今回はSEO対策のお話。

その中でも内部対策と呼ばれるものについてお話しします。

 

内部対策とは一体どんなものなのかから、具体的に何をすべきなのかまでお話します

とりあえず、基本的な内部対策はこれでOKです!

 

SEO内部対策とは一体どんなもの?

SEO対策は大きく内部対策・外部対策に分けられます。

SNSなどを使って、外からブログの対策を行う外部対策とは逆に、内部対策とは「サイトマップの作成」など自らのサイトの中で行うSEO対策のことです。

内部対策と外部対策については、「【ブログ初心者】SEO対策の押さえておきたい基礎をまとめてみた」で触れています。

あかパンダ
内部対策については知識0でOK!具体的な方法も解説するよ!
ぴーちゃん
でも、内部対策はなんで大切なの?

 

内部対策はなぜ重要なの?

内部対策がなぜ大切かというと、内部対策を行うことでGoogle(クローラー)にブログのコンテンツを正しく伝えることができるからです。

どんなにいい記事を書いたとしても、ブログを見て回っているクローラーはロボットです。

ロボットに伝えるには伝え方が大切です。

【SEOの前提知識】検索エンジンとはなにか正しく理解しておこう!」で紹介していますが、検索順位は以下のプロセスで決まっています。

クローリングではGoogleのロボット(クローラー)が巡回し、サイトの情報を集めるわけですが、その際に良質なコンテンツをしっかりと作っているのだと伝えることが必要です。

もちろん優良なコンテンツを本当に作っているのが大前提です。

【ブログ初心者】SEO対策の押さえておきたい基礎をまとめてみた」でも話しているように、『ブラックSEO』のような抜け道を使ったような方法はNGです。

 

それでは、ここからは具体的な方法に移っていきます。

ぴーちゃん
ユーザーに役立つコンテンツを作っているのが大前提なんだね!
あかパンダ
そう!あなただから書ける、オリジナリティのあるコンテンツが重要だよ!

ブログの表示速度はできるだけ速くしよう

Googleは表示速度に力を入れており、ユーザビリティの面でも速度が遅いとそれだけで離脱する人も増えます。

Googleが表示速度に力を入れているという、その証拠がAMPです。

AMP=Accelerated Mobile Pages
モバイル端末でサイトを高速で表示させるための仕組み。
AMPはGoogleとTwitterが共同で立ち上げたオープンソースプロジェクト。
モバイル端末でサイトを高速で表示させるための仕組みで、SEO的にも表示速度が速いほうが上位になりやすいことがわかっています。
ページの速度の確認を行う際にはGoogleの「ページスピードインサイト」を使いましょう。
ぴーちゃん
なかなかページが表示されないとイライラするもんね

カテゴリーを使って階層構造にする

トップページからできるだけ速く各記事に到達できるようにしましょう。

上の画像のように、カテゴリーを使って階層化にするのがいいです。

目安としては、全てのページにトップページから2クリック以内に到達できる「3階層構造」がいいとされています。

あかパンダ
ページがどこにあるのかわかりにくいのは避けよう!

 

h1タグには必ずキーワードを入れる

h1タグにはGoogleがページの内容を把握するために一番に見る部分です。

h1タグにはページの内容に関わるキーワードを必ず入れるようにしましょう。

 

また、次の項目もこれに少し関わってきます。

 

見出しタグはしっかりと構造化する

見出しタグはしっかりと順番通りに使いましょう。

見出し1の下にすぐ見出し3が来るなどないようにしましょう。

Googleのクローラーが適切にページの情報を読み取れなくなってしまいます。

あかパンダ
ユーザーにとっても使いやすくなるよ!

 

サイトマップを送信する

サイトマップとはサイトにどのようなコンテンツがあるのか一覧で見ることができるページのことです。

検索エンジンに対してサイトの内容をわかりやすく伝える役割があります。

また、サイトマップには「XMLサイトマップ」「HTMLサイトマップ」があります。

XMLサイトマップ

・検索エンジンが通常検出できないページを知らせてくれる。
・新しいページの存在をより早くクローラーに認知してもらえる。

XMLサイトマップの役割は上の通りです。

主にクローラー・Googleの検索エンジンに対して重要なサイトマップです。

XMLサイトマップの作り方

プラグインの「Google XML Sitemaps」を使ってサイトマップを作り、Google Search Consoleにサイトマップを送ればOKです。

詳しく書いてあるブログがありましたので、HTMLマップについても触れた後に載せておきます。

 

HTMLサイトマップ

ユーザーが実際に目にするサイトマップのことで、膨大なサイトページをユーザーにわかりやすく表示する役割を担っています。
HTMLサイトマップはユーザビリティに関わるサイトマップです。
ユーザーに必要なサイト情報を提示することで、サイト内の周遊性を高める役割もあります。

HTMLサイトマップの作り方

・プラグインを使って自動生成を行う

・手動でサイトマップを作る

の2つの方法があります。
XMLサイトマップ・HTMLサイトマップ共にバズ部さんの記事に詳しい作り方が載っています。
わかりやすいので「SEO効果アップ!サイトマップの仕組みと理想的な作成方法を紹介」を読んでみてください。

グローバルナビをテキストで表示する

グローバルナビ(=グローバルナビゲーション)はサイトの主要なページへのリンクのことです。

検索エンジンに対して重要なコンテンツだと伝える役割があります。

クローラーにしっかりと内容を認識してもらうためにも、テキストで表記しましょう。

あかパンダ
クローラーはロボット。伝わりやすい工夫が必要だよ!

 

ページネーションを数字で設定する

ページネーションはページの下部などにある記事の切り替えの部分です。

これが「次のページ」や「前のページ」になっていることもあります。

Googleのクローラーにしっかりと認識してもらうためにも「数字」での設定がおすすめです。

クローラーが巡回しやすくなります。

ぴーちゃん
ロボットさんに正しく伝えよう!

 

問題のあるページを残さない

重複するページや、リンク切れのあるページなどが無いようにしましょう。

SEO的にもよくないばかりか、ユーザビリティーも下がってしまいます。

Googleサーチコンソールやプラグインなどで確認が可能です。

あかパンダ
せっかく開いたページのリンクが切れていたら嫌だもんね!

最後に:SEO対策は進化を続ける

Googleがアルゴリズムの修正を行う限り、それに対応するようにSEO対策もどんどん変化していくでしょう。

そのためにも日頃の情報収集が必要です。

うまく情報を集めて、自分のブログやサイトのSEO対策を続けましょう。

 

ぴーちゃん
ブロガーの戦いはこれからも続く…!
あかパンダ
あれ!?打ち切り最終回かな!?
>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG