それぞれのカラーで異なる経年変化をしていて、どのモデルを選ぶか迷った方も多いのではないでしょうか。

 

美しいエイジングを楽しむにはケアも欠かせません。

ここからはバートンの美しい経年変化を楽しむためにしたいメンテナンスについてお話ししていきます。

 

 

こまめなブラッシングをお忘れなく

革靴の基本の手入ればブラッシング。ブラッシングはほこりを落とすだけではなくて、ツヤを出したり持続させる効果もあります。

 

というのも革靴のアッパーにほこりが付いていると革の栄養がほこりに奪われてしまうのです。なのでブラッシングは栄養を長持ちさせるのにもツヤを持続させるのにも重要というわけ。

 

 

バートンに合った靴クリームを選ぶ

そして重要なのが靴クリーム。これには選び方があります。

ブラックカーフのバートンであれば黒の靴クリームで問題ありませんが、茶色のバートンであれば本体の色よりも薄いクリームを選ぶようにしましょう。

 

濃いクリームを選んでしまうとバートンに色の濃淡ができてしまうことがあります。

基本的には本体よりも薄い色の靴クリームを使って栄養を入れるようにしましょう。

 

 

トリッカーズ バートンの美しいエイジングを楽しもう

今回はトリッカーズ バートンのエイジングについて紹介してきました。

どのバートンも美しいエイジングなので、一番は選べませんね…。

 

あなたのお気に入りはどのカラーのエイジングでしょう?購入する際にはその後のエイジングも考えてみてくださいね。