ぴーちゃん
「ブログを始めたけれど、思うように収益が出ない・・・」

というあなたのために、私が収益を増やすためのちょっとしたコツを伝授したいと思います。

そのコツとは、ブログを“集客記事”と“収益記事”に分けること。

この2つをきちんと意識して書き分けることができればブログの収益は今よりももっとアップするはずですよ。

あかパンダ
理解すればすぐにでもできる収益アップ法です!

 

ブログの記事は大きく集客記事と収益記事の2つに分けられる

ブログの記事ですが、大きく“集客記事”と“収益記事”に分けることができます。この2つの記事をうまく使い分けると収益のアップが図れるんです。

あかパンダ
集客記事と収益記事がそれぞれどんなものなのか説明していきますね!
ぴーちゃん
わかりやすくお願いします!

 

ブログの集客記事ってどんなもの?

ブログ記事のほとんどのページはこの“集客記事”に該当します。“集客記事”とは簡単に言えば、読者はいるけれどそのページ単体では収益につながっていないページのことです。

例えば、ワンピースを売ろうとしているブロガーがいるとしましょう。

「ワンピースを使ったファッションコーディネートまとめ」のような記事を書いたとすると、これは集客記事になる可能性が多いでしょう。このページ単体で収益を得るのは厳しいと思います。

なぜなら、ワンピースを購入するためにそのページを見ているわけでなく、既に持っているワンピースをどうコーディネートしたらいいのか知りたくてそのページを見ている読者が多いと予想できるから。どんなにPV数が多かったとしても、既にワンピースを持っている読者を集めているのでこれでは購入にはなかなか結びつきません。

 

ブログの収益記事ってどんなもの?

では、“収益記事”とは一体どんなブログの記事なんでしょうか。先ほど同様、ワンピースを購入しようとしている人がいたとしましょう。

例えば、「サカイ(ブランド名)のワンピースのサイズ感を比較してみた」のような記事をがあったとします。これは“収益記事”になる可能性が高いです。

なぜなら、ブランド名を指定して、さらにサイズ感まで知りたがっている人は購入する確率が高いと考えられるからです。既にアイテムを持っている人ならこのようなワードで検索することはないでしょう。

このように収益を得られる可能性が高い記事をPV数に限らず“収益記事”と呼びます。

ぴーちゃん
なるほど、集客記事と収益記事の違いはわかったけれどこれをどう使い分ければいいんだろう?
あかパンダ
じゃあその点を具体的に解説していくね。

 

集客記事と収益記事を意識するとブログの収益が倍増する

ここからは“集客記事”と“収益記事”を意識することでどのようにブログの収益が増えるのか解説していこうと思います。

 

収益記事で検索上位を狙えればベストだけど・・・

最高なのはビッグキーワードの収益記事で検索上位を獲得すること。これならPV数が多く収益も大きなものになります。しかし、収益記事で検索上位を獲得するのは難しいことも。先ほどのワンピースの例ではブランドを限定していました。ブランドを限定するだけでそれだけ検索数は減るので、PV数は期待できなくなってしまうのです。

ぴーちゃん
なんと、何か対策は!?

 

まずは集客記事でブログをたくさんの人に見てもらおう

そこで、まずは集客記事でブログをたくさんの人に見てもらうのが最優先。ブログ初心者の方はまずこれを意識しましょう。ブログを開始してしばらくすると、徐々に人気の記事が出てくるかと思います。その人気記事が収益に繋げられそうであれば、アフィリエイトリンクを張るなどして“収益記事”にしてしまいましょう。

しかし、PV数は多くてもその記事単体で収益を上げるのが難しい場合もあるかと思います。その場合には“集客記事”から“収益記事”へと読者が流れるような動線を作ってあげましょう。

 

連想ゲームで集客記事から収益記事へ誘導する

集客記事から収益記事へ流す導線の考え方は連想ゲームです。先ほど集客記事の例であげた「ワンピースを使ったファッションコーディネートまとめ」を例にあげるのであれば、

  • あなたのおすすめワンピースの紹介記事に飛ばす
  • ワンピースに合わせることができるアイテムの紹介記事に飛ばす
  • 定額のファッションコーディネイトサービスのレビュー記事に飛ばす
  • 不要な洋服の買取サービスのレビューページに飛ばす etc…

上記のようなページを作って誘導すれば収益を上げることができるでしょう。

読者が求めていそうな話題を扱う収益記事へと繋げましょう。このようにPV数の多い集客記事から、収益を上げやすい収益記事へと動線を引っ張るのです。

 

収益記事のリンクから商品を購入してもらう

収益記事では商品を購入してもらうのが大切です。商品購入までの流れを整理し(コピーライティング)、商品のリンクを貼り付けましょう。

コピーライティングに関しては「10倍売る人の文章術」という本が個人的には一番おすすめ。コピーライティングのバイブルです。

合わせて読みたい

ジョセフ・シュガーマンの「10倍売る人の文章術」を読みましたか? アフィリエイトを生業とするブロガーなら一読の価値ありです。 というか、バイブルです!   私は前のブログでドクターマーチンという革靴[…]

商品のリンクについては、初心者ブロガーが絶対に登録しておきたいアフィリエイトサイトを5つ紹介した記事があります。収益化を目指すブロガーならどれも必須。収益化に成功しているブロガーならほとんど登録しているのではないかというくらい大手のサイトです。

合わせて読みたい

今回紹介するのは、ブログを始めたら絶対に登録しておきたいアフィリエイトサービスについて。 「最初に登録すべきアフィリエイトはどれ!?」「ブロガーがみんな使っているオススメのアフィリエイトサイトはどれ!?」そんな疑問にお答えしま[…]

 

【実例】“集客記事”と“収益記事”を意識してどれくらい収益が変わったか

私の実例をお話しします。

私がブログの運営を始めた2年半前、100記事ほど書いても収益はほぼありませんでした。あるのはアドセンスの報酬のみ。しかし、記事の更新を行う中で設置したリンクから商品が売れる記事が出てきました。

これが収益記事になるわけですが、ほぼ検索からの流入しかないため収益はなかなか伸びません。そして、他の記事にも同様のリンクが貼ってあるのに売れるのは決まってそのページなのです。

そこで全ての記事で収益を得るのではなく、記事に役割を持たせることにしました。収益記事で検索上位を狙いつつ、集客記事から収益記事への動線を内部リンクとして整備したのです。

その結果、ブログの月最高報酬額は約25万にまで成長しました。

 

ブログの“集客記事”と“収益記事”についてポイントを解説

最後ですが、“集客記事”と“収益記事”のポイントについて私なりに解説していこうと思います。

 

ブログで集客記事を作る上でのポイント

キーワード選定やSEOの知識の勉強は必須です。集客記事で一番求められるのは多くの人に読んでもらうこと。個人的には集客記事での収益はアドセンスだけに割り切ってしまっていいと思っています。

また、記事のリライトも必要になります。少しでも収益化記事に誘導するために何度もリライトを繰り返す必要があります。

キーワード選定とSEOについてもこのブログで詳しく解説しています。いくつか記事があるので、まずは下の2つの記事から勉強を始めてみてください。

キーワード選定を学ぼう

どうも、このブログを運営しているあかパンダと申します。 ブログを書き始めて一番最初にぶつかる大きな壁。それがキーワード選定の壁だと思います。キーワード選択は非常に奥が深い概念で、SEO的にも非常に大切で効果のある概念です。 […]

SEO対策を学ぼう

今回はSEO対策の基礎についての記事。 ブログやWEBサイトの運営者にとっては必須の知識です。   どれだけいい記事であっても、人に読まれるとは限りません。 膨大な情報の海であるインターネットの世界[…]

 

ブログで収益記事を作る上でのポイント

収益記事で大切なのは収益を上げられるかどうか。シンプルですね。PV数があるのに越したことはないですが、たとえPV数が少なくとも集客記事からの動線が確保できれば問題ありません。

収益を上げるために必要なのは流行りコピーライティングのスキル。集客記事と同様に商品が売れるようになるまで何度もリライトが必要になります。根気よく続けることが非常に大切です。