【コダック】インスタントカメラプリンターについて種類や特徴を解説

写真を気軽に印刷できる、KODAK(コダック)のインスタントカメラプリンター。

印刷した写真はとっても綺麗。

部屋に飾ってよし、日記やフォトブックに貼り付けてもよしの人気商品です。

 

そんなインスタントカメラプリンターですが、種類が多いのでどれを買えばいいのか迷ってしまいます。

あかパンダ
この記事ではインスタントカメラプリンターの種類や特徴についてわかりやすくお話ししていきます。
ぴーちゃん
あなたにぴったりなプリンターが見つかるはずですよ。

 

コダックのインスタントカメラプリンター

今回はコダックのインスタントカメラプリンターについて、種類を解説していきます。

現在販売されているモデルも複数種類あるので、それぞれの特徴についても解説。

ぴーちゃん
この記事を読めばあなたがどのモデルを選べばいいのかわかるはず!
レビューはこちら

今回は、Kodak(コダック)のインスタントカメラプリンターを購入して使ってみたレビュー記事です。 スマホくらいの大きさのカメラですが、写真の撮影から印刷までできてしまうという素晴らしい製品。 ぴーちゃん 部屋[…]

あかパンダ
インスタントカメラプリンターのレビュー記事はこちらをどうぞ。

 

カメラ付きのモデルとカメラなしモデル

まず、押さえて欲しいポイントがあります。

今回はインスタントカメラプリンターという名前で同じ扱いをしていますが、カメラ付きのモデルと無しのモデルがあるということ。

あかパンダ
カメラ付きのモデルを“インスタントカメラプリンター”。
カメラ無しのものを“インスタントプリンター”と呼びます。

 

カメラあり:インスタントカメラプリンター

  • Kodak Instant Camera Printer C300
  • Kodak Mini Shot 3レトロ
  • Kodak Instant Camera Printer C210
  • Kodak Mini Shot 2レトロ

カメラありのモデルは以上の4つ。

あかパンダ
主に印刷できる写真の大きさと、見た目が異なります。

 

カメラなし:インスタントプリンター

  • Instant Printer P210
  • Instant Printer P300

続いて、カメラ無しのモデルはこの通り。

この2つのモデルでは印刷できる大きさが異なります。

ぴーちゃん
また、カメラ付きのモデルよりも安価なのも特徴。

 

インスタントカメラプリンターの種類について

 カメラ付きの、コダック・インスタントカメラプリンターの種類についてお話していきます。

写真のサイズが3×3インチ(1インチ=25.4mm)のものと、名刺サイズのものがあるのでそれぞれ分けて解説します。

印刷できる写真のサイズは2種類。
・3×3インチ(1インチ=25.4mm)
・名刺サイズ91mm×55mm がある。

コダック:3×3インチモデル(スクエア)モデル

3×3インチ。つまり、正方形の写真を印刷できるモデルです。

3インチ=76.2mmなので、ブロックメモ帳よりも一回り小さいくらいのサイズ感。

ぴーちゃん
インスタントの投稿写真を撮影する感覚で撮影ができますね。
  • Instant Camera Printer C300
  • Mini Shot 3レトロ

この3×3インチの写真を印刷できるモデルがこの2つ。

順番に解説していきます。

 

Kodak Instant Camera Printer C300

ポップなカラーのインスタントカメラプリンターC300。

コダックらしいイエローとホワイトの2色展開です。

サイズは130mm×105mm。

 

厚みは30mmで大きな突起物などがないので、小さめのバッグに忍ばせておけるサイズ感です。

ぴーちゃん
これは各モデル共通ですが、銀色の部分は自撮り用の鏡になっています!

 

Kodak Mini Shot 3レトロ

C310と性能的には同じ。しかし、レトロなフェイスが遊び心をくすぐるのがMini Shot 3レトロです。

カラーはイエローとホワイト。

カメラの部分が少し出っ張っているので、スリムさではC300に軍配が上がるでしょう。

あかパンダ
しかし、このノスタルジー感あふれる見た目に心を掴まれた方も多いのでは?

 

コダック:名刺サイズモデル

名刺サイズ(91mm×55mm)で印刷できるのがこのモデルの特徴です。

名刺は黄金比(人間が美しいと感じるサイズ比)でできており、名刺ホルダーが使えるのもメリット。

あかパンダ
写真を安価に整理することができますね。

 

Kodak Instant Camera Printer C210

C300と同じようにポップなカラーを採用したC210。

こちらもイエローとホワイトの2色展開です。

C300との違いは印刷できる写真のサイズのみなので、どんな写真を印刷したいかで選んでよいでしょう。

ぴーちゃん
こちらもスリムな設計。バッグに入れて持ち運ぶのに適していますね。

 

Kodak Mini Shot 2レトロ

C210と同様、名刺サイズの写真が印刷できるのがMini Shot 2レトロ。

色はもちろんイエローとホワイト。

違いはやはりノスタルジックな見た目です。

あかパンダ
「名刺サイズの写真が撮りたい!」「おしゃれなカメラを持ち歩きたい!」 という方にはとてもおすすめです!

 

インスタントプリンターの種類について

続いて、カメラ機能を排除したインスタントプリンターをご紹介します。

 

インスタントプリンターの使い方ですが、スマホとの連動が必要。

写真をBluetoothを使ってインスタントプリンターに送ることで印刷が可能です。

あかパンダ
もちろん、インスタントカメラプリンターもスマホから写真を送って印刷することができますよ!
  • Instant Printer P300
  • Instant Printer P210

ラインアップはこの2つです。

 

Kodak Instant Printer P300

インスタントプリンター P300は3×3インチの写真を印刷できるモデル。

C300譲りのポップなカラーが特徴です。

カラーはイエローとホワイト。

 

カメラ機能がない分値段は安価で、大きさもC300と比べるとコンパクトです。

ぴーちゃん
カメラ機能が必要ないならインスタントプリンターがいいでしょう。

 

Kodak Instant Printer P210

イエローとホワイトの2色展開。

コダックのインスタントカメラプリンターについて表にまとめてみる

名前 写真サイズ カメラ Bluetooth
Kodak Instant Camera Printer C300 3(76.2mm)×3インチ
Kodak Mini Shot 3レトロ 3(76.2mm)×3インチ
Kodak Instant Camera Printer C210 91mm×55mm(名刺サイズ)
Kodak Mini Shot 2レトロ 91mm×55mm(名刺サイズ)
Kodak Instant Printer P300 3(76.2mm)×3インチ ×
Kodak Instant Printer P210 91mm×55mm(名刺サイズ) ×

←スクロールできます→

インスタントカメラプリンターについて、それぞれの特徴を表にまとめました。

この表を元にあなたに合うコダックのインスタントカメラプリンターがどれなのか探してみましょう。

 

自分に合うインスタントカメラプリンターの選び方

あかパンダ
まず、カメラ機能が必要かどうか考えましょう。
カメラ機能があるインスタントカメラプリンターですが、カメラの性能はあまりよくありません。
綺麗な写真を印刷したいのなら、スマートフォンや一眼レフカメラなどで撮影した写真をBluetoothで送るのが一番。
カメラを使わないのならインスタントプリンターが安価でおすすめです。

カメラ機能が必要ないなら、安価で頑丈なインスタントプリンターがおすすめ。スリムで持ち運びにも重宝する。

ぴーちゃん
写真のサイズは正方形と名刺サイズから好きなものを!
あかパンダ
カメラが必要ならインスタントカメラプリンターを選びましょう。
インスタントカメラプリンターの違いは「写真のサイズ」と「デザイン」。
写真のサイズに関しては正方形・名刺サイズから好みの方を選びましょう。
デザインはノスタルジックなデザインが好きならレトロタイプを。これも好みですね。

写真のサイズ」と「デザイン」で決める。性能的に大きな違いはない。

ぴーちゃん
レトロタイプのものの方が値段は若干高いです。
>クリックでドクターマーチン公式サイトへ

クリックでドクターマーチン公式サイトへ

本ブログではドクターマーチンに関する記事が大人気です。公式サイトへのリンクを用意しましたのでこちらからどうぞ。最近では定期的にクリアランスセールなども行っていますので、定期的なサイトへのアクセスがおすすめです。

CTR IMG