大学の入学式におすすめの革靴について【選び方・ブランド・全部解説】

大学への入学が決まったみなさん、合格おめでとうございます。

これから迎える入学式。そしてキャンパスライフ。楽しみですね!

 

さて、入学式に参加する際、男性ならスーツスタイルが多いと思います。そうなると足元は当然革靴になるわけですが、これが初めて購入する革靴になる方も多いのではないかと思うのです。

 
あかパンダ
実際に私も、入学式に合わせてフォーマルな革靴を購入しました。

 

今回は大学の入学式に合わせて、どうやって革靴を選んだらいいのか解説。

おすすめの革靴の条件やブランドなど徹底的にお話ししていきます。

 

 

クリックしてドクターマーチン公式サイトをCheck!

大学の入学式におすすめの革靴について

今回は大学の入学式におすすめの革靴についてお話ししていきます。颯爽とスーツを買いに行っても、意外と疎かになりがちな足元。

しかし、「おしゃれは足元から」といわれるように、革靴のイメージは非常にファッションを左右します。

 

どうすれば大学の入学式にふさわしい格好いい革靴が購入できるのか、紹介していきましょう。

 

 

大学の入学式におすすめの革靴の条件を考えよう

まずは、筆者があなたににおすすめする、「大学の入学式におすすめの革靴」についてその条件を考えます。

 

自分が大学に入学するときのことを考えて、「こう選べば後悔しなかったな…」という条件を挙げてみました。

 

※筆者は某スーツブランドの革靴を選んで後悔しました…。

 
あかパンダ
見た目は良かったんですが革がペラペラですぐに履けなくなってしまいました。

 

 

条件1:何よりも大学の入学式にふさわしい、格好いい革靴であること

https://berwickjapan.co.jp/より

何よりも大切なのは、入学式で履きたい!と思える革靴かどうか。見た目が好きでないものを買ってもテンションが下がるだけです。

一生に一度の大学の入学式だと思うので、後悔のないように自分好みのデザインを探しましょう。

 
あかパンダ
ちなみに、今回紹介するブランドは革靴の型数が多いものを選んでいます。

 

 

条件2:革靴の値段が高すぎないこと

三陽山長より。良い靴でも高いとなかなか手が出せない

大学入学は何かと出費がかさむもの。親御さんがお金を出すにしても、あまり高いものをおいそれと買ってとはいえないですよね。

本当は“グッドイヤーウェルト”という製法で作られた革靴が履き心地も良く、長く愛用できるのでおすすめです。しかし、値段は5万円ほどは覚悟しなくてはありません。革靴としては一般的な金額ですが、高いのは間違いありません。

 

楽天市場より。しかし安かろう悪かろうでは意味がない

なので今回おすすめするブランドは、グッドイヤーウェルト製法なのに安いコスパの高いブランドと、製法は異なりますが安くてそれでも長く履けるブランドに限りました。

最安値で15,000円ほど、高くても3万円ほどで購入できるものを選びました。

 

 

条件3:最低でも大学在学中は履き続けられる革靴であること

いい革靴は手入れをすればいくらでも長く履き続けられる

大学生活の中では、多くはありませんがスーツを着用する機会があります。イベントであったり、ゼミであったり、卒業論文の発表であったり、それから成人式だって。

なので大学生活の4年間、いや、大学院にまで行くのであれば6年間くらいは履き続けられる革靴を選んでみました。

 
あかパンダ
紹介するブランドは、値段に対して非常に品質の良いブランドばかりです。

 

 

大学の入学式に履きたい革靴、選び方のポイント

さてさて、大学の入学式におすすめの革靴の条件はこれまでお話ししてきた通り。

  1. 格好いい革靴であること
  2. 値段が高すぎないこと
  3. 大学在学中は履き続けられること

 

これと同時に、革靴を選ぶときにできれば気をつけてほしい選び方のポイントが2つあります。

 

 

革靴の色はできれば黒を選ぼう

一つ目のポイントは、革靴の色について。できれば黒色の革靴を選びましょう。

 

理由は、これから就活などで革靴を買い足す時、黒用のメンテナンス用品をそのまま流用できるから。

茶色の革靴は素敵ですが、管理が大変ですし茶色の濃淡に合わせてメンテナンスグッズをたくさん購入しなければなりません。

 
あかパンダ

今後を考えると、黒が最も手間もお金もかかりません。

 

 

ローファーは避けてストレートチップの革靴を

 ローファーの意味をご存知でしょうか?実は“怠け者”という意味です。

 

革靴は形によってフォーマル・カジュアルが決まっています。とりあえず最初の一足はストレートチップがおすすめ。とくに内羽根式であればもっともフォーマルな形なので冠婚葬祭で使えます。

ストレートチップが好きでない場合にはプレーントゥがおすすめ。その他、モンクシューズなどでも良いでしょう。

 

 

大学の入学式におすすめの革靴ブランド3つ

では、お待ちかねのおすすめ革靴ブランドについてです。

おすすめの革靴ブランドは3つ。

 
あかパンダ
どれも値段以上のクオリティを誇るブランドだと、自信を持っておすすめできます。

 

おすすめ革靴ブランド1:REGAL

https://shoes.regal.co.jp/shop/default.aspxより

革靴の値段は約3万円。安くはありません。しかし、筆者が一番おすすめしたいのは「REGAL(リーガル)」です。

 

https://shoes.regal.co.jp/shop/default.aspxより

高品質な革を職人がグッドイヤーウェルト製法で仕上げた革靴を3万円ほどで購入できるのは、正直あまりに安いです。

 

筆者イチオシは「2504 NA」。プレーントゥですが、リーガルを代表するモデル

手入れをすれば大学在学中どころか就職後だって履くことができるでしょう。もし、良いものには多少お金を出してもいいというのであればリーガルがおすすめ。長い目で見れば間違いなく一番安い革靴です。

 

\\楽天市場では2万円台前半から購入可//

 

 

おすすめ革靴ブランド2:Berwick 1707

https://berwickjapan.co.jp/より

2つ目のブランドは「Berwick1707(バーウィック)」です。

バーウィックはスペインのブランドで、リーガルと同じくグッドイヤーウェルト製法が得意なブランド。

 

https://berwickjapan.co.jp/より

製法をできる限り機械化することでコストを抑え、3万円を切る価格で良質な革靴を購入できます。

 

「5224BCGBK」などは冠婚葬祭に履ける一足

こちらも大学での生活中はもちろん、その後も長く付き合える革靴ブランドです。

\\Berwickの革靴はポイント還元のあるショップで//

 

 

おすすめ革靴ブランド3:KENFORD

https://shoes.regal.co.jp/shop/default.aspxより

 最後におすすめするのはKENFORD(ケンフォード)。実はリーガル同じ会社が出しているリーガルの兄弟ブランドです。

 

https://shoes.regal.co.jp/shop/default.aspxより

リーガルとは異なる簡易的な製法(セメンテッド製法)で作られていて、長く履くのには不向きです。しかし、木型や使われている革の素材などはリーガルと遜色ないものです。

 

「KN62ACJ」はのルックスは15,400円で買えるクオリティではない。とっておきの高見え革靴

手入れをすれば、大学の入学式から卒業くらいまで綺麗に履き続けられると思います。

何よりほとんどのモデルが15,000円程度とまさに破格。利益が出ているのか心配になります。

\\ケンフォードの革靴をお手頃に//

 

まとめ:大学の入学式におすすめの革靴について【選び方・ブランド・全部解説】

今回は大学の入学式におすすめの革靴についてお話ししてきました。

 

紹介したブランド3つはどれを選んでも後悔しないはず。筆者イチオシのブランドです。

格好いい革靴と共に、大学での素晴らしい時間が過ごせるよう応援しています!