【レビュー】G.H.BASS LOGANで後悔する前に必ず読んでください

今回紹介するのはG.H.BASS(ジー・エイチ・バス)というブランドのローファーです。

最初にいうのもなんですが、本当に素晴らしいローファーです。

でもです、ちょっと後悔してしまうポイントもあるかも?

 

この記事でG.H.BASS LOGAN(ローガン)について学びましょう!

きっとあなたにも似合うはずですから。

 

G.H.BASSってどんなブランド?

G.H.BASSは1876年にアメリカのメイン州ウィルトンで、ジョージ・ヘンリー・バスによって設立。それまで靴屋で働いていたジョージは、労働者が履く靴やアウトドアシューズの出来に疑問を持ち、自ら靴を作ることを決意したことが始まりだった。 そのミッションは「目的に合った最高の靴」をつくること。 G.H.BASSは耐久性の優れた革を使い、快適な靴やブーツをつくることに成功。アメリカの精神を具現化したG.H.BASSは、世代を超えてあらゆる人々に愛され、やがてアメリカの歴史のひとつになった。それは新たな領域にチャレンジすることに価し、新しいアメリカンの文化になることを示していた。

G.H.BASS 日本公式オンラインショップより

G.H.BASS(ジー・エイチ・バス)はローファーが有名なブランドです。

私が所有しているのもローファータイプのG.H.BASS。

その名前はG.H.BASS LOGAN(ローガン)です。

 

この後、このLOGANについて紹介していきます。

歴史のあるこのローファーは、まさしく”ローファーの中のローファー”です。

丈夫な上に安く、さらに素晴らしいファッションアイテムなのです。

 

G.H.BASS LOGANの特徴について

G.H.BASSのその素晴らしい特徴についてお伝えします。

見た目が良いのは写真からでも分かる通り、当たり前。

なので写真では伝わらない部分をお伝えしていきましょう。

G.H.BASS LOGANこそ本物のローファーです

G.H.BASS LOGANのような形のローファーのことをペニーローファーやコインローファーと呼びます。

この形のローファーの原型がこのG.H.BASSのローファーなのです。

 

ペニーローファーの語源は、ローファーの甲にある切れ込みに1セント硬貨を挟めるのが学生の間で流行したところから来ています。

1セント硬貨の別名はペニー硬貨。

だからペニーローファーというわけです。

このローファーを履くことは、ローファーの歴史そのものを身につけることです。

 

マイケルジャクソンもダンスに選ぶ堅牢性

この写真は私の購入当時のG.H.BASS。

購入から1年半以上履いていますが、ツヤも落ちていませんし頑丈そのものです。

頑丈さを証明する驚きのエピソードをご紹介しましょう。

 

キング・オブ・ポップのマイケルジャクソン。

彼の有名なムーンウォーク。

この時に足元を飾っているのは紛れもなくこのG.H.BASSのローファーです。

マイケルジャクソンがダンスで選ぶだけの履きやすさ、さらに耐久性をこの靴は持っているのです。

 

一流のローファー、なのに価格は超良心的

さらに特筆すべき点があります。

履きやすくて耐久性もあるこのローファー。

そのブランドヒストリーから考えても、間違いなく一流のローファーです。

 

ですが、価格は我々庶民でも十分手が届く設定なんです。

公式サイトでは価格は25,300円でした。

しかし、楽天などで扱っている輸入品は1万円弱から売られています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ゲリラ価格】 ジーエイチバス G.H.BASS PENNY LOGAN 490…
価格:11599円(税込、送料無料) (2020/5/20時点)

楽天やYahoo!ショッピングに出店しているショップは本物を扱っているかどうかの審査を受けた上で商品を販売しています。

値段は安いですがG.H.BASSを安心してお得に購入することが可能です。

 

G.H.BASS LOGANのおすすめポイント

さて、ここからはG.H.BASS LOGANをあなたにおすすめしたいポイントについてです。

私が実際にG.H.BASS LOGANを履いて感じたことをお伝えしていこうと思います。

G.H.BASS LOGANの手入れは簡単

G.H.BASSのローファーは手入れが簡単なところが気に入っています。

アッパーに使われているレザーは光沢の強いガラスレザー。

光沢が長続きするのはもちろんですが、汚れがつきにくいですし、たとえ汚れても簡単に拭き取ることができるのです。

どんな時でも綺麗な状態で履くことができるのでいざという時でも安心です。

 

【手軽に始める】ドクターマーチン初心者のための基本の靴磨き」で行なっているように定期的にメンテナンスを行なっていますが、そうするとさらに愛着もわきます。

素材が近いので、私が好きなドクターマーチンのケアで使っている道具がそのまま利用できるのもいいところです。

 

ソールは2種類、よく曲がって履き心地は上々

このローファーにはソールが二種類あります。

ラバーソールレザーソール。

私はクラシックなスタイルがエレガントだと感じ、レザーソールを選びました。

このソールはケアが必要になりますが、一足もレザーソールの革靴を持っていないのでケアにも挑戦してみたかったのです。

普通レザーソールの革靴はもっともっと高価ですから、この体験は非常に価値のあるものでした。

 

一方、ラバーソールは多少の雨の日でも歩くことができるよう加工が施されており、レザーソールのようなメンテナンスは必要としません。

G.H.BASS LOGANの見た目を楽しみたいという方は、ラバーソールを選ぶことでより長い時間身に着けることができます。

 

また、このG.H.BASSは歩きやすいのも特徴です。

マッケイ製法という方法で作られているのですが、これが素晴らしい。

歩くときの足の形に合わせて靴がしなり、履きごごちが非常に柔らかいです。

私は実は、G.H.BASSが初めてのローファーでした。

履き心地を気にしていたんですが、その心配は無用だったようです。

 

夏でも履ける革靴がG.H.BASS LOGAN

革靴は足が蒸れますよね。

夏に長時間革靴を履くのは避けたいところです。

しかし、格好がカジュアルになりすぎる夏こそ革靴が履きたくなるんです。

 

Tシャツにパンツを合わせただけのスタイルだと、あまりにラフで恥ずかしい。

そこにアクセントを加えてくれるのがドレス寄りの靴。

だからこのG.H.BASSにはとっても重宝しています。

 

履き口が大きいので夏でも足が蒸れません。

春や秋には靴下の色で遊ぶのも面白いですよ。

でも、冬は寒いのでローファー自体おすすめできません。

 

G.H.BASS LOGANで注意したい点

もちろん、G.H.BASS LOGANには欠点だってあります。

雨の日に向かないとか、冬は寒いという欠点には触れてきました。

この他に強いていうなら、私が所有しているG.H.BASS LOGANの欠点はレザーソールのメンテナンスです。

レザーソールは定期的なメンテナンスが必要で、その方法もアッパーとは違って面倒です。

汚れを拭き取って、油を入れることが必要になってきます。

専用の道具が必要ですし、時間もかかりますから。

 

靴磨きが好きな私みたいな人間ならレザーソールもおすすめです。

しかし、手軽に楽しみたいという場合にはラバーソールがおすすめです。

 

G.H.BASSの口コミについて

アイビールックなコーデに欠かせないG.H.BASS。

それにしても当時のポスターの画像なんていったいどこで見つけたんでしょう。

G.H.BASSの歴史が分かるツイートでした。

 

並行輸入でG.H.BASSのローファーを購入された方のツイートです。

私も話題にあげましたが、G.H.BASSの魅力はそのコスパの高さ。

そして履き潰したとしてもまた同じものを手に入れられるという安心感もあります。

きっと長くあなたの足元を支えてくれると思いますよ。

 

 

G.H.BASSの古いモデルに関してのツイート。

履き込んではありますが、まだそのツヤと風格は健在です。

アメリカ国内での生産は残念ながら終了していますが、その技術とノウハウはしっかりと受け継がれています。

私のG.H.BASSも育つのが楽しみです!

 

G.H.BASS LOGANでワンランク上を目指そう

G.H.BASSというブランドと、LOGANというローファーについて知っていただくことはできたでしょうか。

長く付き合える一足です。

あなたの魅力をきっと引き出してくれますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ゲリラ価格】 ジーエイチバス G.H.BASS PENNY LOGAN 490…
価格:11599円(税込、送料無料) (2020/5/20時点)

おすすめはこのショップ。

評価が高く、私が見た時点では値段が送料無料で11,599円でした。

ただ、在庫切れがほどんどでした。

並行輸入品のため、入荷があまり安定していないのかもしれません。

在庫の確認をこまめにしてみてくださいね。