【無料WEBサイトのみ使用】とってもシンプルなブログキーワードの選び方

ブログでぶつかる大きな壁。

それがキーワード選択の壁。

 

非常に奥が深い概念で、SEO的にも非常に大切で効果のある概念です。

上を目指すときりがありませんが、最低限の対策はしておきたい。

 

そんな方向けに私が行っているブログのキーワードの選び方を紹介したいと思います。

無料のWEBサイトのみを使った、非常にシンプルで機械的な方法です。

 

この方法にあなたなりのテクニックを加えて、キーワード選択の力を伸ばしていってください!

その基盤にしていただければ幸いです。

 

 

ブログにおけるキーワードの重要性

今のブログにはPV数を稼ぐ王道の方法が2つあります。

それは「SEO対策」と「SNSの利用」です。

キーワード選択はこのうち、SEO対策において非常に大きな効果を発揮します。

 

普段の生活の中で、インターネットで検索をする機会は多いですよね。

その際に重要になってくるのがキーワードです。

 

例えば、「お昼ご飯に渋谷でパスタを食べたい」という場面なら、

「渋谷 ランチ パスタ」

などと検索するのではないでしょうか。

 

このように、Web(検索エンジン)での検索からサイトに流れてくるのが「自然検索からの流入」です。

自然検索からの流入を増やすためには、検索されているキーワードを調べ、適切なタイトルや本文を書く必要があります。

 

また、キーワード1つで検索されることは稀です。

大抵の場合いくつかのキーワードを合わせて検索されます。

検索エンジンの凄いところは、複数のキーワードで検索された時に利用者に最適なWebサイトを上位に表示してくれるところです。

 

今回のブログでは、「ブログ」を1つ目のキーワードにしています。

ブログと合わせてどんなキーワードを選べばいいのか、流れを追って説明していきます。

みなさんも、ぜひ何か1つキーワードを決めて読み進めてみてください。

 

さて、まずはUbersuggestというサービスで、キーワードの検索ボリュームを探ります!

 

Ubersuggestでキーワードの検索ボリュームを確認

Neil Patel

マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を無料で提案。無料キーワード提案ツールUbersuggest…

まずは検索ボリュームを調べていきます。

検索ボリュームというのは、インターネットでそのキーワードがどれくらい検索されているのかを表す数値。

 

多ければ多いほど検索されているので良いんですが、ドメインパワーの弱いブログなどでは上位表示が難しいこともあります。

しかし、「検索する人がいなくて記事を見てもらえない」なんてことだけは避けたいですよね。

それを避けるために十分な検索ボリュームがあるかどうか確認します。

 

今回は「ブログ」を1つ目のキーワードにしているので、検索窓に入力し検索をかけます。

その結果がこちら。

 

画面右上の検索ボリュームを確認。

検索ボリュームは368,000で高いことがわかります。

最近は副業ブームですもんね、ブログについて検索する方が多いのもうなづけます。

 

この検索ボリュームですが、最低でも1,000くらいはなければブログのPVに繋げるのは難しいと思います。

さて、これで検索ボリュームは十分であることがわかりました。

 

次はGoogle トレンドで関連キーワードについてリサーチします。

 

Googleトレンドで関連キーワードを探る

Google Trends

こちらがGoogle トレンドの検索画面。

名前の通り、Googleが運営している無料サービスです。

 

入力したキーワードについて様々な情報を調べることができます。

検索窓に「ブログ」と入力し、検索してみましょう。

 

こちらがブログで検索した画面です。

「人気度の動向」から、1年を通してあまり検索数に波はないようです。

つまり、検索ボリュームが多くて波がないため、「ブログ」で上位表示を取れたらとんでもないアクセス数になりそうです。

ただ、やはり1つの単語だけで上位を取るのは難しいです。

 

なので、組み合わせる単語を調べましょう。

ブログ+αの単語の組み合わせで検索上位を狙うのが得策です。

 

Google トレンドで表示される情報はこれでけではありません。

下にスライドしていくと、「ブログ」と共に調べられている単語が表示されるのです。

 

ただ、リアルタイムで多いものが反映されるようで、ちょっとブログに使うキーワードとしては厳しそう。

「海老蔵 ブログ」とかでブログを書いても本家本元のブログには勝てませんからね。

 

ここでキーワードが見つかればしめたものですが、多くの場合にはYahoo!の検索機能を使ってさらにキーワードを絞って行きます。

 

Yahoo!検索でキーワードを深掘りしていく

日本最大級のポータルサイト。検索、オークション、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピングなど多数のサービスを展開。…

おなじみのYahoo!Japanですが、少し変な使い方をします。

 

検索欄に「ブログ」と入れて検索します。

すると、検索結果が表示されるわけですが一番下までスクロールします。

 

すると現れる検索候補たち。

この検索候補は「ブログ」と組み合わせてよく調べられているキーワードの組み合わせです。

「ランキング」「始め方」「村」「収入」「人気」「とは」「で稼ぐ方法」「おすすめ」「稼ぐ」「芸能人」

これらを2つ目のキーワードとしてブログを書けば、検索上位を狙え、PV数に直結する可能性があります。

 

しかし、ドメインパワーが弱い場合にはもっともっと深掘りして、3つ目のキーワードを設定しましょう。

 

Yahoo!検索でキーワードをさらに深掘り

「ブログ」と合わせてよく検索されているキーワードに「ランキング」がありました。

なので、「ブログ ランキング」で検索をかけました。

それが上の画像です。

 

「ブログ ランキング 芸能人」

「ブログ ランキング 一般人」

「ブログ ランキング サイト」

「ブログ ランキング 登録」etc…

 

これでキーワードは計3つ。

あとは3つのキーワードを使ってブログを書くだけです。

これだけではわかりにくいので、もう1つ例を出しましょう。

 

今度は「ブログ 始め方」で検索をかけました。

よく一緒に検索されているキーワードは、

 

「ブログ 始め方 初心者」

「ブログ 始め方 無料」

「ブログ 始め方 スマホ」

「ブログ 始め方 アメーバ」etc…

 

などなど。

このキーワードを使って読者の求めている情報を届けましょう。

次が最後のセンテンスです。

 

キーワードからターゲットを想像しよう

さて、いよいよ最後の段階です。

「ブログ」からキーワードがたくさん生まれてきました。

あとは得たキーワードでブログを書いていくだけ。

 

その際、ブログのタイトルや内容が検索されているキーワードに沿っているか考えなければなりません。

つまりはキーワードから、ターゲットの求めている情報が何なのか推理する必要があるのです。

 

例えばですが、「4月」「東京」「温度」というキーワードがあったとします。

これで検索をする人々はどんな情報を求めているのでしょうか。

 

もちろん、「4月の東京の温度が何度か」知りたがっているわけではありません。

このキーワードで調べている人たちは「東京の4月の服装」を知りたがっているのです。

 

なので、ブログの本文に「4月」「東京」「温度」のキーワードを盛り込みつつ、服装の話だとわかるようにしなければなりません。

ブログの内容も、気温についての話で終わりではなく、「どんな服装がおすすめなのか」や「傘が必要なのか」など求めている情報を考えつつ内容を展開していかなければなりません。

 

一番シンプルなブログのキーワードの選び方まとめ

キーワードの選び方について流れを簡単にまとめます。


Ubersuggest:キーワードの検索ボリュームを探る

Google トレンド:キーワードの検索数の推移をみる

Yahoo!:キーワードを絞っていく

ターゲットの求める情報を推理する


難しいことのないシンプルなキーワードの選び方だと思います。

慣れると素早くキーワードを選べると思うので、何度もキーワードを選んで慣れましょう!