トリッカーズのバートンはスーツに合わない?合わせてもいいのか解説

人気の英国革靴ブランド「Tricker’s(トリッカーズ)」。その中でも定番なのが美しいブローグが特徴のカントリーシューズ「BOURTON(バートン)」です。

 

そんなバートンですが、スーツに合わせて履いても問題ないのでしょうか?バートンを実際に愛用している筆者も合わせていいものか迷っています。

 
あかパンダ
スーツに合わせるには装飾がちょっと効きすぎている気がするんですよね。

 

今回はバートンをスーツに合わせるのはアリなのかナシなのか、いろいろ調べてきましたのでまとめていこうと思います。

 

筆者のTricker’s購入ショップはこちら

▶︎CLOUD SHOE COMPANY を見る

 

 

クリックしてドクターマーチン公式サイトをCheck!

トリッカーズ バートンはスーツに合わない?

最初に結論から。トリッカーズのバートンはスーツに合いません。

 

ただ、勘違いして欲しくないのが似合う似合わないの話ではなく、どちらかというと“TPOの問題からスーツに合わせることは好ましくない”というのが表現として最も適切な気がします。

なぜ、トリッカーズバートンをスーツに合わせるべきで無いのかはバートンの出生の秘密とフォーマルファッションについて知れば明らかです。

 

 

トリッカーズ、バートン誕生のヒミツを知るとスーツに合うかわかる

トリッカーズのバートンがなぜスーツに合わないか、まずはバートンがどのように誕生したのか知っておきましょう。

 

 

1829年イギリス生まれのトリッカーズ

Tricker’sの創業はなんと1829年。イギリスで最も歴史ある革靴ブランド

トリッカーズは英国で最も歴史の古い革靴ブランドといわれています。創業は1829年のことで、革靴の名門たちが工場を今でも構えるノーザンプトンという地区に看板を立てました。

 

ただ古いだけでなく、英国王室御用達の印であるロイヤルワラントを持つ非常に実力のあるブランドでもあります。

 
あかパンダ
なんでもチャールズ皇太子のお気に入りのブランドなのだとか。

 

 

トリッカーズといえばカントリーシリーズ

そんなトリッカーズですが、ブランドを代表するのが「カントリーシリーズ」の革靴たちです。バートンも“カントリーシューズ”なのでこの「カントリーシリーズ」のファミリーの一員。

 

バートンの他、ストウやモールトンと呼ばれる“カントリーブーツ”のモデルも「カントリーシリーズ」の一員。どのモデルもウイングチップにメダリオンの装飾が施されており格式高いイメージです。

 

モールトンの購入レビュー

この度、憧れのTricker's(トリッカーズ)の革靴を購入しました! あかパンダ もうテンションマックスです!!   購入したのは同ブランドを代表するモデル、MALTON(モールトン)のカラー[…]

 

 

カントリーブーツは元々狩りのための靴だった

晴れやかなイメージのメダリオン。元々は水捌けをよくするためのディティール

現代に生きる私たちの目には、一見するとカントリーブーツやカントリーシューズは豪華で手の込んだフォーマルで格式高い革靴に見えるのではないでしょうか。

しかし、カントリーブーツに見られる特徴は、実は狩りに出かける際に実用性を高める目的のものがほとんどです。

 

 

カントリーブーツやカントリーシューズはイギリスの上流階級の人々が田舎(カントリー)へ狩りに行く際に履いた靴がルーツ。そもそもトリッカーズの「カントリーシリーズ」の革靴はフォーマルなシーンのために生まれたものではないのです。

 

 

スーツはフォーマル、バートンはカジュアル

スーツは本来フォーマルなもの。トリッカーズのバートンはあくまでカジュアルな見た目の革靴なので本来持つイメージに温度差があります。

 

スーツに合わせるべきはフォーマルな革靴

最もフォーマルなブラックでストレートチップ、内羽根式の靴(REGALより)

スーツに合わせるのはやはりフォーマルな革靴が最適解。フォーマルな革靴というのは一般に「ストレートチップ」か「プレーントゥ」で「内羽根式」の革靴です。

 

Tricker’sより

一方バートンは「ウイングチップ」で「外羽根式」の革靴。なので、残念ですがフォーマルとはかけ離れたイメージになります。

 

 

カジュアルなバートンはスーツが必要なフォーマルシーンには合わない

カジュアルなバートンはいくらフォーマルな見た目をしていても、スーツを必要とするシーンには合いません(少なくとも最適とはいえません)。

 
あかパンダ

スーツが必要な場面ではバートンは避けるのが吉。

 

格式高いパーティーや結婚式などは避け、ビジネスで履く場合にはオフィスカジュアルが許される場面で履くようにしたいものです。

 

 

スーツに合わせるならフォーマルなバートンを

オフィスカジュアルが許されるような、どちらかという服装に自由度のある会社ではバートンを履いていても問題ないでしょう。そんな際にはぜひ選んでほしいバートンの中でもフォーマルなモデルがあるのでご紹介したいと思います。

 

 

スーツに合わせるフォーマルなバートンとは?

Tricker’sより

まず、オフィスカジュアルでジャケットにバートンを合わせる際には色味に注意しましょう。選ぶべきはブラック。ブラウン系の色はどうしてもカジュアル感が強すぎるため、ブラックなど色味の濃いものを選ぶようにしましょう。

 

Tricker’sより

そしてソールの種類にも注意を。バートンにはレザーソールとダイナイトソールのモデルが用意されていますが、選ぶべきはレザーソールのモデル。

 
あかパンダ
ダイナイトソールはソールの凹凸が外からわかるくらい激しいので避けるとよりフォーマルになります。

 

 

フォーマルなバートンをスーツに合わせよう

“ブラック”で“レザーソール”のバートンは公式サイトから購入することができます。値段は約10万円。正直高いですが、並行輸入品を狙えば半額近い価格で狙うことも可能です。

 

 

例えば、私が実際にバートンを購入したこのショップ。バートンが5万円台の価格で販売されています。並行輸入品をうまく活用して賢くトリッカーズバートンとの生活を楽しんでくださいね。

 

筆者のTricker’s購入ショップはこちら

▶︎CLOUD SHOE COMPANY を見る

 

 

まとめ:トリッカーズのバートンはスーツに合わない?合わせてもいいのか解説

まとめです。トリッカーズのバートンは狩りのために誕生したカジュアルな革靴。なのでスーツが必要とされるフォーマルなシーンには合いません。

 

ジャケパンが許されるようなオフィスカジュアルOKの会社では問題なく履くことができるでしょう。そしてできる限りフォーマルなシーンにバートンを合わせたいという方は“ブラックでレザーソール”なバートンを選ぶこと。

以上。「トリッカーズのバートンはスーツに合わない?合わせてもいいのか」でした。