コロンブスとM.MOWBRAYの革靴用ローションを使い比べてみた

これまでの靴磨きなどのブログの中で何度も使っている、コロンブスのレザーローション。

ついに容量が少なくなってきまして。

もう一度同じものを購入しようと思ったんですが、M.MOWBRAYからも同じような商品が出ているのを発見しました。

今回は2種類のレザーローションを使用して靴を磨き、使い心地を比べてみようと思います。

 

便利なコロンブスのレザーローションでも…廃盤!?

ずっと愛用していたコロンブスのレザーローション。

これ一本で革の「汚れ落とし」「カビ止め」「保革」ができるとても便利な商品でした。

とりあえず革靴が汚れたと感じたら、ブラッシングをしてからレザーローションを布にとって磨く!

これだけでピカピカになる一石三鳥の商品でした。

 

しかしです、探せども探せども同じ商品が見つけられないのです。

おそらくこの商品廃盤になってしまったんだと思います。

 

形は同じではないんですが、コロンブスの公式サイトにてほぼ同じ性能を持つ商品は見つけることができました。

楽天この商品を購入する

画像はコロンブス公式HPより

なのでこの商品を購入してみても良かったんですが、他にも気になる商品を見つけてしまいまして。

メーカーも違いますし、一度そちらに浮気してみようと思った次第です。

 

M.MOWBRAYのクリームエッセンシャルを使ってみたい

楽天でこの商品を購入する

画像はM.MOWBRAY公式サイトより

コロンブスと同じく、革に関する様々な商品を発売している大手「M.MOWBRAY(エム・モウブレイ)」から発売されている「クリームエッセンシャル」。

クリームエッセンシャルという名前ですが、つまりはレザーローションです。

布に適量を取り出して、革の表面を磨き上げるので使用方法はまるで同じ。

 

異なる部分は、コロンブスのレザーローションが「汚れ落とし」「カビ止め」「保革」だったのに対して、こちらの商品は、「汚れ落とし」「栄養(保革)」「ツヤ出し」となっています。

カビ止めの機能はありませんが、それに変わって”ツヤ出し”が入ってきた感じです。

靴に関しては靴箱に入れることはなく、風当たりの良いところに置いているのでカビの発生経験はこれまでありません。

なので、ツヤを優先しても問題なかろうという判断です。

 

あとは実際に使ってみてどんな風に違いがあるかというところですね。

 

コロンブスとM.MOWBRAYのレザーローションを使い比べてみる

軽くブラッシングした靴を用意しました。

ケンフォードのストレートチップです。

【1万円以下】なぜ、ケンフォードを初めての革靴に選ぶべきなのか

左右の靴を別々のレザーローションを使って磨き、使い心地と使用後のツヤなどを比べていきたいと思います。

右足の方をコロンブスのレザーローションで、左側をM.MOWBRAYのレザーローションで磨いていきます。

 

まずは使い慣れたコロンブスの方から。

 

コロンブスのレザーローションを使って磨いてみる

まずはコロンブスから。

シャバシャバと振ってから使います。

粘土は比較的低く、乳液などと同じくらいです。

 

これを布に染み込ませて靴を磨き上げていきます。

私はいつも着なくなったTシャツのハギレを利用して靴磨きをしています。

それで十分綺麗にすることができます。

 

磨き終わった後の写真がこちらです。

若干の傷はありますが、光沢があり十分「ピカピカになった」ということができるくらいの出来栄えです。

 

先ほどの写真が少しピントがずれていたので上からの写真も。

やはり汚れが落ちて、コロンブスのレザーローションでも十分光沢が見られる結果でした。

 

今度はM.MOWBRAYのレザーローションを使って左足を磨いてみたいと思います。

 

M.MOWBRAYのレザーローションを使って磨いてみる

こちらも容器を振ってみます。

しかし、コロンブスの方とは全く異なる感触が。

ローションを出してみて気が付いたのですが、こちらはローションというよりもクリームに近い使い心地です。

革靴に油分と水分を補給するために使うデリケートクリームに近いかもしれません。

確かにこちらの方が濃厚で、しっかりと革の表面に栄養を入れることができている感じがします。

 

靴磨き後の様子がこちら。

こちらも負けず劣らず光沢が出ています。

そして使い勝手も上々!

 

上から見てみてもピカピカです。

こちらの方がより深い黒に見えるようにも感じます。

 

コロンブスとM.MOWBRAYのレザーローションを比べてみて

左:コロンブス 右:M.MOWBRAY

2種類のレザーローションで磨いた結果を見比べられるように横並びで画像を用意しました。

手軽に使用することができたのはコロンブスでした。

理由はM.MOWBRAYのものよりも粘度が低いので一気に広い面積を磨き上げることができたから。

 

しかし、やはり綺麗に光沢が出ているのはM.MOWBRAYだと感じます。

より深いツヤが出ていると感じますし、靴磨きは定期的に行うものなので使用しているうちにさらにツヤに変化が起こるかもしれません。

磨き終わった後に触ってみて、よりもっちりした感触があったのもM.MOWBRAYのレザーローションでした。

これは何度か使ってのその後の変化が楽しみです!

 

また、M.MOWBRAYのレザーローションは粘度が高いため布に出しすぎることがないのも嬉しいポイントです。

コロンブスは粘度が低い分布に出しすぎることもありました。

M.MOWBRAYのものの方が無駄なく長く愛用することができそうです。

 

コロンブスとM.MOWBRAYのレザーローション、どちらがオススメ?

一概にどちらがオススメとはいえないのが難しいところです。

本当は普段の手入れはコロンブスのレザーローション、ツヤを出したい場合にはM.MOWBRAYとローションも使い分けるのが理想でしょう。

しかし、わざわざ二本もレザーローションを用意するのも大変だと思います。

なのであなたの靴を補完する環境と、目的からあった方を選ぶといいと思います。

 

もし、靴を下駄箱などに長く補完することがあるならコロンブスのレザーローションがオススメです。

カビ止めはM.MOWBRAYには入っていませんが、コロンブスの方には入っています。

カビの心配を減らして補完ができるはずです。

 

それから、より手軽に靴磨きをしたいという方もコロンブスがオススメ。

粘度が低いので少ない回数で広い面積をケアすることができます。

つまりは、靴磨き初心者にはトラブルを回避できて手軽なコロンブスがマッチするかもしれません。

 

一方、M.MOWBRAYをオススメできるのはカビの心配の少ない、靴を風通しの良いところに置いているユーザーです。

風通しの良い場所に靴を置いている方なら、M.MOWBRAYのレザーローションの恩恵をフルに受けられるはずです。

なにせ、カビ止めがない点に目をつむればM.MOWBRAYの方が機能は上。

よりあなたの靴を綺麗に見せてくれるはずです。

 

あなたの使用用途に合わせてコロンブスとM.MOWBRAYのレザーローションを選んでみてくださいね。

 

コロンブス:オールインワンレザーセラムの購入はこちらから

 

M.MOWBRAY:クリームエッセンシャルの購入はこちらから

 

詳しい革靴の磨き方についても記事にまとめています。

ぜひこちらもご覧ください。

ケンフォードの靴磨きを完全解説!【必要な道具から具体的な方法まで】