ドクターマーチン3ホール43ヶ月履いてのどこよりも詳しいレビュー

ドクターマーチンの3ホールを履いてから、気づけば43ヵ月も経っていました。

大学生の頃に購入し、気づけばもう社会人2年目です。

このドクターマーチンには大学の通学やデートなど様々な場面で世話になりました。

というか、現在進行形で活躍中なのでお世話になっています。

今回は43ヵ月ドクターマーチンを履いての感想や、経年変化などについて撮影した写真と共に詳しく話していこうと思います。

 

 

ドクターマーチン3ホールってどんな靴?

ドクターマーチン3ホールは日本で一番スタンダードなドクターマーチンでしょう。

街中で見かけるドクターマーチンのほとんどはこの3ホール。

日本でとっても愛されているこのドクターマーチンの歴史は意外に長く、1961年までさかのぼります。

1960年に発売されたドクターマーチンの8ホール。

これがオリジナルのドクターマーチンですが、3ホールのドクターマーチンはセカンドモデルのドクターマーチンです。

正式名称はドクターマーチン1461 3ホールシューズ。

1461の意味は1961年の4月1日に発売されたことを表しています。

 

使われている素材はスムースレザー。

水に強く、光沢が長続きするとってもタフな素材です。

3ホールは季節やファッションを問わずに身に付けることができるので、とても汎用性の高い一足です。

 

そんなドクターマーチン3ホールは私が初めて手に入れたドクターマーチンです。

購入してからもう43ヶ月を数えます。

年に直すと、3年と7ヵ月です。

 

ドクターマーチン3ホールを43ヶ月履いて思うこと

今回は43ヶ月の間このドクターマーチンを履いてきて感じたこと・わかったことをみなさんにお伝えしていこうと思います。

初めにいうと、この靴は最高の相棒になってくれました。

ドクターマーチンにハマるきっかけを作ってくれた、かけがえのない一足です。

 

まずは43ヵ月履いてきての経年変化についてお話ししていきます。

どれだけドクターマーチンがタフなのか知っていただけたら幸いです。

 

ドクターマーチン3ホールの経年変化について

それではドクターマーチンの経年変化についてお話ししていきましょう。

第一印象はいかがでしょう?

思っていたよりも綺麗ですか?それともヨレヨレ?

細部にわたって詳しく見ていきましょう。

アッパー部分の経年変化

まずお話ししていくのは靴のアッパーの経年変化についてです。

ドクターマーチンに使われているレザーの種類はスムースレザー。

ガラスレザーとほぼ同じ素材です。

この素材の特徴は、革の表面に加工を加えて光沢を出しているため水に強いということ。

普通のレザーの場合、雨の日に履いてしまうと最悪シミになってしまいます。

定期的に油分を補給するなどでこれはある程度防ぐことができますが、革は本来水に弱い素材なのです。

しかし、スムースレザーの場合には表面に加工施してあるため水に強い仕様になっています。

雨の日でも構わずに履いていますが、シミなど水に関するトラブルはこれまで一度もありませんでした。

 

続いては履きジワについてです。

革靴の経年変化で一番大きいのは履きジワです。

あなたの足の形や歩き方に合わせてドクターマーチンには履きジワがついていきます。

これが私の履きジワ。

定期的なメンテナンスをしていることと、長く履かない場合にはシューホーンを入れて保管しているので状態は悪くないと思います。

 

歩く際にはこのように履きジワが付きます。

履き始めのまっさらなドクターマーチンも美しいですが、履きジワが入って自分だけのドクターマーチンに進化した姿をみると感慨深いものがあります。

 

それから、もう一箇所こちらは残念ながら履きジワがついてしまった部分があります。

それは靴のかかとの部分です。

この部分にシワが入ってしまった理由は、靴紐をしっかりと緩めずに繰り返し履いてしまったから。

 

写真のようにかかとを押し込む形で無理に靴を履いてしまうとこのような履きジワがついてしまいます。

靴紐を緩めてから履くか、靴べらを使って履くことをオススメします。

私はいつも携帯用の靴べらを持って歩くようにしています。

かかと部分のシワを防ぐことができるのでオススメですよ。

 

ドクターマーチンソール部分の経年変化

続いてはドクターマーチンのソールについてです。

ドクターマーチンを履き込むことでどれくらいソールは減るのでしょうか。

ドクターマーチンのソールは特別製。

オリジナルのソールを装備しています。

このソールですが、中に空気が入っていて弾むような履き心地。

さらに摩耗にも非常に強いという素晴らしい仕様なんです。

43週間はいたとしても、写真のように先端部分が少し削れているだけでまだまだ現役です。

ドクターマーチンを300足売ったブロガーがその魅力をまとめてみた

ソールについては上の記事をどうぞ。

ドクターマーチンについての魅力と豆知識をまとめてみた記事です。

 

前からだけでなく、後ろからもソールの減りを撮影してみました。

前よりもソールの減りは目立ちますが、それでもまだまだ現役です。

下からのアングルなので減っているように見えますが、目線くらいからみてみるとソールが減っているようには全く見えません。

 

ドクターマーチンのソールがいかに丈夫であるか、再確認できました。

また、ドクターマーチンはグッドイヤーウェルト製法という作り方でソールが取り付けられています。

たとえソールが減ったとしても交換することが可能なのです。

ドクターマーチン純正のソールは出回っていませんし、ドクターマーチンの製造元でのリペアは行なっていません。

なのでビブラムソールなどにソールを変更することにはなってしまいますが、それだけ長く履いてやることができます。

もっともソールが異様に頑丈なので購入してから当分はそんな心配はいらないでしょう。

 

ドクターマーチン純正の靴紐に一度交換しました

履いていて約二年ほど経った時でしょうか、靴紐の毛羽立ちが気になって一度交換をしました。

純正品がおよそ700円ほどで売られています。

毛羽立ちが目立ってきた購入するのがオススメです。

結構見た目にも影響してくる部分です。

 

靴紐ですが、どんな靴でも外羽に擦れるうちに少しずつ摩耗していくものです。

ドクターマーチンの場合、純正でも様々な色の靴紐が発売されています。

白や黄色など靴紐の色を変えて楽しむのもありです。

 

インソールの状態について

アッパー部分についてはお話ししたので、今度は靴の内側のお話です。

内側に関しては特に経年変化などは見当たりません。

ただ、靴のかかとが当たる部分にはスレが見られます。

 

それがこの部分。

靴べらを差し込んで履くことが多いからか、かかとがぶつかるからなのかはわかりませんが、少し痛みが発生していることがわかります。

とはいえこちらも履けなくなるようなものではありませんし、まだまだ当分は履くことができるでしょう。

 

イエローステッチは簡単に綺麗にできる

経年変化の最後の部分。

これは経年変化というよりも汚れやすい部分の話なんですが、黄色のステッチについてです。

イエローステッチはソールと並んでドクターマーチンのアイコンです。

しかし、足元ですので土やほこりで汚れやすいのです。

ただ下の記事で紹介している通り簡単に綺麗にしてやることができます。

【ドクターマーチン】簡単!汚れたイエローステッチを綺麗に戻す方法

さすがに長期間履いていると新品のような鮮やかな色はキープできませんが、それでも十分綺麗な状態を保つことができますよ。

 

ドクターマーチン3ホールはどれくらいの間履けるか

ドクターマーチンをどれくらい履くのか、その頻度によるので人によってまちまちであることはご了承ください。

私の場合には、購入してから約二年間ほどは大学に通学する際に相当な頻度で履き込んでいました。

なので、本当に過酷な条件で履いていたと思います。

ただ、大学を卒業して就職してから履く頻度はグッと下がりました。

履くのは休日のみですし、月に2回ほどの出動です。

もしこの頻度であれば靴紐の交換くらいは必要になるかもしれませんが、あと5年くらいは平気で履くことができると考えています。

ドクターマーチンを履くことができなくなる要因として考えられるのは、ソールの減りとアッパー部分の破れです。

ソールに関しては交換さえしてやればまた5年・10年と履いてやることができるでしょう。

それくらいポテンシャルの高い靴です。

アッパーの破れですが、これに関してはメンテナンスで防ぐことができます。

 

ドクターマーチンのメンテナンス頻度はどれくらい?

ドクターマーチンのメンテナンスには2つの役割があります。

1つは汚れを落とし、見た目を良くすること。

もう1つは、メンテナンスで寿命を伸ばしてやること。

たとえば、購入した後はすぐに一度靴クリームを塗るなどのケアをしてやるのがオススメです。

【最初が肝心】ドクターマーチン履き始めの手入れを解説【やらなきゃ損です】

詳しくはこの記事で。

履き始めは栄養が足りていない場合もあり、ひび割れなどトラブルの元になってしまいます。

メンテナンスをしてから履くことでより寿命を伸ばしてやることができます。

 

【手軽に始める】ドクターマーチン初心者のための基本の靴磨き

また、アッパーの破れなどを防ぐために定期的なメンテナンスも必要です。

靴磨きで革にクリームを散布することでツヤが出て見た目が美しくなります。

さらにそれだけではなく、栄養を入れることでしなやかになりアッパーの破れなどを防いでくれるのです。

このブログには手入れの方法をまとめた記事が数多くあるのでぜひご覧になってみてください。

 

また、メンテナンスの頻度ですが、履いた後家に着いたら靴ブラシを使ってブラッシングをしてやりましょう。

これでホコリを落とし、革靴にある栄養をホコリに奪われるのを防ぐことができます。

このブラッシングさえ行っていれば靴のメンテナンスは1~2ヶ月に一回でも十分だと感じています。

雨の中長時間履いた場合などは靴の状態を見てメンテナンスを行うことがありますが、神経質にならなくても美しい状態で付き合っていける一足です。

 

どんな服にも合わせやすいドクターマーチン3ホール

ドクターマーチンはどんな服装にも合わせやすい一足です。

ファションには代表的なシルエットとしてIシルエット・Yシルエット・Aシルエットがあります。

くるぶしの下で切れたすっきりとした印象のドクターマーチン3ホールはどんな格好にも合わせやすい万能選手です。

また、シンプルな服装に合わせてもアクセントになりますし、ちょっと複雑なアイテムに紛れ込ませてもこなれ感が出せる靴です。

ストリートから綺麗目、モードまで様々なファッションに合わせられる一足。

あなたの普段の格好に加えるだけでも変化が楽しめます。

 

長く付き合える、ドクターマーチンの中では一番スタンダードな一足

写真は私が所有している5足のドクターマーチンです。

この中で一番最初に購入したのが3ホールのドクターマーチン。

 

冒頭でも日本で一番履かれているモデルなのではないかという話をしました。

それも納得で、デザイン的にも物理的にも本当に長く履いてやれる一足なんです。

デザイン面ではシンプルな造形であるために合わせるアイテムを選びません。

そして飽きることもありません。

また、とても頑丈なので物理的にも相当長い間生活を共にすることができます。

 

それでいて値段は公式サイトで約2万円半ば。

並行輸入品なら1万円と少しで購入できるというお手軽さです。

ドクターマーチンは並行輸入品を選ぼう!1万円損しているかも!?

並行輸入品に着いてはこちらの記事で解説しています

革靴としてのコストパフォーマンスは他の追随を許しません。

ケアが簡単なこともあり、入門用の革靴としても最適だと思います。

スタンダードなドクターマーチンとして、ぜひ一番に履いていただきたいモデルです。

 

もしあなたがドクターマーチンの購入をお考えの場合には、実店舗かサイズ交換無料のショップを使うことをおすすめします。

並行輸入品の場合にはやすこ購入することができますが、実店舗がないのでネットショップでの購入になってしまいます。

サイズ交換無料のショップについては記事にまとめてあるので以下からどうぞ。

【ドクターマーチン】サイズ交換無料のショップと交換方法について調べてみた

 

ドクターマーチンのサイズは1センチ刻みでしかないため、他の靴よりも少し慎重にサイズ選びをしなければならないのです。

サイズ感についてもブログの記事にまとめてあります。

この記事を読めば、ある程度サイズ感を絞ってドクターマーチンを購入することができるはずです。

ただ、確実にピッタリなサイズ感のドクターマーチンを購入できるかといわれると、私も保証はできません。

なのでいざという時のためにサイズ交換に無料で対応してくれるショップでの購入がおすすめです。

ドクターマーチンのサイズ選びで絶対失敗したくない人だけ見て下さい